プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/07/28 (Thu) 21:43
海上自衛隊護衛艦こんごう(ハセガワ1/700)

ようやく本題のプラモデル作成です。
実は、護衛艦のプラモデル作成は「こんごう」で3艦目、しかも同じ「こんごう型」の「ちょうかい」を作成済です。(現時点未紹介)
ただ、以前の作成した「ちょうかい」は私がプラモを再開して2隻目で、お世辞にもいい出来とは言えませんでした。
そのリベンジを兼ねて、「戦艦金剛」の名を引き継ぐ「イージス艦こんごう」作成を決定したのでした。
今回の建造には主として以下のディテールアップを行いました。
①エッチングパーツを使用
 ・ハセガワ純正エッチングパーツ「こんごう級ディテールアップパーツB」(なぜかAはネットで探しても見つからない)
 ・テトラモデルワークス「1/700 JMSDF Rail&Safety Net」(やっと見つけたセーフティーネット)
 ・他からラダーなど転用
②プロペラガードやアンカーチェーンを極細チェーンを使用(以前タミヤ島風で使用)
③砲身は0.5mm径真鍮製パイプ使用
④旗竿は真鍮線で作成

<護衛艦こんごう(ハセガワ1/700)>
こんごう完成左舷

更に手を加えるとしたら、マストを真鍮で作り直す。艦橋前細々とした装備品をプラ棒や板で作成etc。なんでしょうが「ポイントを抑えて、満足度と製作時間のバランスをとる」という建造方針からすれば時間がかかりすぎるのでこの辺りがいいとこだと思っています。
ちなみに私の製作時間の目安は平日は仕事でなかなか時間が取れないので休日は一日は製作時間を取るようにしています。そんな中、駆逐艦なら2-3週間、戦艦や重巡洋艦、空母は6週間くらいが目安です。しばしばこだわる中で時間が予定よりオーバーしてしまいますが。

関連記事

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

<< 護衛艦こんごう(ハセガワ1/700)製作 | ホーム | イージス護衛艦こんごう  その装備は海の王者の風格! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム