FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:艦娘の話題
祝!「艦これ6周年」 戦艦金剛改二丙にちなんで金剛を集めてみました!


艦これ、ついに6周年ですか! 
おめでとう~ございまーす!!!!!!
パフパフパフ!

ブラウザーゲームが普通どのくらい続くものか分かりませんが、15年以上つづいている「ラグナロクオンライン」や「信長の野望 ON LINE」なんてのもあって、(て15年以上続いているのってやっぱ凄いですよね)
それより遥かに多くのゲームが出ては消えている訳で「艦これ」も長く続いて欲しいものです。

私が艦これを始めたのは2015年なので今年で4年目になりますか・・・・・

ネット環境に触れられる時にはほとんど毎日最低演習くらいはしている訳で、こんな続けているゲームは他にはない訳です。

15年といわず、何十年も続いて欲しいものです。


金剛改二丙!!t

さて、戦艦金剛ちゃんは見事変身を遂げました!
おお~! 神々しい!
美しさにより磨きをかけ、金剛改二丙へ!


この時の為に、設計図は4枚、戦闘詳報は10枚、新型砲填兵装資材も10、開発資材はほぼMAX3000くらいと貯めていたので(自然に貯まっていただけですけど)大型改装は問題ないはず!
て訳で即、改装しました。

金剛ちゃん改二丙へs



因みに必要な資材は画像の通りでした。

金剛ちゃん改二丙ちなみにs

付いて来る武装はこんな感じです。


※金剛愛について語っている割にLv140とは愛が足りないのではという声にはその通りとしか言いようがありません
  
でもうちの鎮守府では最高Lvはキープしています。
瑞鶴、翔鶴、長門、大和、大鳳、阿武隈と続きます。


さて、このブログは一応、艦船模型と艦これ関連のブログです。

なのでこれまで(恥ずかしくて)載せてこれなかった金剛さんの模型もこの際載せたいと思います。
(お目汚しですいません!)


金剛型戦艦はウォーターラインシリーズではハセガワさんが担当しています。
だけども私は未所持なんですよね。



金剛3姉妹

上から、カジカの「戦艦金剛1914年」 一次改装前です。

巡洋戦艦金剛1914左舷

素晴らしいキットでした!
作りやすくて精密です。 中国製品ですが非常にいいできです!


カジカはフライホークの別ブランドですから、そのクオリティはご存知の方はご存知だと思います。

カジカさんの戦艦金剛1914年 ヤング金剛の建造日誌はこちら
 ↓
カジカ 戦艦金剛1914年建造日誌 



<フジミ製 戦艦金剛1944>

金剛1944

このキット、私がプラモデルを長~く10年以上も、離れてから再開した後の最初の戦艦です。
エッチングパーツを扱うのも初めてでロクに道具も揃ってなくて・・・・・。

好きな船は最初に作りたくなる⇒思ったようにできない。
という流れのものです。
その後、改修工事を行いましたが完全にとはいっておりません。

黒背景にして、少々ごまかしております。

最初の方なので建造日誌等もありません。


<フジミさん 戦艦金剛 1941年(海戦時)>

金剛1941年箱

1944年が思ったようにできなかったのでリベンジに購入したものです。

ご覧の様にまだ手を付けていません。
次こそは! と思いつつ、駆逐艦時雨ちゃんお次は重巡摩耶にしようとも思ったりして・・・・・・。
どうしようかなって感じです。

金剛1941図面

フジミさんの最近の製品らしく精密なはず。

金剛1941EP

ちゃんとエッチングパーツも用意してます。

<ちび丸艦隊 戦艦金剛>


ちび丸艦隊金剛

おまけです! 無塗装ではめ込んだだけで作れるスナップキット。
1~2時間もあれば作れます。

今年も艦これとプラモデルはそこそこのペースでぼちぼち続けていきたいと思います。
(最近模型はペースが凄く遅くなってますが・・・・・・)

人気ブログランキングに参加しています。

宜しければクリックをお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ
 
艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 1/700 フジミ 戦艦金剛 カジカ

DATE: CATEGORY:艦船に関する映画の紹介
「ハンターキラー 潜航せよ」を見てきました!



ハンターキラー
※画像はパンフレットより抜粋してます


今回は模型ではなく、映画の話です。

「ハンターキラー 潜航せよ」 見てきました!
(調度、14日はワーナーシネマズデイ、会員は映画が1100円になるのです。)

ハンターキラーパンフレット


潜水艦映画、時々あります。
でも中々ドラマにするのが難しいのかそんなに沢山は出てきません。

勇名どころだと、「眼下の敵」、「U・ボート」、「レッド・オクトーバーを追え!」他にもあるのでしょうが、私がみたことがあるのはこの位です。

でもこれら3つの映画はどれも面白い傑作でした。
※私は映画もまあまあ好きで恐らく大体のメジャーな映画は見ている自信があります。



ストーリーはネタバレなので言えませんが、本作の主役 ハンターキラーこと攻撃型原子力潜水艦 バージニア級27番艦「アーカンソー」がたたき上げの艦長ジョー・グラスの指揮の元、大活躍し世界を救う! そんな映画です。



『ジェラルド・バトラー』

ジェラルド・バトラー

艦長を演じるのは「ジェラルド・バトラー」、映画好きな人はどの映画を思い出すのでしょうか?

私は、「300」<スリーハンドレッド> のスパルタの王様、レオニダスを演じたのを思い出します。

「300」てのはペルシア戦争のティモピュライの戦いを映画化したもので300名のスパルタの親衛隊が100万のペルシア軍を隘路で押しとどめたといわれた戦いを映画化したものです。(実際には100万ではなく、20万くらいらしいですが、それでも圧倒的な数)

結局、後ろに廻り込まれて敗れるのですがここで時間稼ぎをしたおかげでギリシア連合はサラミスの海戦で勝つことができたといわれています。

他にも有名な俳優では「ゲイリー・オールドマン」が出ています。

あの映画「レオン」で狂気の刑事を演じたのは未だによく覚えています。でも今回はだめな人の役です。
(レオンは私の中でベスト10に入る名画だと思っています。特に完全版)



『アーカンソー』

アーカンソー


話しがそれましたが

このアーカンソー 2023年2月竣工予定の潜水艦らしいです。

「ハンター・キラー」てのは潜水艦を狩りだして撃沈する能力をもった潜水艦という事らしいです。

でも海戦に詳しい方はご存知の通り、第二次世界大戦当時は潜水艦を潜水艦で攻撃するという発想はほとんどなく、ごく少数の例外以外はその様な戦いはありませんでした。

(一例を出すと、第二次世界大戦で日本の潜水艦が連合軍の潜水艦を56隻くらい沈めているのですが、そのうち潜水艦で沈めたのはたった4隻だけです。)

しかし、現代戦では潜水艦に潜水艦で当たるというのはそれほど可笑しい戦術ではなく、むしろ基本戦術の一つなのです。

しかし、このパンフにある様にアーカンソーの水中速度 34ノット(米国海軍公称25ノット)、試験深度 488m(公称122m)ってのは本当でしょうか? 凄いですよね。


『ミスティック』

ミスティック

アーカンソー搭載の潜水艦救難艇です。レッドオクトーバーを追え!でも登場!


タンパ・ベイとコーニク

アメリカのロサンジェルス級攻撃型潜水艦 「タンパ・ベイ」とロシアのアクラ級攻撃型潜水艦 「コーニク」です。


潜水艦映画といえば、ソナーのピーンって音の緊張感がなかなかのもんです!
少々、ご都合主義的なところはありましたがあっという間の122分、楽しかったです!

でもロシアの駆逐艦ってあんなに高性能なんでしょうかね~? 

人気ブログランキングに参加しています
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング
DATE: CATEGORY:駆逐艦時雨(フジミ)
駆逐艦時雨マストを作り始めました その2


東京では桜は先週末がピークだったようです。


時雨Tシャツg

さて、ゆっくりと駆逐艦時雨をつくっております。

これまでのフジミ製 駆逐艦時雨 建造日誌はこちら 
 ↓
駆逐艦時雨 スリガオ海峡時建造日誌

先週に引き続き駆逐艦時雨のマストな訳ですが、フジミさんのそもそものキットではこのようになっています。

時雨艦橋図面


マストの横の棒を「信号桁」といって、様々な信号をここに吊り下げるのですがなんだかこの位置が不自然に感じます。

何かな~と思い、白露型後期建造艦ではありますが、1943年11月当時の海風の写真を見てみます。

時雨レイテ時マスト予想

時雨や五月雨は白露型でもっとも遅くまで生き残っていた艦ですが、この海風と同じようなマストの構造だったと思われます。

13号電探はもっと高い位置だったかも知れませんが……。何となく信号斜桁あたりから伸びている船が多いように思い込んでいたのでこの位置に取り付けました。

それと22号電探は、ピットロード 新艦船装備セットからです。


で、できあがったマストがこちら

時雨のマスト

矢印のところは非常に見えにくいですが、伸ばしランナーでトラス構造?の支柱を作りました。


とまあ、マストはこんな感じです。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
 ↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦これ 1/700 フジミ 駆逐艦時雨 1/700

DATE: CATEGORY:駆逐艦時雨(フジミ)
駆逐艦時雨マストを作り始めました その1


一週間ぶりの更新です。
ちょっとしばらくの間、こんな感じですが少しずつ、駆逐艦時雨を建造しています。

春の時雨s


駆逐艦時雨はマストの自作を初めました。

これまでの建造日誌はこちら
 ↓
駆逐艦時雨 スリガオ海峡沖海戦時建造日誌


フジミさんのこのキットは前期建造艦からマストや2番砲塔の機銃への換装など大戦後期に改造した様々な箇所を置き換えたキットになっています。

そして今使用しているエッチングパーツは白露型前期建造艦の初期を再現したもの。
大体は問題ないのですが、白露型の大戦後期まで生き残った駆逐艦時雨と五月雨はマストの形状が初期と異なっています。


<白露型前期建造艦初期のマスト形状>

白露型初期


<駆逐艦五月雨 1944年時>

五月雨艦橋付近
※モデルアート社 帝国海軍駆逐艦総ざらいより抜粋

で、モデルアート社の五月雨は22号電探はついていて、下の日本駆逐艦物語掲載の図での(下は時雨ですが五月雨も同様)マストは22号電探に13号電探も設置されています。

駆逐艦時雨兵装g
※光人社 日本駆逐艦物語より抜粋

フジミさんのこのキットは駆逐艦物語の方を採用しているようです。
(13号電探も22号電探も付ける様になっている)


どちらが正解はワタシは良く分からないのですが、フジミさんのキットの方を採用することにしました。

時雨マスト構築

フジミさんのキットのマストの太さはノギスで測ると0.5㎜程度ありました。
プラモデルとしては細くできていると思うのですがどうしても太く感じるんですよね。

通常は手を抜いて横棒だけ真鍮線に置き換えるのですが、マスト形状も違うので全体を0.2㎜真鍮線を使用して自作することにしました。


模型始めた頃はマストを作成する際に0.3㎜真鍮線を使用していましたが、どうしても太く感じるので秋月からは0.2㎜真鍮線を使用しています。

長さは、模型のサイズで大体合わせています。

しかし、これでも太く感じたりするんですよね。
将来的には0.1㎜でつくる時もあるかもしれません。

X字の支え(トラス構造?)は次回までに延ばしランナーでつくるつもりです。

時雨マスト構築2

で、22号電探を設置する水平部分は0.3㎜プラ板で作りました。
マスト途中の水平部分は0.1㎜くらいのプラペーパーで作っています。


時雨マスト構築後ろ

秋月型後期のマスト形状は斜めの部分があったりして少々手間がかかるのですが、その他の駆逐艦はやっぱり駆逐艦でマストは比較的単純です。

手作りもそんなに難しくないので試してみるのもいいかもしれませんね。


人気グログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
 ↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

tag : 艦船プラモデル 艦娘 フジミ 1/700 駆逐艦時雨 マストの自作


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ