FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/08/29 (Wed) 12:00
伊400号と伊401号、それに伊14号潜水艦の艦橋の話です!

伊400号と伊401号、それに伊14号潜水艦の艦橋装備の話です!


何やら前回を見直してみると、潜水艦の艦橋の造りが簡単すぎると文句をつけていた様子でした。
 
前回までの建造日誌はこちら
 ↓
伊400号、401号、伊14号潜水艦建造日誌


しおんIMG_6153

では、伊400号型の艦橋はどの様になっていたのでしょうか?

秘蔵の 歴史群像 vol.17 「伊号潜水艦」(Gakken)をひも解いて見てみましょう。




この本の中には米軍によって撮影された豊富な潜水艦の写真等あります。
中でも伊号400型は充実です。

<伊400号潜水艦艦橋>

i400艦橋付近


第一潜望鏡と第二潜望鏡は格納されて先端のみ見えています。
三番目にあたる真ん中付近で出ているのが「短波用マスト」。

日本の潜水艦はほぼこの順番です。


もっとアップの伊号400型潜水艦の艦橋写真はこちら


i402艦橋

装備については大体こんな感じです。

因みに
22号電探は二号電波探信儀二型の略で水上用レーダーのこと。
13号電探は三式一号三型電波探信儀の略で陸上見張り用電探。対空レーダーとして使われました。


水上艦の22号電探はラッパが二つ繋がったような形ですが、潜水艦は一つです。

ここでは写っていませんが、短波用マストの先端にもアンテナが付いていて、これも13号電探の役割をはたしていました。
伊58のこのアンテナに13号電探をつなげたところ、50km先の航空機を探知できたことから採用されました。
ただ、このアンテナは無指向性のものです。

そこで八木アンテナです。
このアンテナが指向性の対空電探として向きを定める役割を果たしたようです。
状況によって切り替えながら使用していました。

上の写真の第一潜望鏡と第二潜望鏡の間の調度人がいる辺り、ここにはこんな装備がついています。

逆探

これは、魚とりの籠でも、ごみ籠でもなく、逆探ということで、伊14、伊400、伊361、波101の写真で確認することができます。


以上を一応模型に反映させたのがこちら「伊400型潜水艦艦橋」

400型艦橋

非常にお粗末ですいません。

22号電探はピットロードの新艦船装備セット③に付属のパーツををカットして使用。
13号電探は上下のアンテナ部分を窓枠をカットして使用。支柱は0.2㎜真鍮線です。

逆探は第2潜望鏡の横に向かって左側に張り出して設置されているので足場を作っています。

双眼鏡はフジミの双眼鏡セットを使用。
艦橋の前に2基設置、艦橋の後ろの1基は艦橋から向かって右の方向の少し張り出したところに設置しているので設置用の足場を付けました。





次は伊14号潜水艦の艦橋です!


伊14号艦橋

伊14号潜水艦の電探などの配置はかなり伊400型に近い様子が見てとれます。

それを反映させたのがこちら

<伊14号潜水艦 艦橋>


伊14号艦橋ピット

ポイントは前の双眼鏡の後ろに探照灯を測距儀を加工してつくり、その下にはエナメル線で配線までしたところです!

上の写真の逆探はさすがに作れなかったので(作れれば凄いのですが)真鍮線を2本平行して付けました。

もはや目で視認できない作業だったのですが、こうやって写真を拡大すると平行してくっついてて奇跡ですね。

伊400号潜水艦、伊401号潜水艦、伊14号潜水艦ともに短波用マストは最後に付けます。

本当は艦橋の上に色々つけても作業中に手で触れて外してしまうリスクが多いので最後にしたいくらいなのですが、調べたら付けたくなってしまうのが人情なんですねぇ。

ここのところ、調べた結果を模型に反映させるのが楽しくなっています。

製作時間より調べている時間が長いくらいで作業がはかどりません。

(´;ω;`)ウッ…

これらの装備を知りながら改めて箱絵を見ると非常に良く描かれているのが分かります。

伊13号と14号箱絵


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これ,伊400号潜水艦,伊401号潜水艦,伊14号潜水艦,艦橋,ピットロード,童友社,,

2018/07/25 (Wed) 12:00
え~、私で練習するの?まあ、いいけどね(重雷装巡洋艦北上で水上表現)

え~、私で練習するの?まあ、いいけどね(重雷装巡洋艦北上で水上表現)

最近、艦これもリニューアルの準備なのでしょうね。
イベントなどがないので、とうとう今日、ボーキもMAXになってしまい、資材が全てカンストになってしまいました。

勿体ないのでまるゆ狙いの大型艦建造をかれこれ4回ほどしましたが、戦艦が出るばかり。

イベントがないと新艦娘に会えないしやっぱり海防艦娘だけだとつまらないのですの。


それにしても暑いです。

群馬など40度をすでに超えているとか。
え!東京もですか?
(;^_^A
たまりませんな。
水分はしっかりと補充ですね。


閑話休題



前回、水上表現に手を出す決意を述べましたが、早速余った板を使って実行に移りました!

水上表現を始めるにあたっての考察はこちら

 ↓
水上表現始めるにあたってあれこれ考察


用いるのはこちらの北上さん!

北上さん

え~、私で練習するの?
まあ、いいけどね


何て少々やる気にかける声が聞こえそうですが、適当に許してもらえそうです。


アオシマ製 艦これプラモデル 重雷装巡洋艦北上の建造日誌はこちら
 ↓
アオシマ 艦これプラモデルNo.32 「重雷装巡洋艦北上」建造日誌


尚、今回が私の海上ジオラマ、ファーストトライなので、BESTの方法でもなんでもないのですが、まずは試行錯誤の最初ということでよろしくお願いします。


<まずは台座というか土台>


板と北上さん

こちらの長さ30cm弱の板を使います。
厚さは5.5mm。いい感じの重量感。

こちらの板は表面を少しすべすべさせた「ラワンベニヤ板」で、ホームセンターで買ったものを切った端材です。

最初は先月作ったプリンちゃんを載せるつもりだったのですが、サイズ的にぎりぎりで海面表現にならないので、重雷装巡洋艦北上さまに起こし願うことにしました。


大きさ的には横幅が少々狭いもののまあ大丈夫そうです。
(端材なので文句は言えません)



<艦底をコピーして、位置を決めサフ掛けします>



艦底と位置決め


この板の上に木工パテを塗るつもりですので直接塗るとなんだか馴染みが悪そうなのでサフをスプレーします。

サフが乾いたら波の感じをイメージして鉛筆で書いたりして。


<木工パテ塗り>

木工パテ塗り

水の表現の土台にする為に木工パテを塗ります。
プラ板を切ったヘラでペタペタ。

ここで大まかな波の感じも出せます。
この辺りはセンスなんでしょうね。
木工パテは普通にセメダイン社の木工パテです。
色の薄いタイプの方がこれから塗る色塗りに干渉しないと思います。

ベースに使う部分は量を多めに使うので安い木工パテはいいですね。


水性ニスが塗れるとか書いているので、海底表現としての水底カラーやアクリル絵の具などをそのまま塗装できます。

私は外出し、乾くまで9時間ほど放置しました。

乾いたらとがり過ぎたとこをやすり掛けしました。

ちょっと荒々しいですかね。もう少し起伏は抑えた方が良かったかもです。


<海底色を塗ります>

色塗り

色は、KATO 水底カラーのネイビーブルーとダークグリーンを塗ります。





色は混ぜずに抑える様に塗るのが良いとのこと。
100円均一で買ったビニテで押さえる様にぺたぺた塗りました。

そのまま翌日まで放置。

<大波小波で波表現>

大波小波を塗っていく

これまたKATOの大波小波を使って波の表現を作っていきます。


他にもリキテックスのジェルメディウムや超ハードジェルメディウムを使って波の表現を作っていきます。

艦首から出てくる波は弁当の蓋を加熱しすぎて曲がったところを使っています。

塗って、24時間放置を3回くらい繰り返しました。

ここまでくれば、一回の作業は5~10分程度なので平日の仕事帰りでも、少々飲んで帰った時でもできる手軽さ。

ここでも船は取り外しができる様にマスキングテープで覆っています。

波の感じをどんな感じにするかは、写真を見たり、仕事で横浜に行ったので橋の上から船を眺めてイメージトレーニングをしたりしました。


<重雷装巡洋艦北上さん完成>

北上さん完成

最期は、水性アクリル絵の具の白を塗って波の表現を作っていきます。

イメージとしては4連装魚雷、5基20問の一斉発射シーンなのですが、手持ち完成魚雷が3本しかなかったので、この3本のみしか見えていません。

内1本はジェルメディウムに完全に埋もれて見えておりません。

大体、波ジオラマの完成に1週間程度かかりました。
後半は大波小波やジェルメディウムを用いてちょっと波を加えて乾燥の繰り返し。


北上さん艦首からアップ


この重雷装巡洋艦北上さんの実艦の方は実戦で魚雷を発射する機会に恵まれませんでしたが、実際にはどのように発射したんでしょうか?
当然、発射練習など相当したと思われます。

魚雷の発射は三角法で計算して、敵の未来位置を予想して発射します。

距離が遠くなるほど回避行動などの進路変更や速度の変化などを考慮して扇型に発射するのですが、一斉に20門を発射するよりは僅かずつ時間をずらしてシュポンシュポン発射するのかなというのは想像です。

それも艦首側から発射すると次の魚雷と衝突する可能性もあるので艦尾側から発射するのかなと推察してそんなイメージで作りました。(実際にどうやって魚雷を発射しているのか結局判明せず)

北上さん水上艦尾から


波の表現や海の大きなうねり具合とかまだまだ改善の余地はありそうですが、ファーストトライとしてはまずまずかなっと思っています。

ツイッターではいいね!200超えありがとうございました!

次に作るときはベースにスチレンボードを使って大きなうねりみたいな表現も加えたいと思っています。
波の表現も改善したい部分がありますし。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,アオシマ,艦これプラモデル,水上ジオラマ,重雷装巡洋艦北上,,

2018/07/14 (Sat) 12:00
天竜型改二実装記念回

天竜型改二実装記念回


ここのところ毎日、うだる様な暑さですね。
(うだる=茹だる なんですね。茹でられる様な暑さということか)
ベランダに出るのが好きなうちの猫ちゃんも出てはすぐ戻ってきます。

さて、艦これでも遂に天竜型で龍田改二に続いて天竜さんも改二が実装されました。

暫く間があくのかなって思ってたんですけど。

天竜改二

うちの鎮守府ではまだ、二人とも改二にできてません。
天竜さんLv84、龍田さんLv80ですのでなかなか。

最近、遠征の引率をしていますが、もともと他の艦に任せてたし。
でも改装設計図がいらないので他の艦娘と並行でLvアップにいそしむことにします。


<天竜型>


軽巡天竜

天竜型は1915年八八艦隊計画の前身である八四艦隊計画のもとで計画されました。
その設計の元は江風型駆逐艦の拡大型で嚮導駆逐艦(水雷戦隊の親玉になるべく設計された駆逐艦)の拡大型という役割だった様です。

要目 (計画)
基準排水量:3,230トン、常備排水量:3,495トン、公表値 3,500トン
全長:142.65 m、最大幅、12.42 m
常備平均13 ft 0 in (3.96 m)[8]
ボイラー:ロ号艦本式重油専焼水管缶大6基、小2基、同石炭・重油混焼水管缶2基
主機:ブラウン・カーチス式オール・ギヤード・タービン(高低圧)3基
出力:51,000 SHP、速力:33.0ノット、航続距離:5,000カイリ / 14ノット
燃料、重油:920トン、石炭:150トン
乗員:1919年公表値 332名
兵装
50口径三年式14cm砲4基4門、40口径8cm高角砲1門、三年式機砲2門
六年式(53cm)3連装発射管2基6門、四四式二号魚雷12本
八一式爆雷投射機2基、投下台4個載2基、手動1個載2基
中型防雷具2基、機雷投下軌道2条
九三式機雷56個、須式90cm探照燈 2基

龍田改二


<防空巡洋艦改造案>


さて、今回天竜型改二になるにあたって、対潜値と対空値が上がった防空軽巡洋艦の仕様になっている訳ですけども史実的にはどうだったのでしょう。
まあ、今回の改二に当たって調べようと思ったきっかけです。

<防空巡洋艦改造私案>

イギリス海軍では1936年からC級軽巡洋艦の備砲を全て高角砲にした防空巡洋艦への改造を行っていた。
日本海軍でも防空巡洋艦に着目し1935年(昭和10年)頃から検討が行われた。天龍型も防空巡洋艦への改造計画が検討され、数種の案があった。
改装検討案において、兵装は12.7cm連装高角砲4基、25mm3連装機銃4基、九四式高射装置2基、九三式爆雷投射機1基、九四式爆雷投射機1基、爆雷投下台4基、爆雷36個、薬煙幕発生装置の装備を検討した。
(Wikpedia 天竜型軽巡洋艦抜粋;毎年寄付してますし(ちょっとだけ)、いいですよね

防空艦というのは、対潜装備と遂になっていることが多いというかほぼ必須のようです。
この当時もすでに航空機と潜水艦は両方とも大きな脅威になりつつあったということと、対潜兵器と防空兵器の充実は両立したという元でしょうね。

私案というとこですけど、大元帥であった昭和天皇まで検討していることを報告している様なのでそれなりに本気だったようです。


「オレの装備が気になるか?世界水準軽く超えてるからなぁ~!…何?古いって!?…バカなっ」

天竜型は竣工当時は世界水準を超えていた軽巡洋艦だったのですが、最高速度は33ノットと当時の日本の駆逐艦の35ノット前後の速度についていけない。
アメリカの巡洋戦艦(33ノットを想定)では逃げ切れない。

などから2隻で終わり、当時として世界最高水準の5500トン型軽巡洋艦に移行する訳です。
(7月12-13日はコロンバンガラ島沖夜戦でしたね。軽巡神通の沈んだ日です。)

5500トン型軽巡は拡張性はあるし、いい軽巡です。全て大正年代の船なのに特に大戦前期では切った張ったの大太刀周りで水雷戦隊旗艦として大活躍していますね。

艦娘で綴る日本軽巡洋艦の系譜まとめはこちら
   ↓
艦娘で綴る日本軽巡洋艦の系譜まとめ

日本水雷戦隊まとめはこちら
 ↓
日本水雷戦隊まとめ


でもそんな天竜型って結構好きなんですよね。

コンパクトな軽巡って感じで可愛いんです!

軽巡天竜艦尾

冒頭からちらちら載せているこの模型の写真は私が艦船模型を初めて1年目くらいに作ったものです。

今改めて見ても作りやすいしディテールは細かいし満足のいく良いキットでした。

ハセガワ製 軽巡洋艦天竜 スーパーディテール建造日誌はこちら
 ↓
ハセガワ製 日本軽巡洋艦天竜 スーパーディテール建造日誌



今、アマゾンを見るとこのスーパーディテールセット、天竜さんは売り切れだったのですが、龍田さんはまだ在庫がある様です。
天竜型が好きな方はいいかも知れませんね。


ただ、エッチングパーツ付きだと少々難しいという方でも、ハセガワさんが新金型使用した2015年にリニューアルしたキットです。


非常に出来が良くお勧めのキットです。

暑さはこれからが本番だと思いますが、体調に気を付けて過ごしてください!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,ハセガワ,軽巡洋艦天竜,軽巡洋艦龍田,1/700,

2018/07/12 (Thu) 12:00
フジミ駆逐艦秋月に色々手を加えますよ~(手作り部分)

フジミ駆逐艦秋月に色々手を加えますよ~(手作り部分)


駆逐艦秋月ですが、模型は竣工時ですが、今回「エンガノ岬沖海戦時」を想定して作っています。

秋月g


これまでの建造日誌はこちら

フジミ製駆逐艦秋月&照月建造日誌

駆逐艦秋月もその優秀さから様々な海戦に参加しているだけに、損傷を受けることも多かった様です。

そしてその修理時に様々な改造が加えられていきました。

秋月改造必要箇所
※モデルアート社 帝国海軍駆逐艦総ざらい

更に、エンガノ岬沖海戦時には25mm単装機銃がわんさかついていたと推測されますが、正式な数は不明だったと思います。


上の図にはありませんが、後部マストには13号電探を付け加えます。

フジミの何かのEPの残りから拝借しました。

元々、測距儀(カバーだけで中身なし)の部分は撤去されて、機銃台が設置されました。
これはプラ板で作成します。

秋月後部マスト作成

機銃台はちょっとブルワークのプラ板の厚みだけ大きめになったかなって感じもしますが、作り直す気力が湧かないのでこれで良いと自分に言い聞かせます。

後部マストは最初FH社の付属のEPを使用するつもりでしたが、今一つ形状が気に食わなかったのと前部マストと整合性を合わせるうえでも結局、真鍮線で組みなおしました。
メインの支柱になる部分は0.3mm真鍮線、サイドになる部分は0.2mm真鍮線をカットし、瞬間接着剤で付けて組み立てます。


魚雷発射管前の機銃座はそのままフライホーク社のエッチングパーツのままです。

機銃座

しかし、下の支柱に付けている三角版がほとんど見えないのが寂しい!

煙突横の機銃座はプラ板で作成!

煙突横の機銃台

こちらは竣工時にはないので、プラ板で手作りです。
なぜか撮った写真が裏返ししかないので裏の三角板を接着した様子を載せました。

他のパーツに合わせて、三角版を汎用EPを用いて接着します。


そして、手作り体験の山場は前部マストです!

前部艦橋

どうにか楽はできないものかと思案しましたが、結局、0.3mmと0.2mmの真鍮線を組み合わせてマストを組みなおすしかありません。
頂にある避雷針は0.1mm程度のエナメル線です。

上の図やら、初月の写真などから推測して、こんなもんかって感じでくみ上げていきます。

尚、艦橋の後ろのデッキ部分は竣工時より拡大されているようなのでプラ板でカットして延長しております。

一本、一本くみ上げて接着していきます。

結構手間がかかりますし、集中力が必要です。

まあまあ、結構きれいに組み上げられましたか?

思い起こすとこのフジミ製駆逐艦秋月のキットはプラモデルを再開した初期に買ったんですよね。

約2年間積みプラになっていたのですが、2年前にこのマストをくみ上げようとしたら恐らく挫折していたでしょう!

そう思うと意味のある積みプラ期間だったと言えるかな?


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,フジミ,1/700,駆逐艦秋月,,

2018/07/07 (Sat) 12:00
空母艦娘の離陸方法分類(GUNタイプ及びその他のタイプ)

空母艦娘の離陸方法分類(GUNタイプ及びその他のタイプ)


梅雨が最短で開けたと思ったら、7月6日は全国的に大雨。
7月7日は七夕ですが、彦星と織姫 アルタイルとベガ、そして天の川が見られる場所は限られる様です。

空母艦娘の離陸方法分類も3回目になりました。
今回で最終回です。

これまで、
その1)弓矢タイプ、その亜種としてクロスボウ

その2)式鬼神タイプ、からくり箱タイプ

ときました。


これまでの空母艦娘の離陸方法分類記事はこちら
 ↓
空母艦娘の離陸方法分類


残るタイプになります。


<Type4 GUN Type>

空母 サラトガMk.Ⅱ

サラトガ改二g

サラトガが左手に持っているのが「トンプソン・サブマシンガンM1928A1 米軍使用モデル」という小銃とのことです。

スカートの裏には、30連装か50連装のドラム式の弾倉。(50連装の様です)
どんだけ重いものぶらさげてるんですかね?

M1928A1g.jpg


アメリカ禁酒法の時代には警察、ギャングともに使用されていた銃ということで有名な小銃です。
「ワンスアポンナタイムインアメリカ」でも出ているかも知れません。
(好きな映画でしたが未確認)

発艦の仕組みは「ダブルトリガーになっていて、「甲板に艦載機を移動⇒発艦」になっているとのこと。

ということは、何かが艦載機に変わるということではなくて、
「格納されている艦載機(妖精さん込み?)が引き金を引くことで装填⇒発艦される仕組み」
の様です。

⇒ということはType3のからくり箱タイプに近い気もしますが、弾倉もきちんとあるので最初は弾丸の形をしているのか、もとから小さい航空機の形になっているのかは不明です。ということでType3の亜種から外しました。


空母 イントレピッド改

イントレピッドスプリングフィールドg

こちらの使用する銃は「ボルトアクション スプリングフィールドM1903」とのことです。

スプリングフィールドM1903g
狙撃銃としても使われた銃らしいのですが、そもそも銃にあまり詳しくないので・・・

発艦の仕組みも同じとみていいのかな。
ボルトアクションなので「ガシャン!(装填)⇒射撃(発艦)」どの時点で航空機化するのかが不明?

GUNタイプの艦が何かの機会で動画ができるといいんですけど
(GUN TYPEは現時点で艦これ関連のTV、映画、アーケードでも実装されていない)


軽空母ガンビア・ベイ改

ガンビアベイ七夕g

この艦娘もGUNタイプですが、もはや何の銃をモチーフしているかも私には分かりません。

この4番目のGUNタイプは今後確実に広がっていくものと思われます。

と言うのも、現状アメリカ艦はGUNタイプになっており、今後増える余地が多いと思われるからです。

旧帝国艦隊の空母は未成艦・護衛空母を除きほぼ出尽くしている状況、(信濃は最後のビッグイベントになると思われるのでまだ引っ張ると思われます)

欧州空母の内、ドイツとイタリアの未成空母はすでに実装済。
フランスの空母ベアルンが残っていますが、こちらは赤城や加賀さん、レキシントンと同様のワシントン軍縮条約で戦艦より改装された空母と言えど、速度が21ノット強の低速艦。(複葉機には対応できたが後には日本の護衛空母同様航空機輸送艦に)

ベアルンの後継艦、ジョッフル級はアングルドデッキを採用した先進的な設計でしたが、20%と完成にはほど遠く未成艦といっても少々無理があります。

結局、今後空母が増えるとしたら、まだ余地のあるのがイギリスとアメリカということになるでしょう。
アメリカ艦もでかいのが残ってますから(BIG Eとかレディ レックスとか)


さて、最後に残ったのはその他のタイプで現状、単艦のみとなっているものです。

<タイプ5 金属エッチングカードタイプ>

グラーフ七夕g

島田ふみかね氏のデザインです。氏がツイッターで曰く、

「艦載機は、腰のポーチに金属エッチングカードの状態で格納されています。このカードを甲板エレベーター部裏のカードスロットにセットすると、不思議パワーで組み上がりカタパルト発進後実体化します。」

とのことです。
グラーフ・ツェッペリンは完成度90%で建造が中止になった未成艦ですが、いくつか注目すべき点があって

艦載機移送軌条が「格納庫⇒エレベーター⇒飛行甲板⇒カタパルト⇒発艦」と繋がっていました。

すなわち
格納庫の中で組み立てた艦載機をそのまま、中央又は前部エレベーターに移送し飛行甲板前部のカタパルトまで運ばれ発艦することができる様になっていたのです。

これを表現したのが氏の方式だと考えられます。

⇒軽空母龍驤ちゃんに代表される「式鬼神タイプ 亜目」ともいえるかもと思っていますがより機械的なの別に分類しました。


「ドイツ空母 グラーフ・ツェッペリン」ですがアオシマ×ドイツレーベル社共同で発売した艦これプラモデルを積みプラとして所蔵しております。
近いうちに建造予定。



<タイプ6 鷹匠タイプ>


大鷹改二七夕g

ご覧の様に艦載機を鷹匠の飼いならしている鷹の様に操るタイプです。

大鷹=鷹使いとしての鷹匠だと思われます。

疑問なのはこれだと艦載機を1機しか発艦できないのではないか?ということです。

連続して発艦させる時には、籠か何か用意してそこから繰り出す様にするのでしょうか?


日本の航空母艦ではまだ護衛空母が何隻か実装されていないものがあります。

「海鷹」「冲鷹」「雲鷹」「神鷹」・・・商船改造空母は全て鷹の字がついていて、もしかしたら鷹匠タイプも拡大する可能性があります。
私はひそかに神鷹が楽しみなのですよ。

神鷹はもとはと言えば、ドイツ国籍の貨客船「シャルンホルスト」。

ミッドウェー海戦の後、空母ってやっぱ強力じゃん、その主力4隻も失ったらやべえじゃん。
改造できるものは改造して入手できるものは入手して兎に角数を増やさなきゃ!

そんな訳で空母の改造計画が急ピッチに立てられると同時に改造できる船はとにかく欲しい!

ドイツのグラーフにも、「そっちで空母いらない様だし、こっちこない?」って打診をしたのです。

結局ドイツから「遠すぎて無理なんで、そっちに行ったまま帰れない貨客船シャルンホルストを売るし」

てなことで貨客船シャルンホルスト⇒軽空母神鷹になりました。


金髪の鷹匠っていいと思いませんか?
金髪って決めつけている・・・


<影絵タイプ>

揚陸艦あきつ丸改

あきつ丸七夕g

あきつ丸は空母ではありません。
海軍所属でもなく、陸軍の船、より正確には「戦時徴用民間船」です。

しかし、時代を先取りした
大発27隻も搭載可能な「強襲揚陸艦」で、海上自衛隊で言うところの「おおすみ」、兵員1個大隊を輸送できる意味ではより近いのがアメリカ海軍の「ワスプ」です。


海上自衛隊輸送艦おおすみはこちらで
昨年の夏、幸運にも護衛艦かがを個人的に見学させていただいた時のレポートです。なかなか一般公開ではみれない貴重な体験でした
 ↓
護衛艦かが見学レポートその1


発艦原理は左手にもつ走馬燈。この走馬燈が蒔絵の様な飛行甲板に影を映し出します。
この影が飛行甲板を移動する過程で実体化し飛び立ちます。

このあきつ丸の絵師は「くーろくろ」さんなので、基本発想は軽空母龍驤ちゃん達の「式鬼神タイプ」に近いと思われますが、氏曰く陸軍船として海軍のそれとは異なることを表現したかったとのことです。

因みに大発はあきつ丸の左に抱えている艦尾が開いて出てくるようです。



<最後に 改装航空戦艦 伊勢改二>


伊勢改二g

ミッドウエーの後、とにかく空母が必要!ってなことで、ほとんどの大型艦は空母化を検討されました。

伊勢の改造計画も全通甲板にして完全空母化も検討されたのですが、建造費と時間がかかりすぎるということで世界に類をみない後ろだけ飛行甲板ぽい「航空戦艦」が出来上がりました。

という訳でご存知の通り今回のはIF改装です。
発表された時には「ちょっとやり過ぎかも」と思いましたが、実装された伊勢改二をみると納得のスペックでちゃんと使い道がいろいろ考えられそうです。


ということで、空母艦娘の発艦方式による分類は終了です。


いやー!誰得か分からない記事にも関わらず、毎回大作になって、書いている内に時間がかかるはでなかなか大変でした。


しかし!史実に由来したり、絵師の思いであったりの色々な方式の発艦タイプ。このバリエーションの多さも艦これの魅力かなと思いました。


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

tag : 艦娘,艦これ,空母,サラトガ,大鷹,あきつ丸,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ