FC2ブログ

艦船模型の制作と軍艦や戦車関連アニメ聖地巡礼の話

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
◆表題の「現むす」の由来は「現代に再び蘇った艦娘たち(艦船模型)」というのがテーマだったからです。艦これ始めたばかりの頃は艦娘と書いて『かんむす』って読むのを知らなかった…。

・艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
・太平洋戦争の日本艦が特に好きですが、現用艦、海外艦も好きです。実は戦車も。
・提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。

◆聖地巡礼(軍港、艦これ、アルペジオ)、それにガルパン聖地巡礼も加わりました。

●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

0 コメント

駆逐艦 島風(初代) ピットロード紹介

島風(初代)は前述した通り、峯風型駆逐艦の4番艦になります。
島風(初代)自体のプラモデルは販売されていませんが、峯風はピットロードから販売されています。
こんなマニアックな艦のプラモデルもあるんですねえ。うれしいです。
これに少し手を加えます。
峯風箱表
箱の横を見ると峯風型6艦のデカール付属と書いています。
すなわち、「峯風」「澤風」「沖風」「島風」「灘風」「矢風」の6艦です。ちょうど峯風型の1番艦から6番艦までですね。
他に特殊潜航艇「海龍」が付属しています。峯風型の一部には回天搭載艦に改造されていますが、
特に海龍を搭載したとかはないと思いますが。まあおまけでしょうか。海龍は200隻も建造されているんですねえ。
峯風箱裏
箱も裏に塗装指定とデカール例が記載しています。「峯風」1920年代と「島風」1930年代です。
しっかり、島風を意識してくれているのがうれしいです。
峯風中身だにゃ
中身はこうなっているニャあ。
関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!!

このブログ内の画像

Powered by 複眼RSS

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。ここからランキングをみることもできます。

にほんブログ村

ミリタリー関係(艦これ、ガルパン、蒼き鋼のアルペジオ等)の聖地巡礼

旅の予約はこちらで

Amazon Prime Video

Amazon Shop

豊富な品揃え 楽天ショップ

でじたみん楽天市場店