プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/03/15 (Wed) 12:00
軽巡大淀建造日誌 船体の仮組みと艦橋の組み立て(エッチングパーツ)

軽巡大淀建造日誌 船体の仮組みと艦橋の組み立て

少し暖かくなったら、また寒くなって。
今日は関東の平野部でも雪が降るところがあるようです。
春の訪れはもう少しです。

ところで、製作を始めた軽巡大淀ですが、アオシマさんの「軽巡大淀1944」にフジミさんのエッチングパーツを組み込んで製作を始めました。

アオシマさんのエッチングパーツは売り切れ次第再生産をなかなかしないので、手に入りやすいフジミさんのキット付属のエッチングパーツを使用する訳ですが適合には少々問題はありそうです。

(4月に艦これプラモデルで軽巡大淀さんが発売されるので同時発売で入手できるのですが・・・)

さて、エッチングパーツ。うまく使えるのかな。

はい?m


これまでの軽巡大淀の建造日誌はこちら(軽巡大淀がスーパー軽巡である理由も!)
 ↓
軽巡大淀建造日誌

はじめにアオシマ製 「軽巡洋艦大淀1944」の主要パーツを切り出して仮組みをしてみました。

艦橋付近です。

仮組み艦橋

アオシマさんのこのはっきりとしたモールドが私の好みにあっています!
煙突付近も結構はっきりとしたモールドがなされています。


後部通信室付近です。

大淀仮組み後部

細かいところは細かくモールドされています。

一度仮組みをしたのは、この主要部分以外はエッチングパーツで補うイメージを沸かせるためです。

具体的にはマスト(前・後ろ)、煙突のジャッキステー、カタパルト、超10cm砲のブルワーク、後部銃座etc

艦橋も結構手すりなどがついています。

フジミさんの手摺が適合するのでしょうか?

その前に艦橋の一部パーツを置き換えました。


ひとつめは九四式高射装置です!


この高射装置は、九一式高射装置と4.5m測距儀を一つにまとめた高精度の高射装置です。
翔鶴型以降の大型空母、(最新鋭軽巡)阿賀野型、大淀型軽巡(って言っても大淀一艦ですが)、秋月型駆逐艦に装備されました。

94式高射装置

御覧の様に
左側が「ウォーターラインシリーズ」の共通パーツです。
右側が「新WWⅡ日本海軍艦船装備セット[3]」についているものです。

新艦船装備セットはかなり精密なものが多いのですが、こちらの方が一回り小さいのと、軽巡大淀の特徴でもあるので置き換えました。


22号電探(仮称二号電波探信儀二型)


ミッドウェー作戦後の艦船に順次装備された電探ですね。

22号電探

NE-03は「新WWⅡ日本海軍艦船装備セット[3]」の略です。
こちらに付属の22号電探もかなり小さく精密なつくりです。

22号電探は(旧)「WWⅡ日本海軍艦船装備セットⅤ」等にもついていますが、艦船装備セットについているものの方がかなり精密です。

大淀さんの艦橋

大淀艦橋組み立て

赤い矢印で示しているのが汎用パーツで置き換えた手摺で、それ以外はフジミさんのパーツを付けました。


しかし、切ったり、曲げたりしているので汎用で使っているのとあまり手間は変わりません。

アオシマとフジミとはやはり結構造形が異なっていることを実感させられました!

二式二号電波探信儀一型(通称21号電探)が艦橋の頭についていますが、これはフィットしています。
それと水密扉も汎用パーツを使っています。

まあ、手摺類はもともとそれ程期待してなかったのですけどね・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,アオシマ,フジミ,軽巡大淀,エッチングパーツ,製作,九四式高射装置,22号電探,

<< 重雷装巡洋艦北上さん 基本一人の完成写真集! | ホーム | 40門の魚雷は伊達じゃないからね!片舷20門×2隻一斉発射! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム