プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/08/19 (Fri) 23:54
DD25の名前予想 幸運艦の例(駆逐艦)

それでは「かぜ」と「くも」からどの様な名前が付けられるかを考えてみましょう。
護衛艦の名前をどの様に選ばれるのかを詳しく知りませんが、最初に関係者でアンケートを取って、絞った上で最終は防衛省長官が決定すると聞いたことがあります。①幸運艦、②武勲艦、③クラスを代表する名前 は候補にあがると思われます。
それぞれの例を駆逐艦に絞って挙げてみましょう。A~Eまでは鉄板でしょうが後は独断もあります。
幸運艦の例(駆逐艦のみ)
 幸運艦の幸運をどの様に定義するかは難しいのですが、大戦を生き残った船はその様に言われていることが多いようです。
A)雪風
 いわずと知れた幸運艦の代表。陽炎型8番艦。雪風のすごいところは真珠湾から天一号作戦(沖縄水上特攻)までの16以上の主要な海戦で戦いほぼ無傷で終戦を迎えたことです。かの有名な第2水雷戦隊のメンバーです。参加作戦は先に書いた真珠湾、ミッドウエイ、第3次ソロモン、南太平洋、マリアナ沖、レイテ湾作戦、天一号作戦etc。詳しくは別のページに載せる予定。
雪風F1

B)時雨
 「呉の雪風、佐世保の時雨」と言われた名鑑。実はちょっと地味な白露型2番艦。雪風と同様に16以上の作戦に参加し生き残ってきた。壮絶な戦場に投げ出されることも多く、1943年8月のベラ湾夜戦では同航した駆逐艦3隻(萩風、江風、嵐)が沈没する中ただ1隻生き残り反撃した、この時には魚雷が一発命中されているが不発だという幸運に恵まれている。レイテ湾作戦のスリガオ海峡海戦では西村艦隊ほぼ全滅の中、唯一の生き残りでした。「不滅艦時雨」の別名もあったほど。残念ながら終戦の前の1945年1月潜水艦の雷撃で沈没しました。
C)
 暁型2番艦。マリアナ沖海戦、キスカ島救出など参加。レイテや天一号には修理をしていた関係で参加できなかった。3度の大きな被害に遭いながら沈まなかったことから「不死鳥」の別名をもつ。戦後、ロシアに渡り「ヴェールヌイ」(真実の、信頼できるという意味)として第二の生涯を送った。最後は兵装を撤去し練習艦デカブリストと改名し標的艦として生涯を終えました。
D)  
 綾波型10番艦(特型ⅡA型4番艦)。開戦と同時にミッドウェー島砲撃(真珠湾攻撃の囮作戦)に参加。その後も様々な作戦に参加している。米潜水艦パーチを沈めている。中破、係留状態ながら終戦まで生き抜く。
E)初霜
 建造史的に大失敗と言われる初春型4番艦。友鶴事件の後大改造。天一号作戦では最古参の船として参加。この作戦から無事生還するが終戦直前の1945年7月触雷し頓挫状態で終戦を迎えた。
F)春風
 神風型3番艦。峯風型や神風型は開戦時には旧式の駆逐艦になっていました。それでも輸送船の護衛艦任務に従事しネームシップの神風とともに終戦まで生き残りました。これも詳しくは別のページで。
G)涼月冬月
 それぞれ秋月型3番艦と改秋月型1番艦。長10cm連装砲を4基備えた防空駆逐艦。両艦共に天一号作戦で生き残った。
天一号作戦で涼月の受けた被害は甚大で艦首はほぼ水没状態だったので後進で進まざる負えない状態だった。無線もすべて壊れて使えない。途中米潜水艦にも襲われたが魚雷は幸運にも外れた。何とか自力で佐世保まで着き、曳航されてドッグに入ったところで力尽きて沈んだ。詳細は「激闘駆逐艦隊 倉橋友二郎著(河出文庫)」に。
  
終戦まで生き残った船は他にもありますが、代表としてはこんな感じでしょうか。

さらっと幸運艦の代表を書くつもりが結構な文字数になってしまいました。
この中で「かぜ」に該当するのが、「雪風」「春風」になります。「くも」は該当なし。
「しも」は確か護衛艦につけられたことがない様に思います。
こう見てみると案外、初めてのしも=初霜もあるかも知れませんね。
関連記事

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : DD25,幸運艦,雪風,時雨,,,春風,涼月,冬月,

<< 潜水艦に対して武勲を挙げた艦(駆逐艦) | ホーム | DD25艦名予想の資料集め >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム