プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/07/12 (Tue) 21:13
しまかぜ!島風!ゼカマシ!

それでは島風3代のプラモ写真です。

<しまかぜ 3代>
島風3代黒背景

3隻並べてみると大きさの違いが分かります。

洋上に浮かぶとこんな感じですかね。
<島風3代>
島風3代その1
真ん中の島風(Ⅱ)にピントがあってます。

やっぱ島風(Ⅱ)の舷窓を塞いだ部分がオーバースケールでした。次は要改善です。
<島風2代のすれ違い>
島風2代

同じ大戦にのぞんだ駆逐艦どうし、こんあ場面もあったかも(if)
実際には島風(Ⅰ)は大戦前の1940年4月哨戒艇に改造され「第1号哨戒艇」と改名、海戦直前に後甲板と艦尾を改造し大発2隻を搭載する強襲揚陸艦になりました。1943年1月に米潜水艦ガードフィッシュの雷撃により戦没しており、1943年5月に竣工した島風(Ⅱ)とはまさにすれ違いでした・・・。

最後にしまかぜばかり4隻です。

島風一座


しまかぜ一座でした。この4隻の作成に約2か月かかりました。その内1か月以上は1/350です。
しまかぜコーナーは以上です。









関連記事

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

<< 旧帝国海軍の命名基準 | ホーム | しまかぜ!島風!ゼカマシ! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム