プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/02/21 (Tue) 12:00
重雷装巡洋艦 北上さん、大井さんとの違いを比較しながら作って行きます!

艦これプラモデルNo.32 重雷装巡洋艦北上改を大井改との違いを比較しながら作って行きます!

重雷装巡洋艦北上改の建造日誌の3日目になります。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
重雷装巡洋艦北上改建造日誌

以前に「艦これプラモデルNo.31 重雷装巡洋艦大井改」を先行して作っているので、そちらとの違いを比較しながら見て行きましょう。

ちなみに重雷装巡洋艦大井改の建造日誌はこちら
 ↓
重雷装巡洋艦大井改建造日誌


日差しは大丈夫ですかm


「重雷装巡洋艦大井改」と「重雷装巡洋艦北上改」との違いは大きく3つの部分です。

①艦橋部分 特にマストの辺り
②魚雷発射管のシールドの有無
③煙突まわり

①の艦橋部分はマストが出来てから比較するとして、今回は②と③の部分を見て見ます。

②の魚雷発射管のシールドの有無は分かりやすいですね。

重雷装巡洋艦大井改 魚雷発射管付近

大井改魚雷発射管

ずらりとならんだ魚雷発射管が壮観です!

重雷装巡洋艦北上改 魚雷発射管

北上改魚雷発射管10基

こちらが北上さんの魚雷発射管です。
大井さんがシールドなしに対して北上さんは簡易的なシールドが付いていました。
もっともここまで簡易的なシールドだったかどうかですが。

北上改魚雷発射管

エッチングパーツの説明書が外面からの写真しかなくて、今一つ分かりにくいのですが、魚雷発射管の横(内側)にモールドされているハンドル(旋回制止装置)をシールドが覆う形でないと意味がないのでそこまで覆っています。

魚雷発射管ガン積みってことは、腹に爆薬を抱えている様なものです。ちょっとしたことで魚雷に誘爆なんてことは良くあり、大戦中も誘爆して沈没っていう例は枚挙にいとまがありません。

それに、写真を見るとお分かりの様に舷側が低いので、高速で航行時や波の高い時には魚雷発射管は波をかぶることも多かったようです。

重雷装巡洋艦時代の大井さんの魚雷発射管にはシールドはありませんでしたが、その後改造された高速輸送船時代にはついていました。

高速輸送船時代の大井さんがアオシマさんから2月28日(もうすぐ!)に限定発売されますが、これを再現するにはこのエッチングパーツでシールドを覆うのがよりリアルになってくるかと思います。




次に煙突まわりの違いです。

重雷装巡洋艦大井改と重雷装巡洋艦北上改との違いは煙突の先端部分と蒸気捨管の位置と本数で表現されています。

<大井煙突エッチング説明書>

大井煙突先

大井改では煙突の先端の雨水カバーが板を格子状に組み合わせる形になっています。

<北上煙突エッチング説明書>

北上煙突先

それに対して北上さんは、煙突先端の雨水カバーが金網状になっています。

本当に実艦でこの様な違いがあったかは私の資料では分かりません。新考証をもとに作っているはずなのでそうなのでしょうね。

次に蒸気捨管を見て行きます。


<重雷装巡洋艦大井改煙突付近>
先の製作の大井さんには煙突にはエッチングパーツをつけてません。
こちらを参照
 ↓
北上さんによるエッチングパーツ説明会

煙突前から
大井煙突前から

煙突後ろから

大井煙突後ろから


<重雷装巡洋艦北上改 煙突付近>
仮組みなので乗せているだけです。


煙突前から


北上煙突前から

煙突後ろから

北上煙突後ろから

煙突の蒸気捨管の本数を比べると

重雷装巡洋艦大井

第一煙突:前1本、後ろ1本
第二煙突:前1本、後ろ2本
第三煙突:前1本、後ろ2本

重雷装巡洋艦北上

第一煙突:前2本、後ろ2本
第二煙突:前1本、後ろ1本
第三煙突:前2本、後ろ1本 

蒸気捨管の本数も違いを表現していますが、高さもずいぶん違っています。
こう言ったこだわりって好きです。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦これプラモデル,重雷装巡洋艦,大井,北上,煙突,蒸気捨管,魚雷発射管,アオシマ,

<< 駆逐艦春風とぜかましで隊列組んで見ました!(神風型駆逐艦松風実装記念) | ホーム | 光作戦完遂!艦これ冬イベント完了の報告。それなりに収穫がありました。 >>

コメント

5500トン級は奥が深い・・・

なかなかいい感じのパーツが用意されているんですね~^^

レビュー参考になりました!

今回のアオシマキット、実はある方のお父上が元乗組員で、
その証言から中央部分はリノリウムという事が判明してのキット化だったんですよね。

う~~ん、作ろうかなぁ・・・やっぱり^^;

発射管の波除ももともと大井と北上に積んでいたものを降ろして別の艦に載せた時の写真も前に見つかっていて


お役にたてて嬉しいです!

そんな裏話があったんですね♪リノリウムだったことが分かって~と言うのは聞いた気がします。って事はカバーもこんな簡易カバーだったんでしょうか?その別の艦も知りたいです。こんなに時間が経っても新事実が分かるんですから、奥が深いですよね。

スレイシアン

なんか中途半端なコメントごめんなさい@@;

えと元英国海軍駆逐艦スレイシアンといいます。
大戦初期に接収して海防艦としてつかっていました。
その時に発射管を移設していたまま終戦。
元の英国海軍に取り戻された、という珍しい経緯の持ち主です。

接収後の写真が何枚か残っていて画像検索でも見られます^^
後部からの写真で、波除の後がただのキャンバスだけだったことが
わかります。

ではでは(^^)/

貴重な情報ありがとうございます!

早速ググって見ました。接収され第101号哨戒艇として使われたんですね。ざっと見た限りだと、後ろからの魚雷発射管の写真が見つからなかったのですが、もう少し探してみます!(^o^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム