FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/10/27 (Sat) 12:00
長崎 軍艦島クルーズ! ついに上陸!

長崎 軍艦島クルーズ! ついに上陸!

今日は東京はあいにくの雨、今頃大阪では「モデラーズフェスティバル2018」が大阪 南港ATCで2日間開催されますね。

内容的には先日、東京ビッグサイトで開催された「全日本模型ホビーショー2018」と近いものなのでしょうけど、やっぱり楽しそうです!

さて、今回も前回に引き続き長崎 軍艦島クルーズの紹介です。

これまでの長崎港、軍艦島関連の記事はこちら
 ↓
長崎港、軍艦島クルーズダイジェスト

<軍艦島(端島)>

1920年代の大正から1975年で無人化するまで良質の炭鉱として栄えた長崎県長崎市世界遺産に認定されてます。
当時は東京以上の人口密度を擁し、最初のマンションもここで建てられたとか。
NHKが放送を開始した5年後には八木アンテナが乱立して立っていたと言います。

もともとは南北320m、東西120mほどの瀬だったものを大規模な埋め立てによって約3倍の480m×160m、6.3haの人工島に発展しました。
1960年に5000人を超えた人口も石油へのエネルギー革命の影響を受けて急速に収束、1974年1月に数百万トンの石炭を保有したまま閉山になりました。
※詳しくはWikなどで調べてみるのもいいですね。


私が軍艦島に行きたかった理由ってのは、何も世界遺産になったからではないんですよね。
子供の頃(って今でもですけど)世界の不思議な出来事、ミステリアスな場所ってのを特集した本を持っていて、そこに紹介されていたのが、軍艦島だったのです。

なにか、急速に発展して時代とともに廃墟かした洋上に浮かぶコンクリートで固められた島!
そんなところに一度行ってみたいと思っていました。



<軍艦島クルーズ>

さて、この軍艦島に行くには複数の会社がクルーズ船を出しています。

私は乗ったのは「やまさ海運」が運営する「軍艦島クルーズ」です。
 ↓
やまさ海運 軍港クルーズHP

他にこちらも検討しました。(予約する時点ではこの2社しか知らなかっただけ)

軍艦島コンシェルジェHPはこちら

どこがいいのかは各自の判断でされるといいと思いますが、やまさ海運さんを選んだのは
船が最も大きいと聞いたからです。
※比較サイトがあるのでそこで比べられるといいと思います。

長崎沖、1時間程度と言えど波が強いと小さい船だと結構揺れます。
昔、カリブ海で荒波にもまれたことがあって、船酔い恐怖症の私としては大きめの船に乗りたかったというのがありました。

しかし、料金はもっとも高めの
「4200円」+長崎市施設使用料300円(上陸込み、周回ツアー)ですが
⇒1か月以上前に予約するとなんと!2割引き 「3300円」です。

行く場合はぜひとも早めの予約で!


さて前置きはこのくらいでツアーの写真をば

今回乗船するのはこちら、 マルベージャ3です!

マルベージャ3号

因みに軍艦島コンシェルジェのHPに乗っている船が埠頭に行くまえに準備をしていました。

ブラックパール号


長崎駅から歩いて10分程度の埠頭に付くと、チケット売り場でチケットを買います!

チケット売り場

チケットはこんな感じ

チケット

軍艦島が見えてきました!
途中のクルーズははしょっちゃいます!

軍艦島全景

ドルフィン桟橋から上陸します。

強調文上陸は波が高いと不可とのことで年の1/3くらいが上陸できないようです。(ガイドさん談)


軍艦島埠頭

今回は非常に穏やかな海で良かったです!
せっかく行ったのに上陸できないと悲しいですよね!

軍艦島埠頭付近

上陸すると廃墟が広がっています。
しばしご鑑賞を!


軍艦島廃墟1

この灯台は今も使われている様です。(無人)

軍艦島灯台

廃墟です!

軍艦島廃墟2

廃墟です!!

軍艦島廃墟3

<窓を拡大>

窓を拡大

だれかいたら怖いなっと自慢のカメラの80倍ズームで廃墟の窓を拡大して見ました!
草が生えていました!

<海水プール>

軍艦島海水プール

何しろ家族も含め最大時には5000人が住んでいた町と言える島!
プールで子供たちも遊んでいたようです。


とまあ、上陸ツアー自体は20分?程度のもので少し歩いて引き返すって感じです。
何しろ崩れかけている箇所が多くて住居の辺には行けないのです。

ここから船に戻り、周回します!

軍艦島の艦尾にあたる場所です。

軍艦島艦尾

確かこの白い建物が学校だったと思います。
5000人の中には家族づれも多く、子供たちの学校もありました。

軍艦島病院?

白い建物の右の少し小さめの建物が病院だったっけ?(違ったらごめんなさい)
ともかく、もちろん病院もあって、伝染病対策で隔離病棟もあったようです。

軍艦島土佐っぽい?

さて、今回とれた写真でもっとも軍艦っぽい写真です。
前回の記事でもやりましたが下の戦艦土佐と比較してみてください!

Japanese_battleship_Tosa.jpg

てな訳で長崎 軍艦島ツアーです!
愉しかったですよ!

機会があればぜひお勧めシマす!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング
関連記事

tag : 軍艦島クルーズ,長崎港,戦艦土佐,世界遺産,,

<< 護衛艦あきづき、ほぼ完成へのディテールアップ! | ホーム | 護衛艦あきづきの塗装と格納庫 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム