FC2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

駆逐艦時雨(スリガ海峡夜戦時) ついに完成!

駆逐艦時雨(スリガ海峡夜戦時) ついに完成!


少し、間が空きましたが、皆さんはGWいかがお過ごしでしょうか。
有意義であれば何よりです。

さて、

艦これアニメ2期発表記念で作り始めた「駆逐艦時雨(1944)」ですが、ついにってか、やっと完成しました。

時雨完成Ts令和版

期せずして「令和」最初の完成品!になりました。

でも平成最後の完成品ってより令和最初の完成品って方がいいかなとも思ってたりします!



令和の時雨
アニメ 2期、楽しみです。1期では結構批判もあったようですが、私はそれ程悪くないと思っているんですよね。
まあ、人気があればそれに越したことはありませんが……。

時間がかかった理由
・・・なにも難しいことをやっていた訳ではなくて単に模型に手をかけてなかっただけなんですけど。


さて、今回の駆逐艦時雨は一応スリガオ海峡夜戦時(1944年10月)を想定している訳です。

フジミ製 駆逐艦時雨(スリガオ海峡夜戦時) 建造日誌はこちら
   ↓
フジミ製 駆逐艦時雨(1944) 建造日誌


駆逐艦時雨兵装g
※「日本駆逐艦物語」福井静夫氏著、光人社刊
尚、氏の資料においても絶対確定ということではないということなので……。一応

上記を参照にしている訳ですが、これは時雨の1944年12月頃の武装です。

実際には1944年のスリガオ海峡夜戦(レイテ沖海戦)から12月に至るまでに時雨は佐世保で修理を受けていますのでたくさんの機銃はここでも補強されたとみても良いかと思います。


では上記の図と私の模型の違いはというと

「後部マスト下の測距儀がある場所に、氏の図では機銃が置かれているが私のにはそのまま測距儀をおいている!」
 この一点のみです!

一応機銃配置の写真を撮っているのでそれを載せておきます。
25㎜、13㎜ともにナノドレッドの機銃に置き換えています。


<駆逐艦時雨 機銃配置 艦前部>

時雨機銃位置

恐らく、もっとも問題になるのは艦橋左側のボートダビットがこの時点で取り外されているかですが、

取り外されていることにしました!

理由はかっこいいから!です。


私の持っている大して多くもない資料からは特定するものはありませんでした。
なので好みで機銃を付けちゃいました!


研究者でもない私ですので、こんなのは好みでいいんですよね


<駆逐艦時雨 機銃配置 艦後部>

時雨機銃艦尾

艦尾の爆雷投射機の左側の機銃が写真をみて付け忘れていることに気が付きました。
後で付けておきますが氏の資料にはここにも25㎜単装機銃があります。

一応、注釈しておくと 黄色〇が13㎜単装機銃、25㎜単装機銃が赤〇です。




これから海面のベースをまったり造ったりしていくつもりです。

それでは、令和もよろしくお願いします!  


人気ブログランキングに参加しています!

宜しければクリックお願いします!
↓ ( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング
関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

Amazon Prime Video

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

でじたみん楽天市場店