FC2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

春風建造日誌 上部構造物を 駆け足で

<上部構造物の作成>

次に上部構造物を作って行きます。
マストを真鍮線のはんだ付けで作りました。
春風マストの作成
縦棒を0.5mm真鍮線、横のヤードを0.3mm真鍮線で適度な長さにカットし、マスキングテープなどで仮止めした後に熱を加えます。
練り状のはんだを使用するとやりやすいですが、一度で決めないとイライラの元です。

春風艦橋部分
艦橋部分は窓になる部分をカットしカット面をやすりで削ります。
ここには汎用エッチングパーツの窓枠を取り付けます。
いつもの様にコスパの良い「テトラモデルワークス」さんの窓枠を取り付けました。

<上部構造物の塗装>

上部構造物を一通り作成し貼り付けて行きます。
接着する部分はできるだけ接着します。
手すりのエッチングパーツを付けるタイミングを結構悩みます。
いつかまとめて書き出したいのですが現在は「あらかじめ付けられる限りは塗装前につけておく」方針でいます。
塗装後で付けるとその部分の塗装をはがして付けてもどうしても接着が甘くなるからです。

春風塗装前

塗装の船体色はMrカラーの特色舞鶴工廠色で塗っています。春風は馬公を寄港地とすることが多く塗装も厳密にできていないと思われるのですが、彼女の印象から一番明るい工廠色を使用しています。
春風塗装あと

次回は上部構造物の取り付けから完成です。

つめを研いで暇になった・・・
爪を研いでひまになった

関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

U-NEXT無料31日間

Amazon Prime Video

Amebaまんが

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

レンタルサーバーを選ぶなら

ブログを始めるなら独自ドメイン!