プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/11/11 (Fri) 12:00
やっぱかっこいいですね!重巡 鳥海の艦橋の組み立て!重巡鳥海建造日誌2日目

「1/700 フジミ 日本海軍重巡洋艦 鳥海 昭和17年(1942年)建造日誌2日目」

図らずもですが、11月27日から公開される「劇場版 艦これ」ですが、その舞台は「アイアンボトムサウンド(Ironbottom Sound)日本語名「鉄底海峡」、日米の一大消耗戦の舞台になった場所です。

日米の多くの艦船や飛行機が海底に沈んでおり、鉄が敷き詰めている海峡からその名前が付けられ、一大スキューバダイビングの名所として現在では有名になっています。

そのアイアンボトムサウンドでの第一次ソロモン海戦で大活躍をした重巡鳥海ですが、今回はその特徴的な艦橋の組み立てです。

今回は、艦橋の組み立てとして、主に窓枠の設置とフジミ純正 鳥海専用エッチングパーツを使用します。

始めに鳥海の艦橋を見て見ましょう。

鳥海艦橋写真
モデルアート社「帝国海軍重巡洋艦総ざらい」掲載の1938年6月の写真です。

高雄型にはこの特徴的な「田」型の窓枠があります。
この田型の窓枠には 「海魂 艦艇用窓枠セットB」を使いました。



それでは艦橋の組み立てに入ります!
艦橋のパーツを切り出します。

鳥海艦橋パーツ

艦橋内のリノリウム部分にはリノリウム色をあらかじめ塗装します。
この時期は猫の毛が生え変わる時期で結構細かい毛が付着するので注意です!

鳥海リンセ1

そして窓枠部分を始めにニッパーで大まかにカットし、耐水ペーパーできれいに削って仕上げます。

鳥海艦橋窓枠下段削る

そして窓枠を曲がり角に沿ってきれいに曲げた後、艦橋のやすりで削った部分に瞬間接着剤で付けていきます。

私は下段の窓枠をつけてから、艦橋の舷窓の穴あけをしたのですが、エッチングパーツを取り付ける前に穴あけをした方がいいです。穴の大きさは0.4mm程度直系のピンバイスだったかと思います。

鳥海艦橋ピンバイス

では、窓枠を付けていきます。上の写真にある様に鳥海さんの窓枠は全て「田型」です。しかし、一番下の窓枠はちょうどよい高さのものがなかったので、通常のものを取り付けました。今だったらやっぱ田型にこだわったかなあ。

鳥海艦橋各窓枠設置

2段目の窓枠が少しはみ出ているんですね。純正だとこのようなことがないのですが。これを防ぐには途中の角で調整するしかないですね。この時の私は気にしなかった様です。

そして組み立てます。下の写真はまだ仮組みです。

鳥海艦橋窓枠設置

艦橋には純正エッチングパーツを取り付ける箇所も多くあります。

鳥海専用エッチングパーツ



エッチングパーツの説明書です。

フジミ鳥海エッチング説明書

説明書裏

フジミ鳥海エッチング説明書裏

それらを取り付けました。

艦橋エッチング終了左前

これで艦橋はほぼ準備が整いました、後は他の上部構造物を組み立てて塗装に移ります。

やっぱ、いいもんですね!鳥海の艦橋!

ブログランキング!ポチッとお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,フジミ,1/700,重巡,鳥海,製作手順,艦橋,窓枠,エッチングパーツ,

<< アイアンボトムサウンド(鉄底海峡)での死闘・第一次ソロモン海戦での重巡鳥海の活躍! | ホーム | さあ、金剛のリベンジなるか?フジミの高尾型重巡鳥海に挑戦! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム