FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


Z-1 レーベルヒトマース 低煙突化改造工事


ドイツ駆逐艦Z-1 レーベルヒトマースZwei(改二)の建造は少しずつですが進んでいます。


で今回は低煙突化工事について



ドイツは大戦前の当時も様々な先進的な技術をもった技術大国だった事は言うまでもありませんでしたが、ヴェルサイユ条約によって軍艦の建造は著しく制限されました。

その為、特に建造することができずに駆逐艦ではいろいろと駄目なところがありました。

特に最初期の駆逐艦1934型 Z-1~Z-4は色々あった訳でそれについては以前の記事でも書いた通りです。

Z-1比較説明入りb

これまでの建造日誌はこちら
 ☟☟
Z-1 レーベルヒトマース及びZ-3 マックスシュルツ改二建造日誌

で、Z-1型(1934型)の問題の一つが凌波性の悪さでその要因(の一つ)がトップヘビーなことです。
そんなこともあって、改良型にあたる1934A型(Z-5~)は艦首のフレアを大きくしました。

そして、Z-5 ポールヤコブの例で言うとトップヘビーを改善するべく1943年頃低煙突化工事を実施しました。

以前の記事で書いた通り、Z-1とZ-3の改二にあたるZweiは大戦早々に沈んだこの2隻が生き残った場合を想定しており
そのベースをZ-5に置いていることを島田フミカネ氏が言及しております

という訳でこのZ-1 Zweiも低煙突化工事を実施しました



Z-5 低煙突化b

下の画はERIC LEON氏のGerman Naval CAMOUFLAGE という本から抜粋しております。
私のブログではドイツ艦を作る時に大変参考にさせて頂いており、度々出てきます。


元は艦橋より抜き出た高さの煙突が改造後には艦橋の高さと同等まで下げられているのが良く分かると思います。

Z-1煙突カット2㎜暗い

それを再現する為に煙突を2mm弱カットしました。
一番下か一番上が切れれば楽なのですが上と下のモールドはそのまま使うので真ん中当たりを煙突基部と並行になる様にカットしました。

使用した工具はタミヤのクラフトツールです。
(前回の記事に紹介しています)

ぶっちゃけ良くできたもんだと自画自賛!

つなぎ目がほとんど分からないレベルでしょ!


<煙突長 Z-1 レーベルヒトマース Zwei>
Z-1煙突長

その煙突を使って仮組したもの

<煙突短 Z-1 レーベルヒトマース Zwei>

Z-1煙突短

とまあ、煙突短化工事です!

なんか短くした方がかっこよく見えます!


最終的に話しはまとまりましたが、最初、長いまま作っていました。

煙突が長いまま伸ばしランナーを用いて蒸気捨管の変更を加えた為、えらいロス時間になってしまった・・・・


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!

☟☟

艦船(模型・プラモデル)ランキング


関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ