プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/11/11 (Sat) 12:00
艦これ的聖地巡礼(呉周辺編)その2 大淀、榛名、出雲、天城(葛城)

艦これ的聖地巡礼(呉周辺編)その2 大淀、榛名、出雲、天城(葛城・伊勢)

さて、間が少し空きましたが、艦これ的聖地巡礼(呉周辺)のその2です。

前回の案内はこちら。青葉、利根、古鷹のゆかりの地と周辺地図を掲載しております。
今回案内する慰霊碑や沈没した場所の地図もここにあるので是非参照願います!
 ↓
艦これ的聖地巡礼呉周辺編

最初は日本帝国海軍最後の連合艦隊旗艦軽巡大淀さんの沈没した地です。

大淀

この周辺の道にすっごく分かりにくい案内があります。
油断していると通り過ぎてしまうので注意です。(実際我々も一度は通り過ぎてしまいました)

大淀慰霊碑案内

この案内に従って細い道をずーっと歩くとそこに慰霊碑があります。
途中、広島名産カキイカダがあったり、収穫場があったりします。

大淀慰霊碑そのもの

奥にあるのは大淀の模型っぽいものです。

因みに手前に立っているカラフルなものは、安芸門徒特有の盆灯籠で広島周辺ではお盆になるとお墓にこれを立てます。
お盆にはコンビニでも売っているのが広島特有。

この慰霊碑の向かい側は遠浅の海です。

大淀その2g

大淀さんは爆弾をくらい、一晩かけて大破着底しました。
見ての通りの浅瀬です。

この辺りに大淀が大破着底

下の写真を見ると少し場所が違うのかもですね。この周辺であることは確かですが。

軽巡大淀も模型を作成しております。お気に入りの一品なのでお時間がある方は是非見て行ってください。
 ↓
軽巡大淀建造日誌 アオシマ+フジミのEP


次に戦艦榛名と出雲の慰霊碑です。

ティータイムの後は深海棲艦とパーティねg

金剛姉さまと一緒にお菓子を食べている榛名が可愛い!

榛名と出雲慰霊碑

江田島市の小用港から800mのところにある江田島公園にあります。
公園といってもブランコも滑り台もありませんのでご注意を。

日露戦争で活躍した「一等巡洋艦出雲」と「金剛型巡洋戦艦榛名」が一緒に慰霊碑に祀ってあります。

榛名沈没画像

小用港からそのままフェリーで帰ることも検討したのですが、時間が全く合わなかったのでそのまま車で音戸大橋経由で呉に戻ることにしました。

その帰りについぞ行きたかった「三つ子島」に行くことが出来ました。

この島は全くの驚きですよ~

三つ子島

この三つ子島は北側の小さい島と南側の島の二つの無人島からなるのですが、その南の島には白いものがうずたかく積まれていました。
「なんだ!これは?」

これを見た時の最初の印象がそれでした。

ちょっと問題です。
この白いものは何なのでしょうか?


答えは何行か下で書くとして、

この三つ子島の向こう側で空母天城が横転沈没しました。

天城中破

この小中破絵って斬新だなあ。

天城横転g

この様子を中破絵で表現しているのですね。

この中破絵に匹敵するのはユーちゃんの中破絵くらいです。

ユーちゃん大破

この儚げな様子にグッときます・・・・・・

しかし、天城の絵師、流石「くーろくろ」様です。
ツイッターでもフォローさせていただいております。

※ところで三つ子島に積まれているのは塩です。三つ子島埠頭株式会社が管理されている様で、日本の工業用の塩の75%を担っているらしいですから驚きですね。

話を戻しますが、RJ(龍驤)もくーろくろさんです。

軽空母龍驤は最近作った模型なのでぜひお時間がある方は見ていただければと。
 ↓
艦これプラモデル軽空母龍驤建造日誌

当時艦これの夏イベの前だったと思いますが、夏イベで天城をドロップすることを祈願しました。
(アホやね。同行していた同好の士たちも三つ子島を前に私がその様な決意と祈願をしていたことは知らなかったと思います)

この三つ子島の北側の向こうで葛城は被弾(沈んではいないです)

葛城さん

葛城さんと大鳳さんのふたりは我が鎮守府にいないのです。
大鳳さんは大型建造ですからね。地道に行きます。
次、葛城さんのチャンスがあったら必ずGETする!

そして、音戸大橋に行く途中で戦艦伊勢が大破着底した場所があるはずなのですが、明確には分かりませんでした。

伊勢


そして、音戸大橋を渡って、再び「アレイからすこじま」に寄りました。
海上自衛隊の潜水艦がたくさん見える潜水艦埠頭です。

ちょうど夕日に映えて美しい風景でした。


呉潜水艦桟橋

二回に分けて送ってきた「艦これ的聖地巡礼(呉周辺)編」はこれにて終了です。
佐世保周辺編や横須賀周辺編、ましてや舞鶴周辺編などがあるかは全くの未定です。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
 ↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦これ,艦これプラモデル,聖地巡礼,空母天城,軽巡大淀,戦艦榛名,一等巡洋艦出雲,三つ子島,空母葛城,空母伊勢,

2017/03/11 (Sat) 12:00
歴戦の名艦たちの最後の地(呉港周辺)そして重巡青葉は何を思ったのだろう・・・

歴戦の名艦たちの最後の地(呉港周辺)そして重巡青葉は何を思う

何週間かに渡って、記事にしてきた呉周辺の関連施設なのですが、一つの締めくくりとして呉港周辺の名艦の最後の地を
地図上で訪問したいと思います。


呉クルーズ案内
 ↓
呉艦船巡り案内

大和ミュージアム案内
 ↓
大和ミュージアム詳細案内


てつのくじら館案内
 ↓
てつのくじら館案内

大和ミュージアム周辺施設案内(お土産屋、呉カレー店)
 ↓
呉港周辺のお店案内

話題を呼んだ映画 「この世界の片隅に」にも呉大空襲の様子が描かれていましたが、昭和20年(1945年)3月19日、7月24日、7月28日と空襲を受けました。

もはや大型艦は燃料もないため動けず、電源を陸上から引くしまつ。
呉港のあちらこちらで投錨して浮き砲台になっていました。

戦艦長門も煙突をとっぱられていました。

大破着底時の写真です。

こちらは大和ミュージアムに展示してある戦艦伊勢のもので2m近い大きなパネルになっています!


伊勢大破着底

主砲が上を向いた状態で大破着底しており、最後まで抵抗をつづけたんですね!

こちらは空母天城の大破転覆時の写真です。

天城大破着底

モデルアート社の「帝国海軍航空母艦総ざらい」から抜粋しています。

良く見る写真ですが、痛々しい様子の写真です。
もっとも有名な写真が転覆時の写真とは不憫です。

完成したのは良いが、既に載せる飛行機も動く燃料もありませんでした。
とても無念だったに違いありません。

この他にも呉港周辺には様々な名艦がその最後に大破着底した場所があります。

戦艦榛名、戦艦伊勢、戦艦日向、空母天城、重巡青葉、重巡利根、軽巡大淀、重雷装巡洋艦北上、装甲巡洋艦出雲、潜水艦伊404、伊205、伊206、そして、未成艦空母阿蘇etc

呉港大破着底地図m

その沈没した場所の多くには慰霊碑が建っています。

重雷装巡洋艦北上と未成艦空母阿蘇は少し離れた場所に投錨していました。
(雲龍型空母5番艦の空母阿蘇は特攻兵器の標的艦として、既に破損している状態で、浮かんでいるだけの状態でした。完成率は60%未満です。)

北上被弾場所m

北上さんは大破していましたが、動力は生きていたので戦後改修され、復員船として使われました。

最後にネット上に、とても感動したイラストがありましたので載せさせていただきました。

sachisfactoryさんのイラスト

sachisfactoryさんのニコニコ静画に投稿されているイラストです。

重巡青葉

色々な失敗もした船です。
サボ島沖海戦では、重巡青葉の不注意な発信「我レアオバ」で米軍の猛攻撃を一身に受け大破。

途中、旗艦である重巡青葉を身を呈して庇った重巡古鷹は猛攻を受け沈んでしまいました。
(T_T)

折角復帰したら、潜水艦の雷撃を受け、また修理など不運なことも多くありましたが、それでも終戦まで何とか生き残りました。

艦尾は引きちぎれ、艦首を上にして大破着底の状態でした。

その重巡青葉(の船魂である艦娘)が、広島のきのこ雲、そして終戦後の青空をどの様に見ていたかを一枚のイラストで描いてあり、とても感動しました!。゚(゚´Д`゚)゚。

全てが終わったという安堵とこれからの希望もあったのかも知れません。

取材をするなら、平和な世の中でしたいはずですし。

蛇足ながら、重巡青葉の最後の姿の写真です。

Japanese_cruiser_Aoba_1946.jpg(Wikipediaより抜粋)

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング


今日は3.11、東日本大震災の日になります。
ご冥福をお祈りいたします。

tag : 大破着底,呉港,,艦娘,重巡青葉,巡洋戦艦榛名,航空戦艦伊勢,航空戦艦日向,軽巡大淀,空母天城,

| ホーム |

 ホーム