プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/05/11 (Wed) 21:10
リノリウム抑えの線引き

塗装したリノリウム甲板にリノリウム抑えの銅?の塗装を行います。
凸モールド部分を面相筆で塗っていきます。カラーはタミヤのエナメル「ゴールドリーフ X-12」
これを少しだけエナメル溶剤(X-20)で延ばします。
薄めすぎるとにじむので少しほぼ原液に近いくらいで。面相筆で塗ってもまっすぐきれいにできないんですよね。
筆の腹で塗るより先端をモールドに合わせてまっすぐ塗っていく方がまだ直線に塗れます。
リノリウム抑えを筆塗装
塗った後はこんな感じ。
リノリウム抑えを塗装
拡大すると少し粗が目立つのですが遠目なら大丈夫かな。
上甲板と船体を接着します。
喫水線で切っているキット(ウオーターライン)は先に接着して塗装するんですが、フルハルモデル(喫水線の下もあるタイプ)は
個別に塗装して張る方が合理的ですね。
これでしばらく放置。
船体を輪ゴム止め
リンセは今日も眠そうです。
紙の陰から眠そう


関連記事

tag : 艦船プラモデル,艦むす,艦娘,初心者,島風,マックスファクトリー,製作手順,塗装,リンセ,

<< 上部構造物の取り付け | ホーム | 上部構造物の組み立てとエッチングパーツの取り付け >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム