プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/10/23 (Sun) 12:00
一押し!「艦これプラモデルNo26 軽空母龍驤」は格納庫まで再現されている優れもの!龍驤ってなんか安宅船に似てますよね。

先日、ベースになっているウォーターワインシリーズをもとに艦これプラモデルのおすすめを勝手に順位づけした訳なのですが、
       ↓
艦これプラモデルの一押しはこれだ!

ひとつ実際にお越しになってその検分をし、きちんと確認しなきゃいけないなということで
「艦これプラモデル No26 軽空母龍驤」ちゃんにお越しになっていただきました。

長門 屈曲煙突ももちろんNO1押しなのでお越し願った訳ですが、こちらは後日。

艦これ龍驤箱
<艦これプラモデル 軽空母龍驤> 二次改装後がベースです。

どうも私は、その昔、WLシリーズの戦艦から空母、はては駆逐艦、潜水艦、ドイツ艦までなんか一通り集めてしまった関係で少し、マニアックでユーモラスな艦形の船が好きな様です。

それと出身が広島なので、呉関係をひいきにしちゃいます。
(カープこのまま日本一!じゃ)
っていっても龍驤に限って言えば、生まれは横須賀ですが呉を母港にしていました。

空母龍驤は、知っている人は知っている割と有名な部類に入る軽空母かな?っと思います。
(もちろん、赤城や加賀にはかなわないですけど)
名前は当時の軍艦の空母の命名基準から瑞祥生物の龍から採られています。

起工当初はワシントン軍縮条約の影響を受けて、排水量10000tに絞られて作られた訳ですが、建造途中でロンドン条約で10000t以下の航空母艦にも制限がかけられた為、10000tに絞られる必要がなくなり、その能力を強化されました。

船体は青葉型巡洋艦をベースに当初一層だった飛行機格納庫が二段に変更され、何とも言えない違法建築ばりの船形になりました。
私は戦国時代の安宅船を連想してしまうんですよね。

村上水軍の安宅船模型
<ウイキベディア 安宅船より抜粋>ちゃんとウィキさんには寄付もしてますし借ります。

なんか似てるでしょ。
本屋大賞で選ばれた和田竜さんの「村上海賊の娘」にも盛んに出てきますよね。
和田竜さんの本は面白いし、映画化が次々されているので、きっと映画化されますね。

さて、なんでこんな形になってしまったかと言うと、上にも書いてますが途中で10000tにこだわる必要がなくなったので海軍からの要請で搭載機数を36機まで増やすために2段式の格納庫にした為なんです。

今回のキットは2段式格納庫もちゃんと再現されています。

艦これ龍驤格納庫と飛行甲板

右のランナーにちゃんと格納庫があるでしょ。なんかうれしいですよね。これ完成品でどう表現したらいいのかな。
エレベーター一基は下げた状態にするかですね。

ちなみに全ランナーはこちら

艦これ龍驤中身

飛行甲板は軍艦色とタン(どうみても黄土色だが)色の2種類が用意されています。
無塗装でもいいという方への配慮かな?だとしたら艦底は艦底色にしたいところですが、ウォーターラインなのでぎりぎりOKかな。
説明書はオリジナルです。

飛行甲板はきちんと横張りと縦張りの木甲板に分けてモールドされています。
艦これ龍驤全体図面

上の写真ではモールドが分かりにくいので説明書からです。
木甲板が縦張り部分と横張り部分にきちんと分けられているのが分かります。

龍驤は日本で唯一の横張木甲板の空母でした。
塗装にはこの辺りこだわらなければなきゃですね。

これらのこだわりは艦これプラモデルシリーズのみならず、もちろんウォーターラインシリーズでも再現されているでしょう。

最後に艦これプラモデル付属の艦娘セットです。

艦これ龍驤付属

ディスプレイシートは両面印刷です。
艦これ龍驤DPS

「うちのこと大切に思ってくれてるん」

そうです

龍驤と言えば、2回にわたる改装と第四艦隊事件での艦橋圧壊ですね。次回は、フジミさんの一次改装後龍驤(これもずいぶん前につい買ってしまった)と見比べて行こうと思います。

関連記事

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,龍驤,空母,アオシマ,ウォーターライン,

<< 軽空母龍驤 アオシマ製2次改装後とフジミ製1次改装後、その違いを比較してみた!~友鶴事件や第四艦隊事件の概略を添えて~ | ホーム | 艦娘 水上機母艦 秋津洲ちゃん、アオシマさん発売を発表!二式大艇も付いてるよ! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム