プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/07/17 (Sun) 21:02
フジミ 戦艦金剛製作

「超ド級巡洋戦艦 金剛」は私の最も好きな戦艦です。子供の頃、図鑑で金剛のイラストを見た時に非常に美しい船だと思ったのを今でも覚えています。
金剛の名前の由来は大阪府と奈良県の境にある金剛山が由来です。元々、巡洋戦艦なので山の名前が付けられています。
金剛はイギリスで建造された最後の日本の戦艦です。超ド級艦の技術導入の為に英国 ヴィッカース社に発注しました。
1913年8月竣工で大戦時にはすでに艦齢28歳の最も古い船ながら数回の改装で、高速で空母機動部隊にも直営できる
ある意味もっとも近代的な戦艦になっていました。
竣工時から世界で初めて36cm砲を搭載し、一次改装で防御力を上げた為に速度が落ちたものの、その後、夜戦にも参加しうる
高速戦艦としての構想の下、1935年から缶の入れ替えや艦尾の延長、各種兵装の装備など30ノットを出せる高速戦艦として生まれ変わりました。
戦艦 金剛 スペック(2次改装後)
基準排水量 3万2200t
全長 222m
全幅 31m
速度 30.3ノット
主砲 毘式35.6cm連装砲×4
副砲 毘式15.6cm単装砲×14門⇒のち8門
高角砲 12.7cm連装高角砲×4基⇒のち6基
機銃他
搭載機 3機、カタパルト1基
金剛前進
<主な戦歴>
マレー沖海戦
ミッドウェー海戦
ガダルカナルの戦い(ヘンダーソン飛行場を榛名とともに艦砲射撃)
レイテ沖海戦(サマール沖海戦)
サマール沖海戦では米護衛空母ガンビア・ベイ、駆逐艦1、護衛駆逐艦1隻を共同で撃沈させる戦果
<最後>
1944年11月 米潜水艦SS-315 シーライオンの雷撃により魚雷2本が命中。沈没。
日本で潜水艦に沈められた唯一の戦艦になります。
この時、艦齢は30年を超え、老朽化も沈没の要因と言われているようですが、大戦中最も活躍した戦艦です。
金剛の前の戦艦は「準ド級戦艦 薩摩」や「河内」の20000トン級戦艦ですから、飛躍的な進歩をもたらしたと船と言えるでしょう。
同型艦の金剛型の他の3隻は金剛の設計図より日本で建造したものでディテールにわずかな違いがありますがいずれも活躍した戦艦といえるでしょう。

関連記事

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

<< 戦艦金剛(フジミ 1/700)製作 | ホーム | 海上自衛隊護衛艦の命名基準について >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム