FC2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

駆逐艦島風(1/350) マックスファクトリー なかなかいいです。

空中線を張り、フィギュアも作成して色塗りしました。
まずは完成写真
島風と島風ちゃん(maxfactory:1/350)
<島風(1/350)と島風ちゃん> 
(写真のできが今ひとつですいません。どうもフィギュアが色白なせいか、うすボケるんですよね。)
フィギュアを作ったのは生まれて初めての経験ですが、MAXFACTORYさんは初心者でも作れるようにやさしいキットにしてくれてるんですね。あまり手間取ることもありませんでした。船体には汚しは入れてません。艦底は明るめの小豆色で仕上げています。


島風(maxfactory;1/350)
<島風(1/350) MAXFACTORY>
2度目の純正エッチングパーツをフルに使用しての挑戦でした。(プラモデル製作3作目で1/700の戦艦金剛にフルエッチングで挑戦したのですができあがりは散々でした。今回は再出発の意味も込めて1/350駆逐艦でエッチングパーツを使用しての挑戦です)
島風の船体はかのウオーターラインでお馴染みの静岡御三家のひとつ「ハセガワ」さんの製作協力で、フィギュアは「MAXFACTORY」さんが担当しているようです。全く手を抜いておらず、船体のキットとしても非常に優れた良品です。
初心者で塗装もいらないやという方のために5色のカラーパーツになっており、塗装なしでも製作可能なのですが、
モールドがしっかりしているので非常に再現性が高く、塗装をすれば一層引き立ちます。
さらに凝ってみたい人のためにエッチングパーツ(別売り)が用意されています。

サイズも1/350だし、駆逐艦だしでエッチングがたくさんあっても楽勝!と思いきや特に主砲と魚雷発射管あたりに結構手間取りました。
エッチングパーツにはのりしろが用意してあるので芋付けすることなく接着できるようにエッチングの初心者を意識しているのが分かります。でものりしろは上級者には不要かも知れません。その場合は切ればいいだけです。
この製作が今後の私のプラモデル製作の基本になってきます。記録の意味も込めて製作過程も少し掲載して行きたいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

U-NEXT無料31日間

Amazon Prime Video

Amebaまんが

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

レンタルサーバーを選ぶなら

ブログを始めるなら独自ドメイン!