プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/01/30 (Mon) 12:00
長門さんってやっぱ美人ですよね。艦橋の装飾

「艦これプラモデル No.29 戦艦長門 屈曲煙突 建造日誌 7日目 艦橋の装飾」

今までの長門建造日誌はこちら
 ↓
戦艦長門 屈曲煙突 建造日誌

長門さんって、ビッグセブンってだけでなく、美人ですよね。

わたしに?

やっぱ、軍艦も顔が命!

艦橋の装飾です。


始めに探照灯です。

「艦これプラモデルNo.29 戦艦長門 屈曲煙突」の探照灯はクリアパーツです。
最近のアオシマさんのキットは探照灯がクリアパーツで結構気に入っています。

以前は結構普通のパーツ同様に、シルバーを普通に塗っていたのですが、せっかくのクリアパーツです。
最近はこんな感じです!

探照灯塗装

<探照灯の塗装>

なんか良く分からないと思いますが、
①レンズ面と反対にシルバーを塗ります。
②レンズ面はマスキングジェルで保護します。
③全体を塗装します。
④レンズ面のマスキングジェルを剥がします。
⑤なんとなく、光る探照灯の出来上がりです。

長門探照灯取り付け

つぎに艦橋周りのキャンパスです。

この時代の艦橋には戦艦に限らず、結構キャンパスが多用されていました。
駆逐艦の神風型や峯風型は大戦時もキャンパスの艦橋だったですよね。
冬は絶対寒いと思うんですが・・・

長門試製滑走台取り付け

これは、この「艦これプラモデルNo.29 戦艦長門 屈曲煙突」の売りである滑走台を2番砲塔の上に取り付けた時の写真です。
古鷹型巡洋艦に取り付ける予定の滑走台を実験的に取り付けたんですね。
この時は、テント見たいになっている箇所のキャンパスは張っていません。

キャンパスって、以前(今も)何を使うか結構迷います。

シールテープかトレーシングペーパーか

私の場合、シールテープかトレーシングペーパーです。
シールテープの方が質感が似ています。カットしにくいので、ハサミで一気に切ります。

写真を見ると分かる様に結構、キャンパスの後ろにある柵の後が見えます。



艦橋柵塗装

なので、汎用パーツの窓枠を貼り付けて、その上にMrカラーの311「グレーFS36622」(ほぼ白のグレー)を原液で塗りました。


でも、テントの上にはキャンパス生地を張らなければなりません。

長門艦橋キャンパス

こちらは、シールテープを張りました!

窓枠の上の塗装、乾いたら少しガタガタなのでこの後に修正しますヨ。
怒られちゃいますからね
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ちなみにテントを低くするために、その後ろの測距儀は足を切ってすこし背を低くしています。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ


関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これプラモデル,戦艦長門,屈曲煙突,艦橋,キャンパス,探照灯,アオシマ,

<< 長門さんは小さくて可愛いのがお好き。ボートダビット色々。 | ホーム | 1/10大和はやっぱ大きいですね~。「大和ミュージアム」青葉取材行ってきまーす!1回目 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム