プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/10/28 (Fri) 12:00
駆逐艦夕雲 建造日誌5日目(ついに完成!) ついでに島風!

1/700 駆逐艦 夕雲 ハセガワ ウォーターラインシリーズ ついに完成!

さて、長らく紹介してきた駆逐艦夕雲の製作手順ですが、後は、
① 揚旗索(マストから降りている旗を上げ下げする空中線)
② 7mカッター周りのグレイブバンド(船を留めるバンド)
③ 空中線
④ ウエザリング


のみになりました。

夕雲グライブバンドと楊旗索

ここのところ、楊旗索は伸ばしランナーを細く作ったものを接着していくのが気に入っています。
ここをメタル製の鮎ゲッター(釣り糸)などにしてしまうと目立たなくなりすぎてしまうからです。
それにプラ製の方が取り回しが楽なんです。

簡単にカットできるし。

7mカッターを留めるバンド(グライブバンド)は今まで3通りの方法で試してきました。
結構悩んで来たんですよね。

①シールテープ 私が初期に作った島風(Ⅱ)(タミヤ)で使ったものです。
いわゆるゼカマシ、最速の駆逐艦島風!作成記録はこちら駆逐艦島風(タミヤ)建造記録

駆逐艦島風タミヤ左


 シールテープはそれっぽいのですが、弾力性、粘りがありすぎてハサミではきれいに切れません。カッターナイフなどで押し切る様に切りますが中々、上手に真っ直ぐ切れないのです。島風はプラモデルを再開して最初の方に作ったものですが今ならもう少し手を加えたくなります。

②ただの裁縫糸

初代島風の建造記録はこちら初代 駆逐艦島風 建造記録
この初代島風の建造記録にウエザリングの方法も掲載してます。(まだ不慣れでお恥ずかしいところですが、当時の精一杯)

 島風(初代)ぜかまし

初代島風(ピットロード)を作った時に使用した方法です。簡単なのですが、このバンドは本来やや平たいものなのでそこだけが弱点です。初代島風は小さい駆逐艦なので余り目立ちません。

③トレーシングペーパー

夕雲スキッドビームとグライブバンド

夕雲で使った方法はこれ、トレーシングペーパーをカットしたものです。完成したプラモデルを撮影するのに簡単なスタンド照明を買ったのですが光がやや強すぎてトレーシングペーパーで少し遮光するのに買いました。それを細く切ってバンド状にしたものです。

少し空けて見えるのが弱点です。白色をマジックか何かで塗った方がいいのかも知れません。
未だ悩み中です。

スキッドビームの影の部分は黒の筆塗りです。フリーハンドで書いたので拡大すると少しぶれてますね。少し不器用なとこです。

夕雲完成

で、空中線とウエザリングを施して完成です!
空中線は金属製の0.06mmの釣り糸、鮎ゲッターです。



夕雲はこのキットであるWLシリーズのハセガワ製とピットロード製の2種類があります。
(正確にはタミヤのモーター付きなんてのもあるのですが)



今まで書いてきた通り、明らかにピットロードさんの夕雲の方が精度は高いです。
だけど値段は高い。
もし夕雲を作ってみたいと思って方はこの<精度と価格と手間>。どれを優先させるかで決めた方が良いでしょう。

さて、ウエザリングはいつもの様にレッドブラウン(エナメル)に黒を少し入れたものをエナメル溶剤で薄めたものを使用仕手います。

さあ、やっと駆逐艦夕雲の完成です!

左舷から見るとこんな感じです。
夕雲左舷真横

後ろから見たところです。
今まで書き忘れましたが、3番砲塔の後ろのホーサーリールもピットロードの余りパーツです。海軍装備セットⅤにも付いています。
救命浮標は確か、雪風のエッチングの残りを使用しました。

夕雲左後ろ

そして前から見たところです。

夕雲左前

艦橋前のホーサーリールも同様にピットの余りパーツです。
どうでしょうか。まあ、ベテランの方から見れば問題もあるでしょうが、1000円もしないウォーターラインシリーズの40年来の古参キットが結構最新ッポイ駆逐艦のモデルになった様に感じます。

正直、以前紹介した駆逐艦叢雲の方がエッチングパーツを使用したにも関わらず、よっぽど簡単でした。
作成期間も主に土日の作業ですが、2.5週間ほどかかりました。
どの様に攻めていくかが慣れてなかった為でもあるのですが結構手間取りました。
(夕雲と叢雲で約1か月掛かりました。フジミの雪風、天津風(浦風改造)が1か月強なのでこれと同程度かかったことになります)

結構長くやって来ました夕雲建造日誌ですがを、その全てを見ていただいた方がいましたら長らくご清聴ありがとうございました!
( ̄^ ̄)ゞ


関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 製作手順,作例,ハセガワ,夕雲,島風,ピットロード,バンド,艦船プラモデル,

<< フジミ 1月新製品発売情報(遅ればせながら) | ホーム | 駆逐艦夕雲 建造日誌4日目(艦上艤装物の設置と塗装) 艦船装備セットⅤとかピットロードのパーツ使いまくり祭りだ! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム