プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/11/14 (Mon) 12:00
空母飛鷹建造日誌10日目(実艦に合わせた飛行甲板の白線塗装と最終仕上げ)

<1/700 特シリーズ 航空母艦飛鷹 昭和19年 フジミ製 建造日誌10日目>

前回までで飛鷹の飛行甲板の木甲板塗装を終え、白線も引きました。

今までの空母飛鷹建造記事はこちらで一気読み!
  ↓
空母飛鷹建造日誌一覧

しかしながら、飛行甲板の塗装をまじまじと見ていると、実艦の白線パターンを再現したい欲求にかられました。
艦船プラモデルを再開して、これまで11カ月の間、いろいろな手法を実験的にも試みながら技術習得をしてきた中、「リスクを恐れていては進歩なし」と木甲板への実艦に基づく白線引きの挑戦をすることにしました。

実艦のパターンは学研の「日本海軍艦艇図鑑」に掲載されているパターンに基づきます。
飛鷹飛行甲板塗装実態
合わせて隼鷹も載せておきました。この両者は基本的なパターンは同じで、隼鷹が緑の塗装になっています。

学研の「日本海軍艦艇図鑑」は全225ページのワイド版の本ですが、戦艦から駆逐艦、潜水艦まで写真やイラストが満載です。なんと言ってもこの本の売りは見開きで精密なイラストや模型が載っていることで、全ての船が網羅されている訳ではありませんが、ここでカバーされている42点に当たれば非常に参考になると思います。



さて、この図解によると既に3本線の白線は引いているので、艦首と艦橋横の矢印と後部エレベーターにかかる様にひかれているサークルを足せば良いことになります。

ここで、円については以前別の目的で購入したまま使わずにいた、コンパスカッターの存在を思い出しました。


これは直系1cmから15cmまでの円を切ることができる優れものです。

マスキングシールを何枚か重ねて切ろうと思ったのですが、うまく行きません。マスキングシートの様なものがあるのではと探したらありました。



これを利用することで何とかなりそうです。三本線の中央の線からサイドの線まで11mmの間隔で線を引いたので外径を直系11mm、内径は1mm小さくすると少し太く野暮ったく感じたので0.8mmほどの線にする為、10.2mm程の直系にしてマスキングシートをカットしました。

次に矢印です。
これは1mm幅のマスキングテープで矢印を作り、そこをくり抜くことにしました。

飛行甲板矢印

それらを貼ったのが下の写真です。

まあ、当然なんですが、矢印はセンターを合わせて張ります。
円は内径と外径の中心を合わせるように注意して張ります。

マスキングシート矢印

そしてエアーブラシで白線塗装をしました。

リンセ飛鷹10日目

さあ、仕上がりはどうなったでしょうか?

飛鷹塗装上がり

厳密には、図解の矢印と同じという訳ではないですが、結構近いせんに来ていると思いませんか?・・・自己満足かな?

あっさり、ここまで来ていますが、矢印パターンは5種類くらい作りましたし、土曜の午前中はほぼこれに費やしました。

甲板の他の部分のマスキングが不十分で白の塗料がうっすら広がって残ったりして、それを目立たなくするように修正したりして・・・。

部分的に塗装する時にもマスキングはしっかりするのが大事ですね!

ここは一気に行っちゃいます。

エッチングパーツの残りを全て装着します。ここでも、せっかく完璧に作ったはずの前部マストや起倒式マストを何かの拍子にぶつけて曲げたりして・・・・トラブルがありました。:(´◦ω◦`):

飛鷹エッチングパーツ全て装着

そして、空中線を張って「航空母艦 飛鷹」完成!

飛鷹完成右前

左前です。

飛鷹完成左前

今度は後ろから

飛鷹完成左舷後方

そして再び右前のアップ

飛鷹完成右前アップ

ここに来て、空母なのに何か寂しいと思いませんか?
そうです。飛行機がまだです。
題名を「空母飛鷹完成!」にしなかったのは飛行機がまだだからなのです。
とは言え、ここは作り出せば一気に行けるはず、今週末には本当の意味で完成品をお届けします!



ブログランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,製作手順,フジミ,空母,飛鷹,白線,実艦,隼鷹,エッチングパーツ,木甲板,

<< 思っていたより簡単、お手軽だった!空母の飛行甲板の塗装と白線引き | ホーム | 「対米国艦隊作戦第三法」 戦艦大和から発信! ~対ドゥーリットル空襲~ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム