プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/05/05 (Thu) 23:48
用意する道具(あったらいいもの)

さらに必需品ではなくてもあると便利なものです。
7つ道具2
左の三つはマスキングテープです。
本来は塗装に使用する道具ですが、私はエッチングの仮止めにも使用しています。
真ん中二つはノギスと物差し、これと載せていませんがアクリル樹脂の30cm物差しなども使用します。
ノギスや物差しは例えば窓枠や手摺などのエッチングパーツや空中線を張るときに長さを図ってカットします。
実際作業をして見ると窓枠などは0.1mm単位でプラパーツの削り込みをする時もあり、必要になってきます。
私は初期三部作では物差しを使用しておらず目分量カットでしていた為結構誤差が生じ、最終的にいろいろと齟齬が生じる
原因になってました。
一番右がエッチングばさみ、あると便利。
右から2番目がエッチングパーツ用やすり。
デザインナイフでカットした後、キレ残りを削っておきます。
これを残しておくと場所によっては接着不良やガタの原因になります。
右から三番目がエッチングベンダー。
なくてもピンセットなどで代用できますが、あるとよりきれいに直角に折り曲げることができる。
拡大鏡
最後にこれは拡大鏡です。
様々なメーカーから販売されていますが、これは恐らく逆輸入もの
1500円くらいと安く、レンズも何通りか交換できます。
最近のプラモデルは1/700と思えない超絶ディテールのものが出ておりうれしい限りですが、モールドが細かすぎて、またパーツも細かすぎて今の私にはよく見えません。場所によってはパーティングラインやアンダーゲートなのかモールドなのか区別が付かないものもあり、これを購入して以来今の私には必需品です。
関連記事

tag : 艦船プラモデル,道具,初心者,,

<< 島風(1/350 マックスファクトリー)上部構造物の組み立て | ホーム | プラモに必要な道具(基本) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム