FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:高速戦艦金剛改二丙(フジミ1944より)
高速戦艦金剛改二丙建造開始!(フジミ金剛使用) 艦これ6周年記念


令和最初の起工⇒完成模型はフレームアームズガールズの轟雷ちゃんになった訳ですが、艦船の最初は何にしようかと思案したところワタシ的にはやはり、嫁艦筆頭の金剛ちゃんだろうと。

今、すでに積みプラとして
・戦艦金剛1914(開戦時:フジミ) があるのですが、1944を再購入して(全く積みプラ解消できず)

【艦これ六周年を記念して】

金剛改二丙!b

金剛改二丙をつくろう!

ということになりました。

といってもベースの模型からそれ程大きな改修をする訳ではありません。

艦娘の金剛ちゃんと戦艦金剛の改装の変遷を併記していくとこうなります。

・戦艦金剛(一次改装後?)
・戦艦金剛改(二次改装後?)
・戦艦金剛改二(1944年の対空砲火てんこ盛り改装)

・戦艦金剛改二丙(if改装)

ではこのIF改装のポイントは?

まず名称
 『高速戦艦金剛改二丙』

丙(ヘイ)Heyってのは金剛の代名詞みたいなもんですが同時に『丙型駆逐艦島風』も想起させます。

※巡洋艦丙(大淀)、巡潜丙型(伊16型)はこの際置いときます。

この丙型駆逐艦ってのは『水雷決戦を目的とする艦隊型駆逐艦の最高峰を目指し、高速・強雷装の駆逐艦』って意味です。

この改金剛型高速戦艦金剛改二丙ってのも、水雷決戦を意図したものということでしょうか。


それでは装備はどの様になっているでしょうか?

金剛ちゃん改二丙ちなみにs

上が金剛が改二丙に変わった時に持ってきた装備です。

すなわち

・(六年式)53cm連装魚雷(発射管)!



この六年式53cm連装魚雷発射管って何に装備されたかというと
駆逐艦神風型などの初期の艦隊用駆逐艦に装備されていました。


戦艦に魚雷発射管?



てことになるのですが、初期の戦艦には魚雷発射管がついていたんですよね。

帝国海軍の戦艦にも竣工時は「大和型」より前「長門型」以前の戦艦には魚雷発射管がついていました。

でもそんな装備見たことないって方が多いと思いますが

喫水線より下にある水中発射管でした

戦艦霧島建造中艦尾

違うかもしれませんが、この丸をしたところかと勝手に推測しております。
丸い穴があるだけらしいので凝視しても良く分かりません


金剛型は艦首に片側2門、艦尾2門の左右で合計8問の53cm魚雷発射管が装備されていたそうです。でも固定式だし、命中性能は相当低かったように思います。

艦首の魚雷発射管はここ?

霧島進水式


因みに戦艦の魚雷を実際に使用したのは「ビスマルク追撃戦(ライン演習)」でイギリスの戦艦ロドネーがビスマルクに放ったものだけです。(命中したかは不明)


で金剛改二丙はどこに装備されるかですが・・・

第一砲塔の前辺りと解釈しました。
正直ここでも遼波性に影響するように思いますけど・・・・ まあそこは良しとしてください

金剛改二丙で変わったところbb

以前作った金剛1944年(フジミ)で場所を示すとこの辺りかなと

金剛改二丙の魚雷発射管位置


魚雷発射管を装備するとしてその他には?

金剛改二丙は艦爆やWGの装備ができる様になっています。
まあ、WGはそこそこスペースがあれば設置できるとして艦爆の装備にはそれを発射できるカタパルトが必要かと
推測!

多くの帝国海軍のカタパルトは呉式二号五型でこの改良型がほとんどです。
これは全長19.4mで4000kgの機体を発射できるものですが、もっと性能のよいカタパルトにしたいなと

そこでカタパルトは伊勢型で使用した一式二号一一型火薬式射出機としました。

ただいま準備中・・・・・・

こんな感じで進めていきたいと思います。

ところで!
祝!艦スぺ製作記事

ツイッターのフォロー&フォロワーで個人的にも親交のある方が
5月15日発売の 艦船模型スペシャルNo.72 『くらま』、『あさぎり』の制作記事を書かれています。
今日、手に入らなかったので明日入手してレポートしますが、もしよろしければ皆様もご覧下さい!


人気ブログランキングに参加しています。
よろしくお願いいたします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ