fc2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

初代島風 タンブルホーム、アンカーレセスなど

まず船体をタンブルーホーム型に成形します。タンブルホーム型とは喫水線に行くにしたがって膨らむ形状ですが、
その実は船体上部に行くに従って内曲がりに狭くなる形状のことを表しているようです。
さて、はじめに船体の側面にベースになるプラ版を貼ります。
島風プラ版を敷く

ポリパテを用意し側面に盛ります。この状態で一晩乾かします。
島風パテを盛る

乾かした後、喫水線がもっとも盛り上がるようにやすりで削ります。結構、耐水ペーパーを消費しました。
粉が大量に出るのでマスク着用の上、下には紙かなんか敷いた方がいいです。
島風タンブルホーム
情報に行くに従って狭くなる形状が出来ました。

次にアンカーレセスの修正です。
峯風型のアンカーレセス(アンカーを収めるくぼみ)は四角い形状をしたも①のとアンカーに合わせた形②の2種類それに峯風や澤風のようなベルマウスの3種類だったようです。
島風(Ⅰ)は①のタイプだったようです。位置も少し前にずらしました。掘るのは電池式のリューターを使用しました。
島風アンカーレセス修正
そして船体をMrカラーの特色「佐世保カラー」で塗装、リノリウム甲板とリノリウム抑えはタミヤカラーのゴールドリーフで筆塗りしました。
島風船体塗装リノ
今回はここまで。次は上部構造物です。
関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

U-NEXT無料31日間

Amazon Prime Video

Amebaまんが

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

レンタルサーバーを選ぶなら

ブログを始めるなら独自ドメイン!