FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:駆逐艦時雨(フジミ)
駆逐艦時雨 建造中 主砲や魚雷発射管のエッチング


徐々には進めているものの、細かいエッチングの接着にはやはり時間がかかってしまいますね。

しかし、駆逐艦時雨はきちんと完成させたいのでゆっくりでも進めます。
アニメの公開には間に合うはず。

時雨Tシャツg

※たまたま画像を見つけただけで、Tシャツを持っている訳ではありません。


今回は、主砲(12.7㎝連装砲B型?要確認)と4連装発射管(魚雷)のエッチングパーツの接着です。

主砲と魚雷発射管

駆逐艦時雨は白露型なので主砲は50口径三年式12.7cm連装砲C型です。

もともと詳しい方はともかく、艦これをやっていても50口径12.7cm砲はA,B、C、D型の4種類のみではなく、それらの改型であるA型改やB型改二のみではなく。B型改四やA型改三まであったりするのでバリエーションはお馴染みだと思います。

もともと、艦尾に2番砲塔として、12.7cm単装砲塔B型(白露のみA型)を装備していましたが、多くの日本の駆逐艦同様大戦後期にはとり払われ、代わりに機銃台が置かれるようになりました。

フジミさんのこのキットは五月雨と時雨の最終時を再現しているので、機銃台があるのですが、前期のキットもランナーを同一にしているので単装砲塔もついてたりします。
 
だから、改修前も多分可能。

そして、魚雷発射管は「九二式四連装発射管二型(前期型)」です。

フジミさんの白露型に同包されているB4/B5は前期型を再現している貴重なパーツなのです!


仮組艦首から

エッチングパーツてんこ盛りの主砲や魚雷発射管を仮組してみました。

正直、こんなのを仮組するとちょっとしたことでEPが外れてしまったりします。

写真を撮るために主砲を乗せた時には大丈夫だったのですが、その後のアクシデントで案の定、いくつかのパーツが外れてしまいました。

修復にイライラしながら1時間近くを要するはめに・・・・・・。

仮組艦尾から

 EPの切断面をできるだけきれいにするののができるだけしっかりと接着するコツです。

その為、デザインナイフでEPをカットしたあと、電動やすりで軽くバリ取りを行うのですが、端折ってしまうとやはり容易に取れたりする一因になってしまいますね。

再度、接着面をきれいにして張りなおすことにします。
先週末は煙突のジャッキステーを接着する途中で力尽きました。

次回では煙突も終わり、大体さまになった形を披露できそうです。

できれば塗装まで行きたいもんです!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦これ 1/700 フジミ 艦船模型 駆逐艦時雨

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ