プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/08/02 (Tue) 22:57
護衛艦こんごう(ハセガワ1/700)製作 艦橋の接着と塗装

護衛艦特にステルス構造になっている現在の護衛艦は比較的シンプルな構造なのでプラモデル自体は比較的シンプルです。
船体組み立て上の注意点は艦橋の組み立てを丁寧に行うことでしょうか。
艦橋は板を組み合わせて作る構造になっているので縦横を少しずらすと隙間が空いてしまいます。バリなどはやすりできれいに削って丁寧に組み上げて行きます。
こんごう艦橋周辺修正
それでも少し歪みがでるので隙間はパテで埋めてやすりがけしました。
こんごう艦橋ラダー接着艦橋にラダーや水密扉でモールドがない箇所にパーツを接着します。
艦橋を組み上げた後に船体全体を塗装します。
書き忘れていましたがフェアリーダーを汎用パーツを実艦と同じだけつけています。
塗装の色は「ピットロード艦船カラー PCS-18 海上自衛隊艦船カラーセット」を使用しています。船体及び上部構造物を「海自・グレイ(1)」で甲板は「海自・グレイ(2)」で塗装しています。こんごう艦橋接着後塗装
飛行甲板や戦闘通路は実際の船でも塗装色は甲板色です。しかし、滑り止めで砂を混ぜている為、反射した色調は暗めに見えます。そこで、模型でも飛行甲板を少し暗めの色調にする為に、甲板色にMrカラーのブラックを混ぜて塗装しています。
こんごう飛行甲板塗装アップ
説明書にも記載されていますが、煙突や後部艦橋を接着させる前に後部艦橋周辺の戦闘通路のデカールを貼ります。これらを付けた後にこのデカールを貼るのは至難の技なので忘れずにこの段階で貼ります。
こんごう後ろ甲板戦闘通路デカール
デカールをうまく張ることができると気持ちいいいですね。
こんな感じです。
こんごう飛行甲板の塗装
関連記事

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

<< 護衛艦こんごう(ハセガワ1/700)製作 艦橋周りの擬装とCIWS(ファランクス) | ホーム | 護衛艦こんごう(ハセガワ1/700)製作 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム