プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2018/01/01 (Mon) 12:00
明けましておめでとうございます!2017年振り返りをします‼

明けましておめでとうございます!2017年振り返り

明けましておめでとうございます‼
今年も宜しくお願いします。
m(_ _)m

2018年になっちゃいましたね~

初詣に行かれた方もこれからという方もいらっしゃると思いますが、とにかく寒いですね。

新年に向けて何か目標を決めてみるのも良いですね。

さて、2017年を模型的に振り返ってみたいと思います。

① 下半期建造模型
② 上半期建造模型ダイジェスト
③ イベント関係

そんな感じで振り返りたいと思います。

2017年の7月に上半期の振り返りをしました。

特筆すべきは戦艦大和でしたでしょうか。
他の船も好きな船ばっかりでした。

上半期の振り返り
 ↓
2017年上半期の振り返り7隻

〈下半期〉

<カジカ製 超弩級巡洋戦艦金剛 1941>
 8-9月

巡洋戦艦金剛 1914の建造日誌はこちら
 ↓
カジカ製 超弩級巡洋戦艦金剛 1914 建造日誌

カジカの巡洋戦艦金剛ですが、非常にいいキットでした。

ディテールは細かくて、モールドもしっかりしています。

マストの細さなんて見たことないレベルでした。

折れやすいのでそれだけ箱入りでした。

巡洋戦艦金剛1914左上方から

正確には長門屈曲煙突時代と改装なしの巡洋戦艦金剛さんは時代か重なっていないのですが並べてみました。

長門屈曲煙突と金剛1914

この頃の戦艦金剛さんではこのベルファウストから回航される写真が有名ですよね。

ベルファウストから回航される金剛

そんな感じで撮った写真です。

巡洋戦艦金剛1914左舷


<アオシマ製 艦これプラモデルNo.26 軽空母龍驤>
10月-11月

次に建造に入ったのは軽空母龍驤さんでした。
龍驤さんのこの独特なフォルムはとても好きなんですよね。

アオシマ製 艦これプラモデルNo.26 軽空母龍驤建造日誌はこちら
 ↓
アオシマ製 艦これプラモデルNo.26軽空母龍驤建造日誌


龍驤右前 g

龍驤艦尾gg

龍驤真俯瞰g

完成したらTwitterでもアップしてるのですが、嬉しかったのは「艦これ」で龍驤のイラストを書いている「くーろくろ」さんにいいね!&リツイートしていただいたことですね。
(^∀^)

<アオシマ製 艦これプラモデルNo.36 潜水母艦大鯨>

アオシマ製 艦これプラモデルNo.36 潜水母艦大鯨の建造日誌はこちら
 ↓
アオシマ製 艦これプラモデルNo.36 潜水母艦大鯨建造日誌

11-12月

潜水母艦大鯨さんの箱が来てまず驚いたのはその箱の大きさでした。

戦艦長門屈曲煙突並みで軽空母千歳よりも大きい。

軽空母龍鳳って小さい空母のイメージだったんですよね。

でも、その全長は準鷹より少し小さいものの、瑞鳳やちとちよより大きいんですよね!

では何故そんな小さいイメージだったかと言うと、恐らく鳳翔さんと練習艦をやっていたイメージからかも知れません。

潜水母艦大鯨完成艦橋アップ

潜水母艦大鯨完成

潜水母艦大鯨完成左舷

やはり、艦船は洋上を航行している姿が美しい‼
でも、潜水母艦であるからには潜水艦を引き連れている様子も必要ですよね。

今年は初めは潜水艦ラッシュになると思います。

2017年下半期はわずか3隻でした。
上半期が月一隻ペースだったのに、下半期は2ヶ月で一隻ペースになりました。

今年はもう少しペースアップしたいものです。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

<< 2017年度 振り返り その2 松の内に完了しときたいですからね!(でも次回に続く) | ホーム | 潜水母艦大鯨ちゃん! 2017年最後の完成模型です! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム