FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:航空母艦飛鷹建造日誌
航空母艦 飛鷹(1/700 フジミ)の進捗報告

昨日は、私事ですが、以前お世話になった元上司の方の肺がん手術後の快気祝いがありました。
元気そうで本当に良かったです。

では今回は左舷と右舷の組み立てです。

先週の飛鷹は船体の接着を終え、左舷の一部の装備品まで装着を終えました。
今週はその後の進捗です。

飛鷹左舷装着完了

デッキやらを接着したところで、スポンソンを次々接着します。
そして同様に右舷を接着していきます。

hiyou右舷スポンソン

あれ!右舷の一番手前のスポンソンにはラッカーパテで埋めた跡があります。
実は、スポンソンを次々取り付けていくときにK-14とK-4を読み間違えて本来右舷に取り付けるパーツであるK-4を
左舷に取り付けてしまったことに気が付きました。
サイズも大きく変わらなかったので少しゆるいなあというくらいで気が付きませんでした。

間違えた部分を取り外そうと思ったのですがかなり強力に接着されて無理やりはがすと折れるように感じました。
なので、右舷の手前のスポンソンはそのままK-14を取り付けて少し取り付け穴の空く部分をラッカーパテで埋めました。

飛鷹右舷装着完了

右舷もほぼ終了次に船体に装着するエッチングパーツの装着予定でした。

しかしながら、ひとまずプラ部分を接着できるだけ進めて、その後にまとめてエッチングに移ることにしました。
エッチングパーツの装着は結構細かい部分が多く、一気に進めたほうが集中できると感じた為です。

そこで飛行甲板の組み立てです。

hiyou飛行甲板

まずは、飛行甲板の表面のやすり掛けです。
今回は木工甲板を取り付けるのでプラ表面のモールドは削る必要がある為です。
せっかくのモールドを削るのがなんだか惜しい気がします。

hiyou飛行甲板やすり

甲板上には着艦制動策や遮風策が細かくモールドされています。
凸部分を削るくらいで木の継ぎはぎのモールド部分を完全に削るとこまで行っていません。

hiyou飛行甲板後ろ裏

飛行甲板後部の裏側の接着です。このキットはエレベーターを下した形でも再現できます。
今回は上がった状態で再現します。

hiyou飛行甲板前裏

飛行甲板前部分の裏の接着。
今週はここまでの進捗でした。
飛行甲板の裏に接着するパーツがあと少しありますが、来週は艦橋とうまくできればエッチングパーツの接着に入れるかも
知れません。

飛鷹飛行甲板仮組み

飛行甲板まで仮組しました。
結構空母らしくなって来ましたね。



あみあみ 楽天市場店



関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 製作手順 空母 飛鷹 フジミ 1/700 新商品

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ