FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/04/14 (Sat) 12:00
艦娘で綴る艦艇の迷彩塗装(後編) 日本の空母たち

艦娘で綴る艦艇の迷彩塗装(後編) 日本の空母たち

今週は風邪気味からアレルギー性鼻炎を誘発し鼻も大変なことになっていました。

花粉症はないのですが、花粉症の方は杉?ヒノキ?ももうすぐ終わるころらしいですね。

鼻炎はつらいです。


ところで以前、「艦娘で綴る艦艇の迷彩塗装(前編)」なるものを書きましたが、前編があるのなら後編もなければならないのですが、結構時間が経ってしまいました。

 艦娘で綴る艦艇の迷彩塗装(前編)
  ↓
海外艦から日本の水上艦の迷彩塗装について

では前置きが長くなってしまいましたが、後編です。

日本の空母は大戦初期は迷彩塗装などはありませんでした。
むしろ、ミッドウェー海戦では敵味方識別塗装の為に、赤城や加賀には大きな日の丸を飛行甲板上に描きその為に的になったのではないかという話もあるくらいでした。

しかし、大戦後期になると僅かでもなんとかしたいということなのでしょう。
飛行甲板や艦側面に迷彩を施すのが一般的になりました。

<日本空母の迷彩塗装>

日本空母の迷彩塗装と言えば、代表はやはりこの方でしょう!


づほg

通称「づほ」、正式なお名前は 空母瑞鳳ですね。

レイテ沖海戦での米軍が撮った写真が非常に有名かなと思います。小沢機動部隊の一員としてエンガノ岬沖で囮機動部隊としての役割を果たしました。

瑞鳳迷彩
※「モデルアート 1/700艦船模型の簡単塗装&迷彩テクニック」より抜粋

甲板上の黒い線が砲塔の様に見せたりして艦種の誤認を狙ったものらしいですが、それ以上に白線がめだっちゃってます。


そして、その時にもう一人有名なのはこの方

瑞鶴さんg

同じレイテ沖海戦で散った翔鶴型空母2番艦 空母瑞鶴です!

瑞鶴迷彩

迷彩としての機能云々は個人の意見に任せるとして、単に絵柄としてみた時には「づほ」の迷彩塗装が一番気に入ってます。

この二人は比較的迷彩の柄が良く分かっているようですね。

大戦後期の日本空母は軒並みなんらかの迷彩をしていたのですが、

お姉さんの「空母千歳」

千歳g

そして、妹の方「空母千代田」

ちよだg

この二人もエンガノ岬で散ったのでした。

上空から(対空迷彩)だけではなく、艦の側面には艦形を小さく見せる様に塗装(対潜迷彩)をしているのですよね。

ちとちよ迷彩
※モデルアート社 「帝国海軍航空母艦総ざらい」より抜粋


商船改造空母も迷彩塗装がされていたようです。


大鷹g

実際に空母大鷹さんがどの様な迷彩だったかは私の資料にはありませんでしたが、雲鷹や冲鷹、海鷹たちも迷彩がほどこされていた様なので大鷹さんも施されていたのかも知れません。


大戦後期に竣工した空母たちも迷彩を施していました。

正規空母 雲龍姉さん

雲龍g

次女の空母天城さん


天城中破

大破横転している写真があまりにも有名ですよね。

天城横転g

三女 空母葛城さん

葛城g

葛城さんの巡航運転時の写真からみると竣工時にはすでに迷彩塗装がされていたようですね。

葛城

もはや載せる飛行機もなく、空母天城や空母葛城さんは浮き砲台になるしかなかった状況はなんとも可哀そうでなりません。

呉港で停泊していた軍艦は陸続きの様に見せるのが迷彩塗装の目的になっていた様です。

この姉妹は呉湾の三つ子島の近いところに停泊していました。

しかし、天城は大破横転、葛城は爆弾が命中したものの何とか終戦まで生き残りました。


こちらに呉港の三つ子島に行った時の写真を入れておきました。
 ↓
艦これ的聖地巡礼呉港編

ここで、アメリカ空母の迷彩、イギリス空母の迷彩がそろえば大所はほぼ抑えられることになるのですが、なぜか艦娘的にはこれらの艦娘は迷彩塗装がなされていません。

でも、アメリカ、カサブランカ級護衛空母ガンビア・ベイさんの服のデザインは迷彩をかたどったものですね。

ガンビアベイg

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦娘,迷彩塗装,空母瑞鳳,空母瑞鶴,,

2017/04/21 (Fri) 12:00
まーだ厚化粧とか言うの!本当失礼かも!

まーだ厚化粧とか言うの!本当失礼かも!



せめて1週間に一日くらいは艦船プラモデルの建造日誌のタイトルで報告をしようと言うことで、本日は水上機母艦秋津洲の建造日誌報告です。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
水上機母艦秋津洲 建造かも


秋津洲さくらm


水上機母艦秋津洲と言えば、その特殊な迷彩塗装が特徴ですね。


秋津洲左舷


黛艦長によって施された速度欺瞞の為の迷彩塗装なのですが、第八艦隊の大西参謀長より「厚化粧みたいにゴテゴテと塗ってきたな」と評されたのが、水上機母艦秋津洲の厚化粧説の由来です。

でも、写真を見ると結構、速度が遅くても波が立っている様に見え速度が速く見えますね。

この波の大きさは潜水艦に対する魚雷襲撃対策と思われます。

確か、駆逐艦天津風が、魚雷攻撃で艦首がもげて応急修理をした上で本土帰還を目指した航海中にも潜水艦の魚雷攻撃を受け、艦首がないために、速度のわりに波がやたら立つのが功を奏して魚雷が命中しなかった事例があったと思います。
(記憶に頼って大丈夫か??)


さて、この艦これプラモデルNo.33水上機母艦秋津洲には迷彩塗装のデカールが付属についています。

デカールにするか?素直に塗装にするか?ちょっと迷ったのですが、折角ついているデカールを貼ることにしました!


秋津洲デカール


デカールは色がはっきりしすぎるのと、光沢があって目立ちすぎるきらいがありますが、まあ水上機母艦秋津洲の特徴なので良しとしましょう!



スポットの部分は、クレーンだったり、煙突のジャッキステーの中なので素直に面相筆で塗装しました。


外舷21号色m


Mr.カラー特色セット「日本海軍・日本船舶 迷彩色」から外舷21号色に白を大体2:1で混ぜたもので塗装しました。




なるべく濃く塗ったつもりですが、ベースの軍艦色(2)が透過して暗くなりますね。

水上機母艦秋津洲は左舷の写真はあって、その迷彩塗装は分かっていたのですが、長らく右舷は分からなかった様です。

しかし、不鮮明ながら写真が見つかり晴れて右舷の迷彩も再現できるようになった次第です。



秋津洲右舷


完成したらトップコートを行ってデカールを少しなじませるつもりです。


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,艦これプラモデル,水上機母艦秋津洲,迷彩塗装,

| ホーム |

 ホーム