プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/11/06 (Sun) 12:00
国連宇宙海軍ユキカゼでテラリウムを作ってみました!

国連宇宙軍 磯風型突撃宇宙駆逐艦 ユキカゼでテラリウム

皆さんはテラリウムというものをご存知でしょうか?

テラリウムの定義は次の様なものらしいです。
・植物を硝子容器にいれる。
・その中で育成させる。
・光合成を利用して育てる。
小物などで飾ることができます。

ロンドンが発祥の地で世界中に広がっているとのことですが、TV番組で羽生選手がチャレンジしたりして流行に拍車がかかっている様です。
本来は密閉したガラス容器で作るものだったのですが今ではそんな意味合いも薄れています。

本来、艦船プラモデルがテーマのブログ(て言っても度々脱線してますが)ですが、私もちょっとしたテラリウムらしいものを作ってみたのでこの機会に記事にして見ました。

<巨大植物の惑星に不時着したユキカゼ>

テラリウムユキカゼ斜め俯瞰

テラリウムはガラス容器で植物を育てるので、コケ類や多肉植物(サボテンの仲間)、エアープランツなどを使うことが一般的です。
私はあまり手入れの必要のない多肉植物で作ってみました。

宇宙戦艦2199ヤマトにも出てくる「国連宇宙軍 磯風型突撃型宇宙駆逐艦 ユキカゼ」を見つけたので購入し作ってみたところ、ただ飾っておくのも寂しいと思いテラリウムにしてみた次第です。

tera雪風真俯瞰

宇宙戦艦ヤマトに出てくるユキカゼは主人公古代進の兄、古代守が船長で冥王星会戦時にただ一隻残り、キリシマ撤退の盾になり、最後は土星の衛星に不時着し氷結しているところを古代進や森雪に発見される(古代守は行方不明)って感じだったかと思いますが、そこがなぜかエンドアの様な熱帯性の巨大多肉植物の星に不時着したという想定です。(じゃあどこだ?太陽系ではない?)

それにしても、ユキカゼって磯風型だったんですね。これを買うまで知りませんでした。
箱には磯風型って書いていますがイソカゼ型っていうことはないですよね。(不明)
名前はカタカナ表記のはずが、船体には平仮名表記。あまりこだわっていないのかも知れません。

一応プラモデルの紹介です。

ユキカゼの箱です。
バンダイさんお得意のスナップキットですよ。組み立てはあっと言う間にできます。

国連宇宙軍ユキカゼ箱

中身です。設計図は箱の裏に書いていました。

ユキカゼ箱中身

そしてユキカゼの完成品です。

国連宇宙軍ユキカゼ完成

塗装は箱の指示通り、本体はシャインレッド、イエロー部分はイエロー70%・ホワイト30%・オレンジイエロー少量、明灰白色はホワイト60%・明るめのグレー40%・ウッドブラウン少量、窓はマリンブルーです。
簡単に墨入れをして、付属のシールを張っています。

仕上げは艶消しのクリア。
正直、製作より塗装の方がよっぽど時間がかかります。

テラリウムの使っている多肉植物は、セダム属銘月、ハオルチア属十二の巻、サボテン族、もう一つは分かりません。
最初は苔に乗せようと思ったのですが、苔は結構水分がいるので止めました。多肉植物も1週間に一度は水が必要です。

テラリウムを入れた容器はこれです。↓



テラリウムに興味を持った方は、検索すると結構出てきます。(ここはちょっと不親切ですが、私もあまり詳しい訳ではないので)
結構凝ったものも多くて、トトロや色々なタイプのものがあって一見の価値ありです。

時にはこう言うのもいいかなって思ったのですが如何でしょうか?
昨日、気合を入れて書いたので疲れました。(しかもブログを書いている途中でやたら落ちて、書いたのがおじゃんになるし)
今日はちょっとゆっくりとした感じです。

ちなみに、うちではこんな風に飾っています。

ユキカゼと島風

なぜか、雪風とではなくて島風との2ショット写真なのです。

ポチッとお願いします。↓( ̄^ ̄)ゞ
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,バンダイ,ゆきかぜ,国連宇宙軍,テラリウム,多肉植物,

<< 空母飛鷹建造日誌7日目(艦尾ボート設置と飛行甲板塗装) | ホーム | 特に艦船プラモデル初心者に見て欲しい! メーカー別、ディテールアップ別に見る完成度の違い まとめ(駆逐艦編 フジミ 駆逐艦雪風からウォーターライン秋雲まで) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム