FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:重巡アシガラ(霧の艦隊)
「霧の艦隊 重巡アシガラ」 401を追ってダイブ! 完成して良かった!(;^_^A

艦これイベント2019年春は一応、ALL甲でクリアできました!
非常に難易度の高いイベントでしたね~。
これから制覇の提督諸兄諸姉の検討を祈ります!


蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラ やっとというか、遂に完成しました!

通常の
”汎用パーツを用いたディテールアップ”に加えて、
”電飾”
”自作パーツ”作成
と自分の技量にあわないくらい盛った為に建造途中で放置すること2カ月。

危うくエタルところでした!
※エタる→投稿小説などで、未完のまま終わること。エターナルから来ていると言われている

【蒼き鋼のアルペジオ(劇場版) 霧の艦隊 重巡アシガラ(展開形態)】



霧の重巡アシガラ 海中にダイブ
ブラックライトをあてて撮影
予想以上にいいできの写真。画像処理はしてないんですよ。

ところで、ツイッターに上げた方の画像ですが「ARPEGGIO」の英語表記のつづりが間違っていました。

Eが抜けてるしGが一つだし
上の画像では訂正しています。

文字を書く時にトラブって気付かずに載せてしまっていた・・・
今更だし、たぶん気付く人はほとんどいないと思うし、そんな人はプロです。
でも恥ずかしい(≧◇≦)

一応模型の解説です。

船はアオシマさんの「蒼き鋼のアルペジオ 重巡アシガラ」を使用。
これはフルハルになっていて、船体の上半分はハセガワさんのWLシリーズを使用。
船の下半分は新規金型を作っています。
多色成型で塗装をしなくても、何とか見れるレベルですが、やはり塗装はしたいところ。
蛍光デカールがついています。

これに
・手すりとかラッタルとか双眼鏡とかその他もろもろの一般的なディテールアップを実施。
・電飾は赤色LEDを仕込み、艦側面のレーザー砲と見えませんが後ろの噴出口、右カタパルトのライトセーバーに使用。
・艦側面のレーザー砲とか、高角砲のアームとか、カタパルトなどはエポキシパテや光硬化パテを用いて自作。

この辺りの建造日誌はこちらです!
 ↓
蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラ 建造日誌(アオシマ)

<霧の艦隊 重巡アシガラ>

霧の重巡アシガラ弐b

明るいところで取った写真がこちら、
ウォーターエフェクトは、
KATOの「大波小波」 透明にできるので重宝してます。高いけど
それに画さい道具やで買ったジェルメディウムで白い波を再現。


霧の重巡アシガラ参b

後ろの推進部にもLED仕込んだのですが、光が弱くて目立たない。
一つに付き一基以上のLEDが必要みたい。次回への課題です。

霧の重巡アシガラ肆b

カタパルトは真鍮のパイプを使っています。
WAVEのC-PIPE 外径1.6㎜(内径1.15㎜)この太さがギリギリの太さでしょう。
これが外径1.5㎜(内径0.65㎜)にすると一気に内径が細くなるので極細のエナメル線でも通らなくなります。

赤ミニLEDははんだ付け不要のCRDが付いているセットものを使用しました。CRDは回路にCRDを仕込んでいるので切ってしまいましたが、赤のLEDって電圧が高いとすぐに潰れる感じがするので事故防止の為にも残しておいた方が安全かも知れません。

霧の重巡アシガラ真正面b

重巡アシガラ真正面

正面からを劇場版の映像と並べてみました。

高角砲のアームの広げ方が弱いですけど、広げるとすぐに外れそうで怖い。
一応パイプの根元は穴を開けて入れ込んでますけど

霧の重巡アシガラ伍真俯瞰b

このままだと、結構苦労した航空機移送軌条とか艦橋付近のディテールアップとか写真に撮らないまま終わってしまうので真俯瞰の写真も載せておきます。


建造初めはいいんですけどだんだん完成が見えてくると次回作に注意がいってしまうんですよね。
蒼き鋼のアルペジオシリーズは他にも沢山積みプラであるので徐々に作っていきます。

結構、架空艦の面白さってのと共通するのでしょうが、モチベーションがいるのも確かですね。


実はこの船には極小サイズのアシガラさんを乗せています。
ブラックライトの元では位置を分かっている私にも分かりません。

拡大するとそれっぽく見えているので次回にご紹介しますね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓↓

艦船ランキング
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル アオシマ 1/700 蒼き鋼のアルペジオ劇場版 重巡アシガラ 霧の艦隊

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ