fc2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

重巡洋艦 アシガラ(霧の艦隊) 電気配線と舷側攻撃ユニット

重巡洋艦 アシガラ(霧の艦隊) 電気配線と舷側攻撃ユニット

少しずつ暖かくなってきました。
でも北日本には最強寒波が来るらしいので、温度の変化には注意ですね。
体調にお気を付けください!

駆逐艦時雨の傍ら、蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラを建造中です。


アシガラ顔アップ


今回は、電飾の計画について。
(こんな風に光らせたい計画)


光らせるポイント

霧の艦隊 重巡アシガラを作るにあたって、電飾で光らせたいポイントは

A)カタパルトの先端(近接用武器)
B)攻撃ユニット(レーザー砲)

光らせるポイント後方

それと
C)後部推進部
になります。

バイラルパターンは

アシガラバイラルパターン

こんな感じでボーっと光る感じなんで付属の蛍光デカールで再現します。


配線アシガラ

艦側面の攻撃ユニットは赤色のLEDから以前のU-2501で使用した0.5㎜光ファイバーを接続します。


緋色の艦隊 U-2501の建造日誌はこちら
 ↓
緋色の艦隊 U-2501 建造日誌

専門知識がろくにないのですが、一応配線はこんな感じです。
1.5Vの電池2個で3V電圧の電源からCRDを接続し15mAの一定の電流に調節します。
3Vの電源に対して3個のLEDを並列につなげます。
(直列に接続したら電圧が不足ですよね)

配線図と呼べない配線図


赤色のLEDを点灯させるのに必要な電圧は2Vなので3Vだと少々負荷が大きいです。
9V電池に繋げたら1回で壊れてしまいました。
CRDを接続することで電源がどのような電圧でもLEDに負荷がなく一定の電流にすることができるそうです。
(「電飾しましょっ!」の受け売り)




舷側攻撃ユニット

舷側の攻撃ユニット基部はパーツにないので、自作しました。

作り方は簡単に言うと

エポパテで1個作成し、おゆまるで型取り、光硬化パテで複製なんですが、長くなるので次回で解説します。

舷側の解放部分

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング
関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

U-NEXT無料31日間

Amazon Prime Video

Amebaまんが

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

レンタルサーバーを選ぶなら

ブログを始めるなら独自ドメイン!