プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/11/04 (Fri) 12:00
駆逐艦 秋雲 建造日誌となか卯カードのご報告

長らく行ってきた駆逐艦建造建造シリーズの最終は駆逐艦秋雲です。面白いエピソードもあります!

この娘秋雲を探し求めて艦これ5-2を何度も周回してますが、未だでない娘です。この娘が出ないと翔鶴、瑞鶴が装甲空母にコンバートできないんですよ。(艦これネタです)

秋雲小

ところで、この秋雲長らく夕雲型に分類されていました。しかし、2番砲塔が機銃に変更されていることに加え(夕雲型は12.7cm連装砲がD型なので変更されていない)艦橋の写真が見つかり決定打となって晴れて陽炎型認定されたという経緯があります。

さてまずは「1/700 駆逐艦 秋雲 1943」建造記録から

秋雲箱

ご存知、ウォーターラインシリーズの駆逐艦秋雲です。このキットは2004年6月の比較的新しいキットです。

初心者お勧めの艦これプラモデルとして、以前の記事で陽炎型を上げましたがこれも同じキットになります。


おすすめの艦これプラモデルはこれだ!

では見て行きましょう。
まず中身から

秋雲中身

Xランナー以外は一袋に収まるのがWLの駆逐艦です。
では船体の組み立てです。

秋雲船体接着

まずはしっかりと艦底を取り付けます。
後は各パーツを組み立てて、リノリウム部分を塗装します。

秋雲パーツの作成とリノリウム塗装
そして軍艦色(2)で船体を塗装した後、主砲のカバーやカッターなど面相筆で白塗装します。

秋雲塗装済み

これを取り付ければ出来上がり

秋雲左舷

簡単ですよね。
過去案内した40年来の古参キット ハセガワ 駆逐艦夕雲や タミヤ 駆逐艦島風に比べて、
2004年初出なので比較的モールドもしっかりしており、素組みでも、こぎみよいキットです。

価格も1000円切るのが普通なので初心者お勧めのプラモデルです。ちなみに製作期間は前出の山雲(朝雲)と2隻同時製作なので2日間かかりましたが、一隻に集中すれば一日で余裕で出来ます。



艦首から見たところです。
秋雲左舷前

そして艦尾から見たところです。
秋雲左舷後ろ



結構、甲板のモールドもしっかりしているのが見て取れますね。

この娘なか卯のカードキャラでもありました。

以前のキャンペーン情報はこちら
     ↓
なか卯キャンペーン情報

結局、キャンペーン期間中、趣味のテニスの練習や試合の帰りになか卯に寄ったのが3回、第一弾でもらったカードがこの4枚

(ちなみに私事ですが、今期チームはリーグ戦準優勝、上部昇格戦では負けちゃいました、来期再挑戦です)

なか卯第一弾

赤城さんが2枚です。

そして第2段でGetしたのがこの1枚

なか卯第2弾金剛

金剛ちゃんが出たので後は打ち止めにしました。


そして、この駆逐艦秋雲となか卯コラボキャンペーンのコラボがこれ!

秋雲なか卯小

駆逐艦秋雲 艦これモデル

<秋雲の南太平洋海戦でのエピソード>

ところで、この秋雲、艦これの世界ではイラストレーターであったり、薄い本好きであったりという結構キャラ立ちがはっきりしてきております。

エピソードの元ネタは、「南太平洋海戦」、空母隼鷹飛行隊のとどめの攻撃でホーネットは大破炎上状態でも沈まずに浮かんでいました。

そこに現れた秋雲と巻雲!最初は曳航するように言われて来たのですが、駆逐艦に引けるはずもなく、沈んだら巻き込まれるしやっぱ無理!と言うことで、魚雷で沈めることに。

「沈めるところ写真に撮ろうっと」 でも夜だし無理みたい。
秋雲「だったらイラストで描いとこ」

そこで、暗いから灯りがいるでしょっとばかり、敵の潜水艦がいるかもしれないのに探照灯を点けて照らし出す!
そのやり取りを知らないみんなはびっくり!

巻雲「なにしてんの~ばか~」
てなやり取りがあったとかで、秋雲のキャラはイラスト好きのアキバ系になりました。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければ、ぽちっお願いします。
↓ ( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,アオシマ,なか卯,カード,秋雲,初心者,製作手順,金剛,赤城,

<< 特に艦船プラモデル初心者に見て欲しい! メーカー別、ディテールアップ別に見る完成度の違い まとめ(駆逐艦編 フジミ 駆逐艦雪風からウォーターライン秋雲まで) | ホーム | 駆逐艦山雲(駆逐艦朝雲)建造日誌 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム