プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/03/08 (Wed) 12:00
軽巡大淀 フジミ製軽巡大淀とアオシマ製軽巡大淀1944を徹底比較!

軽巡大淀 フジミ製軽巡大淀とアオシマ製軽巡大淀1944を徹底比較!

以前の記事で、軽巡大淀さんの良さを徹底的にアピールしたのは今回の記事のティザーです。

大淀

軽巡大淀がスーパー軽巡である理由
 ↓
軽巡大淀がスーパーな軽巡である4つの理由


アオシマさんの4月度の新製品紹介で「艦これプラモデル」シリーズから軽巡大淀が出る報告もしました。
 ↓
 アオシマさんの4月5月の新製品情報


軽巡大淀はもともとアオシマさんがその1944年版をウォーターラインシリーズで発売していますし、期間限定で1943年も発売しておりました。

そのアオシマさんのライバルになるのが、フジミさんの特シリーズの軽巡大淀です。

今回その両者を徹底比較して見ました。

アオシマ製 1/700 ウォーターラインシリーズ 日本軽巡洋艦大淀1944

アオシマ製大淀1944

アオシマ製軽巡大淀のランナーはこの様になっています。
これにいつもの静岡協同組合共通パーツが付いています。

アオシマ大淀キット中身


フジミ製1/700 特シリーズNo.106 「日本海軍巡洋艦大淀」です。


フジミ大淀箱

箱の中身はこの様になっています。

フジミ大淀中身

エッチングパーツがついて¥1400くらいとありえないくらい非常にお得に見えます。

箱の横にはこの様な記述があります。

フジミ大淀横の説明

記述で大事なところは
このキットは昭和54年(1979年)の考証に従って作っているという記述です。

とても真摯な姿勢だと思います。でも私は大半をネットで買うので、この記述は読めないのですよね。

古いキットで考証的にも時代遅れの感がぬぐえない、なのでエッチングパーツもつけてのセット販売ということなのでしょう。

ランナー部分はこの様になっています。

フジミ大淀ランナー

上のアオシマに比べて1枚ランナーが少ない感じです。

ではモールドの感じを見て見ます。

アオシマ製軽巡大淀の船体です。


アオシマ大淀船体

フジミ製軽巡大淀の船体です。

フジミ大淀船体


これだけ見ても良く分からないかも知れませんが、フジミさんの方は全体的にモールドが甘くそれをエッチングパーツで補う感じの様です。

そのフジミさんのエッチングパーツです。


フジミ大淀付属エッチングパーツ

見ての通り、2枚も付いており、内容も非常に豊富なエッチングパーツのセットになっています。
基本は1944年の大淀を再現するためのパーツになる様です。

ざっと見の違いなのですが、軽巡大淀の特徴である船体後部にある司令部設備の上部はアオシマ版はリノリウム張りになっています。

フジミの方は滑り止め甲板のエッチングパーツがついているので、これは考証の差だと考えられます。

てな訳でフジミさんには申し訳ないのですが、アオシマのキットにフジミさんのエッチングパーツを組み合わせて作って行きたいと思います。

でも、フジミさんのキットはエッチングパーツのみのセットと見ても¥1400程度なのでお買い得。



今回のアオシマさんの艦これプラモデルシリーズは既にある軽巡大淀をベースにしています。

水上機母艦瑞穂もアオシマさんの製品であったと思いますが、こちらを艦これプラモデルにしてくれれば喜んで買うんだけどな~。
なので、しばらくはウォーターラインシリーズの瑞穂は買わずに待っていることにします。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,1/700,ウォーターラインシリーズ,アオシマ,フジミ,軽巡大淀,エッチングパーツ,艦これプラモデル,,

<< 歴戦の名艦たちの最後の地(呉港周辺)そして重巡青葉は何を思ったのだろう・・・ | ホーム | 重雷装巡洋艦北上さんと重雷装巡洋艦大井さんの違い 艦橋編 >>

コメント

知らなかった~

フジミの旧キットにエッジングを新規パーツにして出していたんですね~^^;

アオシマとフジミではまるで形状が違うのでフィッティングが心配ではありますが。。。。

製作記事楽しみにしています~!(^^)!

実は私も心配してます!

コメントありがとうございます!
記事には普通に書いていますが、実は私もフィッティングするか心配です。下手をすると汎用パーツを使うより苦労するかも。(@-@)
それを含めてレポートしたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム