FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


ロシア極東地区 ウラジオストック港夜景を望む

仕事でロシアのウラジオストックに行って来ました。

仕事自体はウラジオストックではないのですが、昔からの軍港でもあり港町でもあるウラジオストックには是非とも行きたい!

結局、仕事を終えてウラジオストック市内に入るには夜遅くになっちゃったんですけどね。
だから写真は夜景しかありません。


<記念艦クラスヌイ・ヴィンペル>

ウラジオストック記念艦

1910年に進水し、1911年にウラジオストックに廻航された排水量650トンの調査船とのことです。
もともとの名前は「アドミラル・ザボイコ」で1923年に「クラスヌイ・ヴィンペル」に改名。
1958年に除籍。


阿部隆司さんのツイッター記事の受け売り。

ロシアの船って度々改名をしますよね。ロシア語の意味が分かればその意味するところが分かる時があるのですが
クラスヌィ=赤、ヴィンペル=ペナント ? やっぱりよく分かりません。

この船には昔60ルーブル(100円くらい)で乗れたのだけど現在は乗船できないらしいです。
どの道、夜の11時くらいに行ったので乗れたとしても時間外でしたが・・・


<ウラジオストック市>


ウラジオストック港地図b

ウラジオストックは入り江の様になっていてそれを軍港として利用した訳です。
この湾を和名で金角湾。橋を金角橋といいます。

(直訳かな?)

ウラジオストック市は軍港でそれこそ、旧ソ連時代は閉鎖都市で外国人は入れなかったんですよね。

しかし、現在は極東に外国から投資をして欲しいと積極的に門戸を開いています。

私が訪問していた時は調度「東方経済フォーラム」の最中で日本の首相やロシアの大統領も訪問中。
なのでホテルも市内が取れない状況でした。



<鷲の巣展望台からウラジオストック港を見下ろす>

ウラジオストック港1

この展望台は鷲の巣展望台って言ったんですね。
日本に帰って来てから知りました。
案内してくれたのは、ウラジオストックに在住の女性なのですが、そんな名前は一言も出てなかったな~。
単に日本語にするとなんていうか分からなかっただけかも知れませんが・・・・
とても綺麗な景色です


<C56潜水艦>

S56前から

この潜水艦は昼間は中に入れるそうです。
しかし、C級潜水艦ってググっても出てきません。

S級潜水艦なのです。
ロシアの文字はキリル文字といわれる文字体系ですが、キリル文字のCに当たるアルファベットがSです。

第9系列潜水艦スレドニャーヤ(Подводные лодки типа «Средняя»)である。
非公式の渾名はスターリネツ級。

第一次世界大戦に敗北したドイツは潜水艦の建造をベルサイユ条約で禁止されていました。
その為、国外に建造拠点を探し、ロシアもそれを提供した訳です。
代わりにロシアはドイツの優れた潜水艦の建造技術を手に入れる。
そうして作られたのがこの潜水艦という訳です


<革命戦士の像>

中央広場の像

金角湾に面した広場を中央広場といいます。週末には市場をやっていて賑わうらしいです。

そこの広場にある像が「革命戦士の像」

由来とかは・・・・分かりません。


ロシアの街を幾つか周りましたが、どこの市にも中央広場があるんですよね。


<ウラジオストックの街並み>

ウラジオストック街並

中央広場から見える街並みです。
ヨーロッパと似た雰囲気ですよね。


実際、ウラジオストックは最近人気が上昇中とのこと。
S7だけでなく、JALも乗り入れる様になりましたよね。


成田からわずか2時間半ととても近い外国です。

ロシアって日本からいくとビザが必要で、2週間くらいかかるのですがウラジオストックに限って言えば電子ビザで簡単らしいです。


この時はすでに夜の11時半を過ぎてそろそろホテルに帰らなければならなくなりました。
いつかゆっくり時間をとっていきたいものです。



人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
( ̄^ ̄)ゞ

☟☟

艦船ランキング
関連記事

tag : ウラジオストック市 軍港 記念艦 潜水艦 C56

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ