FC2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

海上自衛隊護衛艦こんごう(ハセガワ1/700)

ようやく本題のプラモデル作成です。
実は、護衛艦のプラモデル作成は「こんごう」で3艦目、しかも同じ「こんごう型」の「ちょうかい」を作成済です。(現時点未紹介)
ただ、以前の作成した「ちょうかい」は私がプラモを再開して2隻目で、お世辞にもいい出来とは言えませんでした。
そのリベンジを兼ねて、「戦艦金剛」の名を引き継ぐ「イージス艦こんごう」作成を決定したのでした。
今回の建造には主として以下のディテールアップを行いました。
①エッチングパーツを使用
 ・ハセガワ純正エッチングパーツ「こんごう級ディテールアップパーツB」(なぜかAはネットで探しても見つからない)
 ・テトラモデルワークス「1/700 JMSDF Rail&Safety Net」(やっと見つけたセーフティーネット)
 ・他からラダーなど転用
②プロペラガードやアンカーチェーンを極細チェーンを使用(以前タミヤ島風で使用)
③砲身は0.5mm径真鍮製パイプ使用
④旗竿は真鍮線で作成

<護衛艦こんごう(ハセガワ1/700)>
こんごう完成左舷

更に手を加えるとしたら、マストを真鍮で作り直す。艦橋前細々とした装備品をプラ棒や板で作成etc。なんでしょうが「ポイントを抑えて、満足度と製作時間のバランスをとる」という建造方針からすれば時間がかかりすぎるのでこの辺りがいいとこだと思っています。
ちなみに私の製作時間の目安は平日は仕事でなかなか時間が取れないので休日は一日は製作時間を取るようにしています。そんな中、駆逐艦なら2-3週間、戦艦や重巡洋艦、空母は6週間くらいが目安です。しばしばこだわる中で時間が予定よりオーバーしてしまいますが。

関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

Amazon Prime Video

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

でじたみん楽天市場店