FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:No31重雷装艦大井
<艦これプラモデルNo31 重雷装巡洋艦 大井改 建造日誌3日目>

前回までに上部構造物の組み立てまで終わりました。

今までの建造日誌はこちら
 ↓
重雷装艦大井建造日誌

次は塗装になります。

まずは、魚雷移動軌条を以外をマスキング。

oi甲板のマスキング

正直、えらい時間と手間がかかりました。

いやー、一時間どころじゃないな。時間を忘れてくっつけていたので、どの位経ったか忘れるくらいでした。

大井っち膨れる

「作戦が悪いのよ・・・」

その通りでして、先に船体色を塗って、移動軌条の上だけを細切りのマスキングテープで覆った方が絶対楽なのですが、いつもさっさとリノリウム甲板色だけスプレーするのでこんなことになりました。

大井マスキング剥がし

しかし、マスキングを剥がした後は、結構きれいに塗装出来ていました。

やっと、塗装もできたので、上部構造物をどんどん載せていきます。

船体前部エッチング

艦橋周りですが、この辺りは全て塗装前に手摺を付けています。

船体中央部エッチング

方位測定器は、ピットロードのエッチングパーツです。
25mm連装機銃は、フジミの「重巡 鳥海」の余りパーツがまだ残っているのでそれを代用。

設置個所

これ、北上さんの方の説明書では直っていましたが、誤りです。この箇所は煙突が付きます。

訂正とお詫び

訂正とお詫びがついていますが、ここにも載っていないし、穴が合わないので分かると思いますが、これが初めてだと言う初心者の方は要注意。
作りなれている方は全く問題なくスルーすると思います。


艦尾手摺説明

爆雷投下軌条は、ピットロードの艦船装備セット(Ⅴ)から使用しています。
電信室の上には手摺を付け、ラッタルは汎用パーツを用いています。

魚雷発射管裏

魚雷発射管は裏面の魚雷部分の先端を黒色で、胴体をシルバー多めのクロムシルバーで塗装しました。
ひっくり返すと完全に見えなくなります。


魚雷発射管表

そして、魚雷発射管の先端は艶消し白で塗装です。

だいぶ、完成に近づいてきましたよ。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦娘 アオシマ 重雷装艦大井 製作手順 1/700 塗装

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ