プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/09/27 (Wed) 12:00
キミ~ それで飛行甲板はどうするんや? 軽空母龍驤

キミ~ それで飛行甲板はどうするんや? 軽空母龍驤

艦これプラモデル 軽空母龍驤ですが、まあまあ順調に行っています。

これまでの建造記録はこちら
 ↓
軽空母龍驤建造日誌

飛行甲板部分を接着しようとして仮組みをして見ると艦橋部分でとても気になる箇所が出て来ました!

艦橋付近の柱

なんか飛行甲板を支えるこの支柱がとても太すぎて不格好に感じますよね!

プラ部分のこの太さが約1.5mmです。700倍にすると約1mでせいぜいその1/3くらいの太さが妥当の様な気がします。

そこで、ここの部分をとっぱり、0.5mmの真鍮線で置き換えました。

付けてから上下合わせるか?それとも上下合わせてから接着するか悩みましたが後者を選択。

龍驤艦橋のこだわり

上と比べて龍驤ちゃんらしいすっきりとした顔立ちになったと思いませんか?(私だけ?)



さて軽空母龍驤の飛行甲板ですが、どうしましょうかね。


私が良く参考にしている学研の「日本海軍艦艇図鑑」では

龍驤飛行甲板塗装

前部エレベーターの前は鉄甲板でエレベーター以後が木甲板(しかも日本唯一の横張)となっています。


そして、艦娘の龍驤ちゃんでもこれを採用しています。デカールも前方の甲板用のデカールが準備されています。

龍驤デカール


確かに以前はこのパターンが多かったのですが、最近はここは縦組みの木甲板説が正しいとされています。

と言うのは、この様な写真が見つかったからなのですが、これ防風柵の後ろ辺りですよね。

Ryujo_S1706_01_s.jpg

なので、エッチングパーツに付属の木甲板シールも前の部分も網羅しています。


龍驤木甲板

私は密かに劇場版艦これの龍驤ちゃんでは訂正されることを期待していたのですが、

龍驤ちゃん巻物

龍驤巻物

この通り、前部エレベーターより前は軍艦色のままです!
(ゲーム版も以前のままのグラフィックなのに訂正される訳ないですよね。)

しかし、木甲板は採用したいと言うことで、どうやら製作は

軽空母龍驤(第二次ソロモン当時;前の部分は木甲板採用)
⇒独自の艦これプラモデル 軽空母龍驤(木甲板+大符+墳進砲)

のパターンで作ることになりそうです


実は飛行甲板の塗装まで出来ているのですが、この様なことを書いていたら長くなったので飛行甲板の塗装紹介は次回に。

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これプラモデル,アオシマ,軽空母龍驤,飛行甲板塗装,,

<< スパシーバ! 締めくくりはさざなみ、ひびき、かしまetc!呉 第四護衛隊群の船々! | ホーム | DDH-184「護衛艦かが」乗船レポートファイルNo.6 格納庫と艦尾武装 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム