FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:高速戦艦金剛改二丙(フジミ1944より)
戦艦金剛の艦橋の左右って対称だと思ってたけど結構違うんですね。


今週、戦艦金剛改二丙はほとんど進んでいません。
ついにフィッチャーは来ませんでした。
またいつか合う日まで~

まあ、でもALL甲クリアできたし、作戦としてはA勝利くらいですかね。
さあ、30万あった燃料が残り5万まで減ったんでまた貯蓄しないと・・・・


今の金剛20190512b

さて、模型は艦橋の窓枠を付けたくらいの体たらくです。

でも見ていて気になったのが金剛の艦橋の左右は結構違うという事、それに近代化改装を終わったはずの1941年と1944年当時を比べても細かいところがちょいちょい違うということです。


 <仮組した戦艦金剛1944年の艦橋>


金剛艦橋右舷

中でも気になるのがこの空中に出てしまう水密扉!

前回までの高速戦艦金剛改二(丙)の建造日誌はこちら
 ↓↓


戦艦スタイルブック金剛艦橋1941年くらい?

この図は前回のブログでも紹介した「戦艦スタイルブック」の金剛のページで推測するに戦艦金剛の1941年くらいの様子を示しているようです。

この当時はこの箇所にはタラップがあって(図にはドアはないですが)ドアはあっても不思議ではない。

金剛艦橋左舷

こちらは同じ艦橋の左舷です。

図と同じようになっています。
つまりフジミさんは右舷と左舷は意図的に違いをつくっています。

例によって、フジミさんの「戦艦金剛1941年」を見ると図のように再現してあって、この1941年と1944年の艦橋は違いを表現されています。

大和博物館の金剛

こちらは広島県呉市の「大和ミュージアム」に飾っている1/100?の戦艦金剛、非常に精巧で眼福です!

人の表情も右側と左側で同じ人はいないといいますが、戦艦金剛も右舷と左舷で違いがあります!
しかも1944年と1941年で微妙に違う!(機銃装備以外にも違いはあるんですね!)

しかも年代違いで出すからにはこの様な違いも表現しようではないか!というフジミさんに気概を感じます!

<戦艦金剛 1944>


<戦艦金剛1941>

戦艦金剛1941年(昭和16年)の方が少々高いのですね。模型としては新しい方だしかな?


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦これ フジミ 艦船模型 戦艦金剛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ