プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/03/23 (Thu) 12:00
「ミニ大和」にも見えるかも。軽巡大淀建造日誌4日目

ミニ大和に見えるかも。軽巡大淀建造日誌4日目

先週末から今週の頭にかけて、歓送迎会が連ちゃんでプラモ製作の時間もなければブログ更新の時間もなかなか取れない状況だったりします。

それでも少しずつ進めています。

今回は新春にあった晴着コスの大淀さんです。

大淀さん晴れ着m

前回までの建造日誌はこちら
 ↓
軽巡大淀建造日誌

アオシマの「軽巡大淀1944」にフジミの軽巡大淀のエッチングパーツを組み込んでいるところなのですが

特にクレーンやマスト、カタパルトは精巧なエッチングパーツで非常にいいものです。

大淀クレーン

クレーンの柱を利用してエッチングパーツのクレーンを組み込みます。


ざっと使えるパーツを一通り組み立てました。

大淀エッチングに置き換え
(例によって煙突のジャッキステーは大きいものを除いてサイズが合わないので省略です。)
この他に、階段などありますが、手摺は長さが合わないものが多く汎用パーツを素直に使った方がよさそうです。


大淀さんの艦尾旗竿は特徴的な形状をしています。

どうして、この様な形状だったのかは知識不足で分かりません。
(どなたかご存知だったら教えてください)

この部分もエッチングパーツを付けてくれたらいいんですけどね。
ないので自作です。

後部旗竿

縦棒は0.3mm真鍮線、横棒は0.2mm真鍮線で作っていましたが最上段は伸ばしランナーで作っています。
ピンセットの先の方が太いくらいで細かい作業でした。

ここから、船体は
・甲板のリノリウム塗装をし
・リノリウム抑えはいつもの様にフリーハンドでゴールドを筆入れし(手を震わせながら・・・)
・リノリウム甲板のマスキングをして
・船体はMrカラー軍艦色(2)で塗装しました。

軽巡大淀は呉海軍工廠の生まれです。
最後の地も呉沖の江田島市の大柿付近だったと記憶しています。

呉周辺の主な艦船の眠る場所

歴戦の名艦の眠る場所そして青葉は何を思う

呉海軍工廠色で塗装したい気持ちもあったのですが、今回のモデルの軽巡大淀1944年と言えばレイテ沖海戦
のエンガノ岬沖海戦に参加した時です。
ここへは母港である横須賀港から出発しました。

なのでやはり素直に横須賀海軍工廠色である軍艦色(2)で塗装しました。

そして、大まかな艦上構造物を取り付けて行きました。

主砲である15.5cm三連装砲塔も取り付けるとざっとこんな感じです。

軽巡大淀 前からです

大淀途中前

軽巡大淀って何だか「ミニ大和」に見えたりしませんか?

三連装砲塔の主砲だったり、艦橋の形状も小さいながらも非常に近代的な形状でこれまでの軽巡が箱型だったり
していたのと一線を画します。

艦橋の頭部には21号電探と22号電探もついていて、その辺もミニ大和感を出していると思います。

戦艦大和のイメージを再び起こすのにはこの大和博物館の記録をご覧ください!
 ↓
大和ミュージアムを細かく案内

ちょっと違うけど(っていっても基本、球磨型軽巡の5500t型なので)

重雷装巡洋艦北上さん建造日誌
 ↓
片舷20門、2艦で40門の魚雷発射!

軽巡の系譜は次の機会に譲るとしますが、軽巡洋艦の建造って5500t型の軽巡那珂ちゃんが1926年竣工で
最新鋭軽巡阿賀野が1942年、軽巡大淀が1943年と実に16年もの間の建造ブランクがあったんですね。

大きく変わるはずです。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,軽巡大淀,艦娘,アオシマ,エッチングパーツ,フジミ,

<< 「DDH184 護衛艦かが」ついに就役して呉に!空母加賀と比べて見ました!  | ホーム | 三越コラボにAvailコラボと艦これコラボが目白押し!それにつけても秋雲の欲しさよ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム