プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/11/08 (Tue) 12:00
空母飛鷹建造日誌8日目(高角砲設置、飛行甲板貼り付けから白線引き)

<1/700 特シリーズ 航空母艦飛鷹 昭和19年 フジミ製 建造日誌8日目>

前回までで飛行甲板の色分け塗装を終了しました。
次は高角砲を設置し、飛行甲板シールを貼りつけ、白線引きまで行います。

早速高角砲を設置します。
飛鷹の高角砲座は木張りでした。この木甲板のセットには高角砲の台座の木板も用意されています。
飛行甲板と同様に色塗りしたものを貼り、高角砲を設置します。

飛鷹高角砲設置

しかし、フジミさんの高角砲のディテールといい、やはり非常にリアルですね。ほれぼれします。

次に、飛行甲板を取り付け、先に色を塗った木甲板を貼り付けます。

飛鷹木甲板貼り付け

下の無塗装の状態と比べて下さい。
飛行甲板、結構いい質感が出ていると思うのですが、どうでしょうか?

飛鷹木甲板無塗装

ところで、あっさり飛行甲板の接着が終わってますが、実は結構苦労しました。
特にエッチングパーツを用いると、飛行甲板の周りのガイドエッチング部分とA6、A7、A8と言った艦橋側の船体側面の上部についているポコッって出ている部分、機銃射撃装置(?)が飛行甲板の下面と干渉してしまい、うまく接着しませんでした。
私は、少し当たる部分を削ることで飛行甲板を接着できたのですが、せっかくの細かいモールドを削ることになり大変残念です。

飛鷹干渉部分


フジミさんのディテールの細かいモデルはパーツが多く入り組んでいるためにエッチングパーツを用いた時にプラ部分とエッチング部分が干渉することがあります。私が下手なせいかも知れませんが、ほんの0.3-4mmかそこらだと思います。
(以前、作成した鳥海でもありました。ブログまだ未掲載)

次に白線を引きます。

この木甲板セットには白線用のマスキングシールがついています。

しかし、私このマスキングシールを失くしてしまいました。(T_T)
飛行甲板で一番難しいのは白線引きで、そのマスキングシールを失くした自分の管理能力の欠如を呪ったのですが、冷静になってみるとこのマスキングシートに従って引いた白線はちょっと納得がいかないものになった様な気がします。

日本の空母は、雲鷹、冲鷹といった実用性のない、実質飛行機輸送船として使われた商船改造空母以外は飛行甲板に3本の白線が引かれていたイメージなのですが、付属のシートには中央の1本しかありません。(但し、大鳳は1本線。他の空母も時期によって違うのかも知れませんが)

付属のシートの様なパターンが飛鷹にあったのか分からないのですが、シートを失くして白線パターンを調べなければ気が付かないとこでした。せっかくシートを失くしたので前向きに考えて3本の白線を引くことにしました。

まずはマスキングを行います。

飛鷹飛行甲板白線マスキング

なにか全身包帯巻の飛鷹さんです。私は中央の白線から両サイドの白線まで11mmの間隔を開けて3本の線を入れました。
中央は点線、両サイドは実線の白線です。

これに白色の塗装をします。
実際には薄めに塗って少し地の色を出すくらいの方がリアルなのですが、加減をすると塗られていない部分が出たりするのできっちり塗装します。

飛鷹木甲板白色吹き付け

そして艦尾の紅白の塗装の為にマスキングします。

飛鷹飛行甲板艦尾

ここに、アクリル溶剤ののタミヤカラーのレッドを吹き付けます。

さあ、御開帳です!

飛鷹飛行甲板白線塗装後

正確には更に、艦首の方と艦橋の横の方に矢印の様な白線と、後方エレベーター付近に〇の白線が入るのですが難しすぎるので現状では省略しています。(マジックアートさんのマスキングシートを使えば簡単にできると思いますが・・・)
艦識別の”ひ”と言う文字が艦尾の方に入るのですが、はエッチング部分なのでデカールを後で張ります。

次回は艦橋の組み立てと設置です。結構完成まで近づきました。
ぽちっとお願いします。↓( ̄^ ̄)ゞ
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,フジミ,製作手順,空母,飛鷹,飛行甲板,木甲板,白線,

<< 空母飛鷹建造日誌9日目(艦橋の組み立てから飛行甲板に設置!ほぼ完成!) | ホーム | 空母飛鷹建造日誌7日目(艦尾ボート設置と飛行甲板塗装) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム