FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/09/28 (Fri) 12:00
伊号第400潜水艦、401潜水艦、伊号第14潜水艦完成写真です!

伊号第400潜水艦、401潜水艦、伊号第14潜水艦完成写真です!


今日、電車で通勤していると満員電車の私の前で艦これをスマホでやっている女性提督を拝見しました。
通勤中に見たのは初めてなので少し親近感がわきました。

岸波を取得されていた様でレベリングをされているようにお見受けしました。

私の方は、ついにイベント完遂です。
ていっても、甲甲甲甲で最期は乙といつもの様に最終海域は乙に逃げてしまいました。

E-4で疲れちまったんですよね。でもE-5 1本目でプリンツが出たのは嬉しかったですね~!
正直、イベントを完遂したことよりもプリンが出たことの方が嬉しい。
特集記事を作りたいくらいです!(つくるかも)

ともかく、ここで私は燃え尽きてしまったのです。

閑話休題!

模型の方ではながらく潜水艦を作っていました。
こんなに潜水艦だけで引っ張るのも飽きて来たのでそろそろ完成に近づけなければ!

せっかく完成したので完成写真です!


これまでの建造日誌はこちら
 ↓
伊号第400、401及び伊号第14潜水艦建造日誌



<伊号第400潜水艦 童友社>


伊400潜水艦

フルハルなので背景は黒で写真を撮ってみました。
近くのCVSでA3の紙を蓋を開けてコピーをして真っ黒にしたものを背景に利用しています。
(¥20)

ところで、なんで艦底色は緑~?、とかこの灰白色の船体色は何?とかあったらこれまでの建造日誌を除いていただけると
幸いです。



<伊号第401潜水艦 ピットロード>


伊401潜水艦g

上と何が違うの?


ごもっともです。
でもピットロードさんの伊号潜水艦は艦載機格納庫のハッチが開くのです。



せっかくなので晴嵐は格納庫から出した状態にしました!

この後、羽を広げて、足を付けて、カタパルトから射出で発艦です!


晴嵐はキャノピーとプロペラにエッチングを使用し、プロペラの頭は伸ばしランナーを削って作りました。



<伊号第401潜水艦 艦橋付近アップ>

伊401潜水艦アップg


せっかく、艦橋付近は細かくラッタルを付けたのでアップにしてみました!

(これでも良く見えない!)

艦橋の日の丸の下あたりも見ていただくと、はしごをつけたりしています。



<伊号第14潜水艦 ピットロード>



伊号第14潜水艦

土台がI-400 classになっているのは気にしないで下さい。

艦橋の左舷の写真が見つからなかったんですよね。
もっとラッタルとかついているのか?とかが分かりませんでした。

艦底色は普通に赤褐色です。

まあ、こんな感じで船はとりあえず完成です!

一応これからジオラマに仕上げていきます!

ところで、今週、9月29日、30日は「全日本模型ホビーショー」が東京ビッグサイトで開催されます!
 ↓
全国模型ホビーショーHP

毎回、何とはなしに楽しみにしているんですよね。

日曜日に行くつもりなので会場でお会いするかもです。

土曜日はテニスしてるし模型をつくる時間がない!
(´;ω;`)ウゥゥ

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
👇( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング



テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 童友社,ピットロード,伊号第400潜水艦,伊号第401潜水艦,伊号第14潜水艦,,

2018/09/23 (Sun) 08:00
艦これ実装の船もたくさんありますよ!艦船模型合同展示会に遊びにいってきました!

艦これ実装の船もたくさんありますよ!艦船模型合同展示会に遊びにいってきました!


日時:2018年9月22日、23日
場所:アートはるみ ギャラリー

東京 月島駅から徒歩10分くらい
時間:9月22日:12時から18時
    9月23日:10時から16時

入場無料

タミヤさんのHPでも案内されていて地図とかあります。
 ↓
第10回 艦船模型合同展示会案内


野良で船をちまちま作っている私ですが、ツイッター上のFF(フォロー&フォロアー)の方(知り合いの方)が
結構展示されているので行ってみました!

24もの艦船模型を趣味とするサークルが出展してます。


<会場の様子>

海上の様子g

多くの方がいてにぎわっていましたよ。

艦船模型に興味があるんだけど、展示会って入るには敷居が高そう!
そう思う必要は全くありません!

普通に入って、なんか疑問とかあったら近くの名札を付けた方に何でも聞くといいと思います!

聞かれると嬉しい方も結構いらっしゃると思いますので

若者、女性も大歓迎!

のはず!


<ミンダナオ会>

ミンダナオ会の方々

会ってみるまで知らなかったのですが、意外にツイッターのFFの方が多くいたのがこの会の方々でした。(または闇鍋会?)




<ワタ艦と艦船模型闇鍋会> 

※ミンダナオ会なのか闇鍋会なのかどちらの所属か分からなくなったけどたぶんこっち。
→こちらでした。

今回実装された イタリア駆逐艦マエストラーレ級1番艦  マエストラーレ
※毎度のことですが、艦これに興味のない方すいません。
_(._.)_

マエストラーレg

マエストラーレ級駆逐艦って何か名前がおしゃれ雰囲気がイタリアしてて好きなんですよね。

マエストラーレ(Maestrale)北西の風
グレカーレ(Grecale)北東の風
リベッチオ(Libeccio)南西の風(艦これ提督の方はよくご承知だと思いますが)
シロッコ(Scirocco)南東の風

グレカーレだけ終戦まで生き残りました。
マエストラーレは修理中に停戦(事実上の降伏ね)になり自沈。
(その為E-4甲では苦労する羽目に・・・艦これネタです)

リベK

KARUNORARAさん作成のリベッチオです。

KAERUNORARAさんも艦これがきっかけで艦船模型をされた方なので、こんな紹介でも笑って許してもらえる(よね)


こちら イギリス戦艦ウオースパイト

ウオースパイトK

ご存知、ウオー様!
今回の18年初秋イベントでも最終作戦で大活躍!
(してくれるハズ。未だE-5 1本目でゴトランド掘り・・・やべぇ!時間が足りなさそう)


<こちらは私も好きなイージス護衛艦こんごうの一般公開の様子>

KONGO-yuki.jpg

フォロワーのユキさんの作品。
まだ、未完成で人がまばらなのでこれから足されていくとのことです。
あれっ?前、ツイッターでは艦娘の金剛ちゃんが乗船していたと思うのですが・・・・
下船したかな?

→ユキさんよりの連絡でVLSと主砲の間にT督といると確認が取れました。


kongoT.jpg



ここで紹介した方以外にもHOSOKAWAさんや会えませんでしたが、Mighty-Oさんの作品もこちらに展示してあり眼福の極みです!
(´;ω;`)ウゥゥ



圧巻なのが「ユトランド沖海戦」の再現
※ModelShip-Builders作品

世界最大の戦艦同士の戦いは約100年前に第一次世界大戦の最中にイギリスとドイツの間で起きました!

ユトランド沖海戦

ほぼ、最初で最後の多数の戦艦同士の一大艦隊決戦です!
(日本海海戦とかもそうですけど、もっと規模が大きいということで)
海戦の雌雄が一大決戦で決まるという、しばらく世界の海軍に影響を及ぼした海戦です。


そして、結構すきになった船はこちら

ニュージーランド

イギリスでは一時期巡洋戦艦ブームになるのですよね。

その結果、火力と速度を追求し防御と船体安定性を欠くことになり戦場でツケを払う訳です。
この様なことがフッドの一発轟沈の遠因になったりしているとも言えます。

結局防御力も速力も攻撃力も大事。
速力を我慢して残りを取ったのが戦艦大和。
全てを生かしたのは戦艦アイオワってことでしょうか?

物凄い莫大な費用をかけた究極の戦艦も空母の前に力を失うんですよね。

でもこのオフセットになった側面の主砲配置はなんだか好きです。



<現代の揚陸戦>

現代の揚陸戦

こちらは、「Earth Nations」の方々による現代の揚陸戦の様子。
情報と速度が勝負の現代戦!

こんな大規模なジオラマができるのはたくさんの方の協力あってのものですよね。



<1/700空母の集い>

赤城と瑞鶴

手前が空母赤城、奥が迷彩塗装をした エンガノ岬沖海戦時の空母瑞鶴です。

こちらもツイッターのFFの方K介さんの作品。飛行機や艦橋のマントレットなど細かい作業が見事ですよね。
大阪からお二人での参加、ご苦労様です!


saratoga.jpg

アメリカ空母サラトガです。
日本艦は灰色がベースになりますが、海外艦はいろいろと色があっていいですよね。
サラも綺麗な船だなぁ~。


ビッグセブンな戦艦ロドネー

Nelsong.png


今回実装されたのはネルソンですがこちらはネルソン級戦艦2番艦ロドネーで姉妹です。

ロドネイ
どなたの作品か分からなくなりました。すいません。
<(_ _)>

バイタルパートを一か所に集めてしまえ!

てのがこの戦艦のコンセプトです。
機関や副砲が後ろに集中した分そちらもやはり守らなくてはならず、軽量化も思ったようにもいかない上に操艦も難しいという弊害があったようです。



<この世界の片隅に>


この世界の片隅に

映画「この世界の片隅に」に登場する重巡洋艦青葉の大破着底をジオラマにしたのぼさんの作品です。
こちらの方もツイッターのFFの方で同郷ということもあって色々とお話をさせていただきました。


サインは映画監督の片渕須直さんと船頭さんや憲兵さんの声優をされた栩野さんがかかれたものです。

朝、広島から飛行機で来られたようでご苦労様でした!


お話をさせていただいた方々を中心に紹介させていただきましたが全然紹介しきれていません!


ここで紹介したのはほーんのごく一部です!

まだまだたくさんの艦船が待っています!

お近くの方でご興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね!
(入場無料ですし!)




人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
👇( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

2018/09/22 (Sat) 12:00
時雨感が足りない!佐世保セイルタワー、武蔵の艤装したSSKドッグとか周辺聖地巡礼巡り

時雨感が足りない!佐世保セイルタワー周辺巡り


東京は涼しくなってきました。
確実に秋が近づいているってことなんでしょうね。

季節の変わり目は風邪をひきやすいので体調にはご注意下さい。

なんて言っている私自身が会社から帰った後になんやかんや+艦これ秋イベで連日5時間寝れていない寝不足状態なんですけどね。
艦これ提督諸兄諸姉の方々は順調でしょうか?
私は先日何とかE-4甲 戦力ゲージを突破できたのですが、ラスダンはどうにも噛み合わず苦労しました。

現在はE-5 1本目でプリンツ丙掘りをしています。
こうやってブログを書きながらもながら艦これを行っているので、間違って自己&大破進軍だけはしないように注意しています。

しかし、燃料が心配になって来ました。
今日、明日にはこのままプリンツ狙いでここで掘り続けるか、一旦甲攻略を目指すのか考えないとです。
資源効率的にはここで掘るのがもっとも効果的と踏んでいるのですが・・・(計算した訳ではないのですが)

⇒ブログを書きながらのながら掘りにて「プリンツ・オイゲン」来てくれました!!
ほぼ書き終えたタイミング良かった。
プリンツ記事に変わるとこでした・・・


閑話休題

ところで、土曜日の記事にはこの夏に訪問した九州艦船巡りの案内をしています。

先週までに北九州市の「軍艦防波堤」や佐世保港の「海上自衛隊護衛艦一般公開」、「SASEBO軍港クルーズ」の案内をしてきました。

北九州市 駆逐艦涼月とかが眠る「軍艦防波堤」紹介はこちらをクリック!
 ↓
軍艦防波堤 防波堤として今も守ってくれているんですね

「佐世保周辺聖地巡礼 護衛艦一般公開」はこちらをクリック
 ↓
佐世保周辺で艦これ的聖地巡礼(艦船ゆかりの場所)

「SASEBO軍港クルーズ」はこちらをクリック
 ↓
SASEBO軍港クルーズ 愉しいですよね

佐世保港での最後を締めくくるのは佐世保市の艦船にまつわる場所巡りです!


なにこれ時雨可愛い!mgsy


「SASEBO軍港クルーズ」から下船した後は調度お昼の時間帯になりました。

佐世保と言えば「佐世保バーガー」ですよね!

どこが美味しいかということで、ツイッターのフォロワーの方にあらかじめお話を聞いていたところ、

おすすめは「ヒカリ」とのこと。


佐世保バーガー光


下に食べログの案内のリンクを貼り付けておきました!
 ↓
食べログ 佐世保バーガーヒカリ案内

駅で言えば、「佐世保中央駅」のすぐ近くなのですが、我々は途中の道筋に目的地もあったので、徒歩で向かいました。

充分歩いて行ける場所です。

「ヒカリ」はセイルタワーにとても近い立地ですので我々には非常に都合もいい!

とても暑い日で調度カウンターが開いたので中に入らせていただきました。

スペシャルバーガー?佐世保バーガーだったかな。とにかく基本的なやつです。セットを注文しました。

佐世保バーガー

たしか、セットでも600円くらいのリーズナブルな価格だったと記憶しています。

評判通りとても美味しかったですよ!



さて、途中に寄り道をしながらと書きましたが、佐世保港からセイルタワーに向かう途中に

模型店の「西海模型」さんがあります!

元々は艦船模型つながりの我々なのですが、事前の情報通り艦船模型も豊富においてありました。
ここで記念に「護衛艦はるさめ」を購入しました。

下に西海模型さんの場所を貼り付けておきました。
 ↓
佐世保市 西海模型の場所

さて、お腹も満たしたところでお目当てのセイルタワーに向かいます。
佐世保バーガー店の「ヒカリ」から歩いて2分もしないところです。


<佐世保資料館 (通称セイルタワー)>

saseboセイルタワー

入り口付近にあるのはついこの間引退した「護衛艦くらま」の錨です。


佐世保資料館(通称セイルタワー)は、旧水交社の跡に増設新館を建てたもので海上自衛隊の所有です。
なので、見学費用は無料、つまりただです。

海上自衛隊のセイルタワーHPです
 ↓
佐世保地方隊 佐世保資料館(セイルタワー)HP

この中は写真撮影禁止なのですが、案内図だけはOKとのことで載せておきます。
HPにも載っているのものです。

<セイルタワー 7階から5階>

セイルタワー7-5階


<セイルタワー 4階から1階>

セイルタワー1-4階

この案内をみていただくと分かると思いますが、一旦7階に上がって上から下に順に追っていくというものです。

海軍創設期の頃から日露戦争時代、太平洋戦争、そして現代の海上自衛隊へと艦船模型を豊富において展示しています。

レジンキットにはあるのかもですが、特に市販プラモデルにないスループ大和や武蔵、鉄交帯金剛などの創成期の軍艦や
逆に海自の音響観測艦ひびき、練習艦かしま、といったマニアックで好きな船の模型を見れたのは嬉しかったですね。

メジャーな戦艦大和や武蔵、イージス護衛艦こんごう、あしがらといった主要な艦の模型も展示ももちろんあります!


私どもにとってはとても愉しい時間でした!


艦船好きにとっては是非ともおすすめの場所です!


写真撮影OKにすればいいのにね。

ひとつふたつ愛ゆえの注文を付けさせてください!

一、 時雨感がたりない!


佐世保って言ったら時雨じゃないですか!(主観) 2階かどっかに時雨のちょっとした資料があっただけと見受けましたが・・・。

二、模型を修理してあげてください!('◇')ゞ

特に2階の展示 空母雲龍の着艦標識や滑走制止策がいかにも応急修理っぽい気がしました。
直ぐに直せるレベルなのに・・・赤城にも損傷があった気がしてます。



<SSKドッグ>(佐世保重工業ドッグ)

ここには旧佐世保海軍工廠のドッグで大和型戦艦2番艦 戦艦武蔵の艤装を行ったドッグとそれに使用された250トンクレーンがあります!

是非とも寄りたいということで向かったのですが、車ならともかく交通の便はあまり良くありません。

WEBを見てもあまりアクセスについて載っていないので一応書くとこんな感じです

SSK第3ドッグアクセス


JR佐世保駅前(東口)から佐世保市営バスSSKバイパス経由パールシーリゾート・九十九水族館行き又は赤崎・俵浦方面行に乗車し「第4ドッグ前」バス停下車、徒歩すぐ。


周辺にトイレとかはありませんが、歩いたところに7-11がありました。
あまりの暑さにここでアイスとジュースを飲みました。
(;^_^A

ぶっちゃけ道沿いにフェンス越しに見る感じですが、いけませんね~。
フェンスが約1m起きくらいにカメラのレンズ大の穴があけてありまして、写真を撮れるようになっています。

<SSKドッグ クレーン(250トンクレーンではない)>

SSKドッグ巨大クレーン

250トンクレーンは戦艦武蔵の艤装工事のために設置されたクレーンで現在も使用されています。
当時は一度しか使われませんでした。
※この写真がそのクレーンだと思い込んだので250トンクレーンは撮っていません!
(´;ω;`)ウッ…

<SSK第4ドッグ>
SSKドッグ内写真

SSK第4ドッグは戦艦大和、武蔵の整備様に秘密裏に作られた旧海軍工廠第7ドッグのことです。
結局、戦艦武蔵の艤装に一度使用されただけに終わったようですが、終戦後「空母隼鷹」、未完空母「伊吹」「笠置」を全て収納したうえで解体したドッグとのことです。

でっかいですよね。


とまあ、佐世保の案内はこれにて終了です!
ここから長崎に向かいました!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
👇

艦船ランキング

tag : 佐世保港,SSKドッグ,艦これ,聖地巡礼,,

2018/09/19 (Wed) 12:00
伊400号、401号、伊14号で考えているジオラマ風景作成開始!

伊400号、401号、伊14号で考えているジオラマ風景作成開始!



提督諸兄、諸姉におかれましては、艦これ初秋イベントの進み方は如何でしょうか?

私はいまだにE-4甲 戦力ゲージラスダンで少なくとも今日4度くらい弾かれています。
はやく、E-5まで行ってプリン掘りをしたいのですが・・・・・・
いつになることやら
(;´д`)トホホ


ところで、伊400潜水艦、伊401潜水艦、伊14潜水艦はウェザリングも終わり完成しました。
(しかし潜水艦にどれだけ時間をかけてるんでしょうねぇ)

伊号第400潜水艦、伊401潜水艦、伊14号潜水艦の建造日誌はこちら
 ↓
伊400、伊401、伊14号潜水艦建造日誌

完成写真はきちんと写真に撮ったもので次回お披露目したいと思っているのですが、この完成した伊号潜水艦を用いて
ジオラマを作成したいと思っております。

完成の参考にしているのはこの写真!


潜水空母3娘


この写真は、終戦後この3娘が拿捕されて東京湾で停泊している時の写真です。

ところで、伊400潜水艦の写真にはこの手前にわずかだけ写っている船の淵の写真がちょい見えします。

この船って何なんでしょうか?


この質問に普通に返事できる方は研究家か?好事家か?相当なマニアな方に違いありません。
少なくともワタシは今まで考えた事もありませんでした。



応えに行く前にジオラマの水底を作ってみました。
このブログを以前から読まれている方はご存知の通り私は(模型もですが)ジオラマも素人なので暗中模索中であることを
お見知りおきください。
最終的にうまくできたら”まあ、良くやったな”ぐらいに見ていただければ・・・・・・


水面底


11cm×22cmの木の板の上に木工用ボンドを塗り、その上に
㈱津川洋行 シーナリーパウダーシリーズのCP-7 黄土色とCP-4 灰色のパウダーを溶かした木工用ボンドの上に振りかけました。

まわりの囲いは工作用紙を用いましたが、きちんとしている方はアクリル板を使っているのをネットでは見ました。
(安いし簡単だしで私は工作用紙です。漏れなきゃいいんです)

そして、この上に水表現ができるものを流し込む訳ですが

鉄道模型の世界は結構様々なジオラマセットが販売されていますよね。
KATOも鉄道ジオラマの様々なパーツを販売しています。

私は鉄道オタではないのですが、ヨドバシなんかに行くと沢山並んでいるのは知っていました。

水の表現にも様々なものが販売されていますね。


今回はこれを用いてみようと思っています。




少々、値が張るのですがものは試しです。

このディープウォーターシステムってのは、米国のウッドランド・シーニックス社が発売したものでKATOが日本で販売しているんですかね。

下のホームページリンクをクリックして、「Woodland×KATO」 の「〇〇の使い方」をクリックすると今回の使い方も動画で説明されています。

でもこの動画をみると使ってみたくなるので注意です!
KATOのHPはこちら
 ↓
KATOディープウォーターシステムの説明HP


箱を空けるとこんな感じです。

DW中身

セットの中身はこの通り

DWセット

説明書に従ってこわごわ進めていきます。


50度くらいのお湯に10分以上付けて温めた1液と2液を規定量入てゆっくりと混ぜます。
混ぜ用の容器(メモリシール付き)があるのでそれに従って必要量を入れていくのですが

注意点としては規定量で止めようとすると多く入ってしまうということです。


これは説明書にも書いているのですが、手前で一旦止めて様子を見ます。
1cmくらい下で止めるつもりでいいかも知れません!


あと1液と2液を混合前(後でも)に振ると気泡が入りますので注意です!

※私は両方やっちまいました!

DW攪拌後

色は同社の「波音カラー」ネイビーブルーとモスグリーンを混ぜています。

ここでもゆっくり攪拌しないと気泡が入ります。

流し込んで1晩経過後がこちら 

流し込む時には漏れないようにMr.シリコンバリアーで防いでいます。

ほこりが被らないよう、それと急速に固めるとひび割れ?のもとなどになるのでアルミを被せてゆっくりと冷却します。

水面かたまる

汚い沼みたいになりましたねぇ

そう言えば、先の写真の横に移っている船の名前は

米海軍 フルトン級潜水母艦7番艦 
「潜水母艦プローテウス」(Submarine Tender Proteus)AS-19 です。

海の神様と同じ名前ですけどそれが由来なのでしょうか?人の名前かも知れません。(しらない)

英語版Wikには結構鮮明な写真が載っています。

USS_Proteus_AS-19_1980g.jpg

拿捕された潜水艦に横付けしていたのがアメリカの潜水母艦だったんですね。

部分的には再現したいと思っています。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
👇(´・Д・)」

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

2018/09/15 (Sat) 12:00
SASEBO軍港クルーズでこんごうさんに会ってきましたよ!

SASEBO軍港クルーズでこんごうさんに会ってきましたよ!



kongom.png

提督諸兄、諸姉は2018年初秋イベントの方、進んでいますでしょうか?

私の方とは、現在、昨晩 あの固いボスを利根ねえさんがクリティカル出してくれて200オーバー!
突破できたのでE-3 3本目に挑むところです。

早く神鷹ちゃんに会いたい!

さて、初秋になりましたが、夏の佐世保レポートの続きです。

今回は
<SASEBO軍港クルーズ>
の紹介です!

佐世保周辺の案内と佐世保地方隊の護衛艦見学はこちら
 ↓
佐世保周辺聖地巡礼

一応、SASEBO軍港クルーズのHPをこちらにも貼っときます。
 ↓
SASEBO軍港クルーズHP

さて、佐世保港と言えば、

第1護衛隊群(本部;横須賀)
 第5護衛隊 護衛艦こんごう、あけぼの、ありあけ、あきづき

第2護衛隊群(本部:佐世保)
 第2護衛隊 護衛艦いせ(←くらま退役)、あしがら、はるさめ、あまぎり

第4護衛隊(本部:呉)
 第8護衛隊 護衛艦ちょうかい、しまかぜ、きりさめ、すずつき

第13護衛隊(佐世保) 護衛艦あさゆき、さわぎり、じんつう

第1海上補給隊(横須賀) はまな、おうみ 
 
計17隻の護衛艦が所属しています!

ヘリコプター護衛艦DDHいせも所属しているし
イージスシステムを搭載したイージス護衛艦(赤字)で現在就役している8隻の中、3隻が所属しています。
(現在、まや型2隻が建造中)

艦これ的視点でいえば
もちろん「こんごう」!

他にも「あけぼの」、「あきづき」、「あしがら」、「はるさめ」、「ちょうかい」、「しまかぜ」、「すずつき」、「じんつう」

計9隻の艦娘の名をもつ船がいるのです。

この内、どの艦に会えるのでしょうか?
とても愉しみです!

こんごうg

さて、事前に「イージス護衛艦こんごう」がいる情報はつかんでいたものの、どうでしょうか?

173という数字の船が埠頭からも見える位置にありました!

「やっと会いにこれたぜ!こんごう!」

佐世保ずらり護衛艦g

実はもう、すでに乗船しています。

護衛艦はるさめの見学に興じ過ぎて埠頭についた頃には既に結構お客さんが乗船した後でした。
最近はクルーズ船も特に上の階は席がなく、オープンな船も増えているのですが、佐世保では普通に座る様になっています。

2階でうろうろしていても邪魔なので艦尾から撮影することにします。

艦首からつけているのでこちらからは艦尾からしか見えません!

ずら~と護衛艦が見えます!


あきづき・あさひg

護衛艦あさひと護衛艦あきづきの2傑です。


2018年3月に就役したばかりの最新鋭汎用護衛艦である「あさひ」と最新鋭僚空護衛艦「あきづき」が仲良く
おしりを向けて並んでいます。

DD25があさひと命名されて時には、全く予想が外れたのですが、「あさひ」と言う名前は日露艦である「戦艦朝日」、
海上自衛隊の初代護衛艦あさひ(アメリカからの貸与艦)と引き継がれて、3代目。
先代達も名鑑ぞろいです。

因みに戦艦朝日は、太平洋戦争時には海防艦となっていて呉で終戦を迎えました。

いずれ、模型で作りたいと思っています。(しかも日露艦ではなく、海防艦として)


<補給艦おうみ>

おうみg

いずも型が就役するまでは最大の自衛艦でした。
基準排水量 13,500トン、満載排水量 25、000トン。
補給艦なので基準排水量と満載排水量の差が大きいのですね。


おうみドアップg

全長221mと非常に大きな船だけに、アップにするとド迫力です!

最新鋭の補給艦で、ヘリコプターも1基搭載可能。
ECM等の電子戦装置とチェフ、フレアなどの自衛装備を持っています。


<乙型護衛艦じんつう>

じんつうg

じんつうと言えば、先代は花の二水戦旗艦神通を思い浮かべるのですが、
今代はDEすなわち、地方隊用の(乙型)護衛艦じんつうとなります。

DDと言われる汎用護衛艦より一回り小さい船で排水量は2000トン程度。

小さいのですが、76㎜単装速射砲1基、対潜用にASROC、対艦用にハープーン艦対艦ミサイル、対空用にCIWSと充実しています。

単装砲と艦橋の間が少し開いていると思いますが、RAM近接防空ミサイルの搭載スペースになります(装備予定は現状なし)

じんつうも1989年就役とすでに非常に古い部類の船になっています。

昨今の情勢でいわゆる海防艦的なDEより高速海防艦的護衛艦が建造予定でして、ながらくDEXとか呼ばれていました。

コンパクト且つ多機能になるということで、艦種記号はFFMとなりました。

従って、2018年度計画艦は「30FFM」となります。

未だにDEXって言っちゃうんですけどね。

私はそちらも河川の流れにいくのかなと思っています。

DEじんつうの後ろにはSSKドッグと言われるDOCK群があります。こちらについては又別で説明します。


これから沖合にでます。

米軍の補給艦などが浮かんでいました。


そして、ぐるーっと回って戻ってきました。

<護衛艦はるさめ、さわぎり、あさゆき>

はるさめ・さわぎり・あさゆきg

見学したDD102護衛艦はるさめとDD157護衛艦さわぎり、DD132護衛艦あさゆきが並んでいます。

いいアングルの写真でしょ。

とまあ、たくさんの船に逢うことができました。
冒頭の集合写真には写っているものの紹介していないものを含めて

護衛艦こんごう、ちょうかい、あきづき、すずつき、はるさめ、きりさめ、あさゆき、さわぎり、じんつう、おうみ 
と10隻の護衛艦に逢うことができました。

いせ、あしがら、しまかぜ不在は少し残念かな。
しまかぜは不確かながら、あしがらには別の場所で遭遇することになるのですが、それは別のお話です。

「SASEBO軍港クルーズ」!艦船好きにはとても楽しいクルーズでした!


そう言えば、クルーズなのにクルーズ船の写真とかまるで載せてませんでした!


バラモンだと

向こうに見える黄色いクルーズ船に乗って廻ります。
快適な航行でしたよ!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
👇( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

tag : 護衛艦,佐世保,SASEBO軍港クルーズ,護衛艦こんごう,護衛艦ちょうかい,護衛艦あきづき,護衛艦あさひ,護衛艦はるさめ,補給艦とわだ,護衛艦じんつう,

2018/09/12 (Wed) 12:00
主砲がない? 伊14潜水艦と伊400、伊401艤装完了しました!

主砲がない? 伊14潜水艦と伊400、伊401艤装完了しました!


少し涼しくなってきましたが、
艦これ提督の方は、初秋イベント2018進んでいますでしょうか?

私は現在E-2戦力ゲージ ラスダン途中なのですが、何となく以前より少し難易度が上がっている気もします。

今までだとE-2くらいまでは甲でも易々行けていたんですけど。
と言っても色々試行錯誤しながら入れ替えながらも進めていくのが愉しいんですけどね。

➡今朝、出勤前に一戦交えて、e-2甲 戦力ボス倒してやりました‼


甲進軍だとこの時点で戦力温存していないと後が怖いし。
そう言いながら、毎回温存し過ぎているきらいがあるのも事実です。

今週は艦これイベントもあるので艦船模型に割く時間が無くなっているのもジレンマの一つです。


さて、現在進めている伊号第14潜水艦、伊号第400潜水艦、伊号第401潜水艦の艤装まで終了しました!( ̄^ ̄)ゞ

主に伊号第400又は401潜水艦の紹介が多かったので今回は伊号第14潜水艦から紹介します!

<伊号第14潜水艦> 元キット・・・ピットロード

伊14号

伊号第14潜水艦は艦底色を通常通りに使用しました。

就役後、伊400潜水艦と同様第一潜水隊に所属したにも関わらず、一緒にいる時期もあまりなかったようですし、民間工廠の川崎造船所の建造なので普通通りに艦底色で塗装され、そのまま中国やら大湊やら経由して光作戦参加でそのような塗装をする暇がなかったという勝手な推測です。

しかし、改めて伊14号潜水艦を見てみるとなんか違和感が!

そう「主砲がない!」のです!


伊14号艦橋右舷から

日本の伊号潜水艦には勝手に主砲である14cm砲などが付いているものと思っていました。
思い込みで14cm単装砲をピットロードの貴重な新艦船装備セットから用意していた私は少々唖然としました!

伊号第13号型潜水艦には格納庫を取るために主砲を置く場所がなかったようですね。

25㎜三連装機銃2基と25㎜単装機銃は1基ちゃんとついていて、航空機対策を取っています。


それと、艦橋から降りる配管ですが、伊13号型の配管はバイパス?支管が艦首側に分岐しています。

対して伊400型は後方に分岐せているので注意です。(伸ばしランナーで作成)

伊14号艦尾アンテナ線支柱

そこそこ苦労したのが、艦尾に立っている空中線支柱です。
13号型はこんな形状で艦尾後方についてます。
(伊400型は横棒が二本途中に入っている)


<伊号第400潜水艦> 元キット・・・童友社

伊号第400潜水艦は前回の紹介でほぼ完成でしたが、艤装がまだだったので完了報告です!

伊400号潜水艦

かっこいいなぁ~!
自分の出来がいいっていうことではなくて、伊400号型潜水艦ってかっこいいですよね!

まあ、色が地味なんで写真映えしないのですが…

艦底色を緑系統で塗っている理由は前回書いた通りです。

お時間があればこれまでの建造日誌はこちら
 ↓
伊号第400号型潜水艦及び伊14号潜水艦建造日誌


因みに、この三隻の潜水艦ともに以下の点を置き換えています。

14cm単装砲・・・・ピットロード新艦船装備セット E-3
25㎜三連装機銃及び25㎜単装機銃・・・ファインモールド ナノドレッドシリーズ


続いて、

<伊号第401潜水艦>・・・元キット ピットロード

前の写真と何がちがうかは、航空機の格納庫が開いているのが違いです!

伊401潜水艦

艦尾からはこんな感じ!

伊401艦尾から

艦尾に伊14号と同様、空中線の支柱がありますが、伊400型潜水艦は中央より左寄りに立っています。

それは艦橋の左側から空中線を伸ばすからなのです。

艦橋をアップにすると向かって右後方に3本の支柱からできた張り出し部分があると思いますが、ここから後方の支柱に向けて4本の空中線が伸びます。

伊400艦橋付近

ここまでアップにすると粗がめだつなぁ。

修正点も分かるからいいけど。

一応、艦橋付近は濃いめの塗料で少し粉を吹かせてます。
ウェザリングをするといい感じになるはず・・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ(´・Д・)」

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

2018/09/08 (Sat) 12:00
佐世保ではるさめさんに会ってきました!

佐世保ではるさめさんに会ってきました!


今週は台風に地震と本当に大変な一週間でした。

私も業務で日本の様々な場所の業者とやり取りしている中、特に大規模な停電が北海道でも大阪でも発生しています。

現地で災害の被害にあっている方はできるだけ早い復旧をお祈りしています。

しかし、この社会はつくづく電気などのエネルギーに頼って生活しているんだなと感じました。

ところで、今回のブログでは、先日佐世保に赴き、海上自衛隊の艦艇一般公開に行った時のレポートです。

春雨ポスター表紙


ここ佐世保につく前に、北九州市の軍艦防波堤にも行きました。
よろしければそちらもご覧ください。
 ↓
軍艦防波堤!柳、涼月!冬月っ!


<佐世保地方隊【西海の護り】 一般公開>

海上自衛隊佐世保基地では毎週土日に一般公開をしています。

特に難しい手続きも必要はありません。
大まかに言うと開いている時間に現地に行って名前などを書いて入場します。

ただ、毎土日ではないのでHPで確かめてから行くようにして下さい。

詳しいことはこちらのHPに!
 ↓
佐世保海上自衛隊一般公開 HP


この日はむらさめ型護衛艦2番艦 DD-102 護衛艦はるさめの一般公開です!

さて、進んでいきましょう!

はるさめ艦尾

佐世保の海上自衛隊基地 倉島を進んでいくと海上自衛隊の艦艇が何隻か停泊しています。

はるさめの艦尾が見えてきました!

はるさめ艦首

一旦艦首まで廻ります。DD-102 確かにはるさめさんです。(疑っていた訳ではない)

護衛艦はるさめが就役したのは1997年です。今年で調度20歳!
当初は長女のむらさめと横須賀を母港としていましたが、2013年から第2護衛隊群第2護衛隊の所属となり佐世保を母港としています。

では乗り込みましょう!

艦首に装備されているのはイタリア オート・メラーラ社製65口径76㎜速射砲です!

はるさめ艦首から艦橋

艦首から艦橋を望みます。



<はるさめ VLS(垂直発射装置>

はるさめ艦首VLS

単装速射砲の後ろには16セルのVLS(垂直発射装置)が装備されています。
艦首側のはアスロック(対潜ミサイル)用VLSです。

煙突の後ろにも16セルのVLSが装備されていますが、こちらはESSM(対空ミサイル)用のVLSになります。
(下からは見えないっ!)

<ファランクス (CIWS B1B)>

はるさめ艦橋前のCIWS

高性能20mm機関砲です。対艦ミサイルなどの最後の防御手段となります。発射速度は毎分3000発。
自動で追尾して補正しながら銃撃します。

どうやらはるさめに装備されているのはCIWS Block1Bの様です。右側の赤外線センサーが特徴です。


<3連装短魚雷発射管>


はるさめ短魚雷

いわゆる日本の護衛艦のデェファクトスタンダード。ほぼどの護衛艦にも装備されています。

潜水艦が装備している長魚雷に対して、水上護衛艦が装備しているのは短魚雷と言います。

すごく大雑把に言えば、水上艦は様々な対応をしているので破壊力が大きい方がいいのに対して、潜水艦は今でも大変デリケートなのでどこか壊れてしまえば少なくとも潜航できなくなります。

なので小さい魚雷でいいという訳です。

<90式艦対艦ミサイル発射装置>


むらさめ型以降に装備された日本で開発された対艦ミサイル発射装置です。

ハープーンとの互換性があります。

はるさめシースパロー

そして、ぐるっと回って艦尾につきました。

ヘリコプターの発着場所と格納庫があります。

はるさめ艦尾から格納庫


あんまり一般公開では格納庫の中まで開けているのは覚えがないのですが、ここでは中も公開していました。


はるさめ格納庫の中

ここでは哨戒ヘリコプターSH60J/Kが格納されます。


とまあ、メンバーで色々と言いながら話していたらすっかり40分くらい経っていました。

ここまでの写真をみてお気づきになるかどうかですが、東京の横須賀や晴海での一般公開では空いているって言ったってここまで人が映らないことはありません。

ほぼ貸し切りに近い状況でした。

もっともイージス護衛艦ちょうかいの一般公開ではかなりの人が訪れた様なのでイージス艦はやっぱ人気なのでしょうか?

私はDEのじんつうやあぶくまでも嬉しいですけどね。


急がなければ11時過ぎの佐世保クルーズに遅れてしまいます。

名残惜しいのですが、ここを後にして佐世保港のふ頭に向かいました!

はるさめバイバイ

バイバイ!はるさめちゃん!

護衛艦の好きな方のために以前呉で護衛艦かがに特別乗船させていただいたレポートもリンクしておきます。
お時間があるときに
 ↓
護衛艦かが 見学日誌


今回は神鷹も出てくるようだし、このブログで予想していた様な艦娘になりそうだし!
艦これ提督諸氏におかれましては、イベントがんばりましょう!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

tag : 佐世保港,護衛艦はるさめ,護衛艦むらさめ,一般公開,,

2018/09/05 (Wed) 12:00
伊401潜水艦、大分完成です!ディテールアップとか塗装とか。

伊401潜水艦、大分完成です!ディテールアップとか塗装とか。


昨夜の台風21号は関東でも風がかなり強く、私も帰宅難民になりかけました。

大阪では、大変そうです。
関空も連絡橋が損壊して孤立している方も多くいる様です。

神戸から救難船が出ることになったようです。
早く帰宅できるといいのですが・・・



さて、現在作成している伊号第400潜水艦ですが、いつの間にか一気に進んでおります。

とは言え、普通潜水艦を作ればすぐにできてしまうものなのですが、色々やっているので時間がかかっています。


<伊401号潜水艦> 大体完成


伊401ほぼ完成
※艦底色:Mrホビー No.52 フィールドグレー(2)
船体色:舞鶴工廠色に明るいグレーを少し。
板の部分、フィールドグレーとタンの4:1くらい?適当な混色。

何やら見慣れない塗装かも知れません。
一般的にはグレーの船体色に赤褐色の艦底色が多いですよね。

でも、かっこいいでしょ! 私だけかな~この感想っ
しかも、元は600円強のジャンクパーツ(ピットロード公式店で購入)ですよ。

コスパ、とってもいいと思いませんか?



塗装の根拠にしているのは前回でも紹介したこの本です!


伊号潜水艦 がっけん

伊号第400潜水艦、伊14号潜水艦建造日誌はこちら
 ↓
伊号第400潜水艦と伊号第14潜水艦の建造日誌



この本の中で水野行雄氏はこの本の表紙で描かれている様なイラスト(全体図)☝で塗装や装備詳細を紹介しています。

氏の塗装解説のポイントは以下の3つ

①明るい灰色で全体を塗装。この明灰色は対超音波塗装(対アクティブソナー塗装)
 (本に記載はないですが終戦前には細かい気泡を混ぜたこの様な塗装があったという話です)

②対電探塗装(黒色に近い塗装)で迷彩的に部分塗装されていた。

③艦底部分も明灰色で覆っている。


実際に対ソナー塗装も対電探塗装も開発はされていた様ですが、実用化までされたかは私ははっきりとは分かりませんでした。
対電探塗装がされていなくても、潜水艦の塗装に黒を用いるのは多くされているので黒色が基準になるのは不思議なことではありません。

一方で、伊400号も伊14号も残った写真を見ると結構明るい色で塗装されていた様な感じがします。

又、伊400号、401号潜水艦の最後の作戦、嵐作戦ではなんとか一矢を報いたかったに違いありません。
できることはできるだけ行なったと思われます。

なので私も明灰色を中心にした塗装にしました!


又、③の艦底色が明灰色というのも決して根拠のないことではなくて、佐世保のドッグに入った伊402の写真が米軍によって撮られています。(ハワイのドッグという写真もあったけど本当にハワイかは不明)

その写真では白黒写真ではありますが、黒色の喫水線以下の艦底部分は明らかに明るい色に塗装されているようでした。


しかし、氏のイラストで不思議なのは艦底色がやや緑っぽく見えることです。


これについても、異説的なものがあります。

艦底の塗装が赤茶色なのは、亜酸化銅を含む塗料を塗る為です。
これはフジツボなどの海洋生物の付着を防ぐ為で今も昔も行われています。
通常5月と10月くらいに年2回塗装されているそうです。


この塗料の一種にパリスグリーン(酢酸亜ヒ酸銅)を主体にする塗料もあって、戦艦大和や伊400号タイプに使われていたと言う説もあるのです。


氏の塗装にはこの説を採用したものかなと推測したので私も伊400号と401号にはこの塗装を採用してみました。



何といってもかっこいいでしょ。
とは言え、戦艦大和に緑っぽい塗装をするつもりはありません。

潜水艦だからかっこいいのです。
(模型の見栄え重視ということです)
(最近は伊400号型の艦底は通常の赤褐色だったという説が有力の様です。再発見された伊400号の土の分析などを行えば分かるかも知れません)


<艦橋付近のディテールアップ>

i401艦橋側面

結局艦橋周りのラッタルとか手すりとかを写真の様に汎用のものを利用して付けていきました。

1段手すり部分は2段手すりを切ったものです。


<艦首部分拡大>

401艦首

①潜舵は格納された状態です。
実際の写真をみると先端が見える程度ですが、それだと目立たなさ過ぎるので少し出しました。

②右舷の航空機格納筒が開く付近の手すりは横に大きく張り出しています。

③格納筒の先端は保護用のステーがあります。


<伊400型潜水艦 艦尾>

伊401艦尾

伊400型潜水艦の艦尾のプロペラガードは中央の支柱部分が一本です。

それに対して伊14号(伊13号型)は2本。

伊400、伊401、ともに手作り対応しています。


それが分かる写真を載せておきましょう。

<伊号第14潜水艦(左)と伊号第400潜水艦(右)>

伊14と400

童友社の伊400号もピットロードの伊400号潜水艦も仲良く、2本あるんですよね。

同じ資料を使っているんですかね。
実物の写真と異なるところはこの両社ともに仲良く違うのですよね。

今回、色々な写真をかなり眺めながら作っていきました。
模型を作っている時間の数倍は見ているでしょうね。
なかなか楽しかったですよ。

あんまり解説が長くなっても退屈でしょうからこの程度でにしていますが、毎回長い文章ですよね。私。

今回も最後まで付き合っていただいた方、ありがとうございました。


艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 伊400号潜水艦,塗装,緑色の艦底色,伊14号潜水艦,,ピットロード,童友社,

2018/09/01 (Sat) 12:00
佐世保満喫最強スケジュール決定版!ついに、佐世保港にやってきました!

佐世保満喫最強スケジュール決定版!ついに、佐世保港にやってきました!


この夏、九州周辺の軍艦由来の場所を巡って来ました!

徐々にブログ上で公開しているのですけど、しばらくお付き合い下さると幸甚です。

そのコースは

広島(帰省先)⇒北九州(軍艦防波堤)⇒佐世保港(周辺巡り、護衛艦一般公開、軍港クルーズ)⇒長崎港(長崎港周辺、軍艦島)
となり大変盛りだくさんで楽しんで来ました。


第一弾として北九州市の軍艦防波堤に行って来ました
 ↓
軍艦防波堤で柳、涼月、冬月に逢う


次にやって来たのは佐世保港です。


佐世保駅についたのは夜!
目と鼻の先に佐世保港があります!

朝から出発し、暑い中一日軍艦防波堤と小倉市内を廻り、少々疲れている中、夜の佐世保港に向かいました!


<多用途支援艦 あまくさ>

あまくさ後ろから

港に着くと、多用途支援艦あまくさが停泊中でした。

ひうち型多用途支援艦3番艦です。
多用途支援艦って、私の解釈だと昔の海防艦です。

船の排水量も似たところで、このあまくさの基準排水量が980トン、先代の択捉型海防艦11番艦天草が870トンです。
佐世保地方隊佐世保警備隊に所属しています。

詳しい方はご存知の通り、日本には海上自衛隊5大基地(横須賀、呉、佐世保、舞鶴、大湊)にそれぞれ地方隊があり、各地方隊の警備隊に多用途支援艦とかDE等が所属しています。

多目的艦あまくさ夜景


多用途支援艦もいいのですが、本当の目的は「イージス護衛艦こんごう」です!

ここに来る前にあった、海上自衛隊に所属しているツイッターのFF(フォロー&フォロアー)の方から、
「佐世保港の横の5番街からこんごうとか護衛艦が見渡せるかも?少なくとも今朝は停泊していた」
という情報を得ていました。

「5番街?いわゆるニューヨークで言えば5thAvenueの様なブランド店の通りみたいなのがあるのかも?」
昔行ったニューヨークを思い出しながらそんな想像をしてたのですが、ストリートから船が見えるというのがどうも解せません。

探した挙句見つけたのが、ショッピングモールの「させぼ5番街」!

勝手に誤解していました!


佐世保埠頭の様子

そこから見下ろす埠頭の様子は大変きれいなのですが、お目当てのこんごうさんはどこにいるのか全く見えませんでした
(´;ω;`)ウッ…
ライトアップしている訳でもないのでここは諦めて翌日に向けてホテルに向かいました



<佐世保周辺探索スケジュール 1日で周遊>


佐世保港周辺 軍艦関連巡りの最強スケジュールを案内しましょう!(土日編)

周辺地図の位置関係と開始時間から私の好みで割り出したスケジュールです!

1、佐世保駅でSASEBO軍港クルーズチケット購入。
2、佐世保港周辺軽く探索
3、護衛艦一般公開見学(9時から11時、13時から15時半)
4、SASEBO軍港クルーズ (11時までにチケット購入、11時半くらい出発、所要時間60分くらい)
5、佐世保市内の模型店(西海模型)に立ち寄り
6、佐世保バーガーで昼食
7、海上自衛隊佐世保資料館(通称セールタワー)見学
8、佐世保周辺の遺跡探索(SSKドッグなど)
9、長崎に向かう

この様に書き出すとなんちゅうハードスケジュールを組み立てていたのだろうと改めて思います。
ほぼ、隙のない(休む時間もない)スケジュールをこなしていきました。
でも充実感ありますよ。

天気さえ良ければ(クルーズの予約さえできていれば)確実にこなせるスケジュールでもあります!

この日は晴天で良かった!良かった!


<佐世保港周辺地図>

佐世保巡り地図g




<SASEBO軍港クルーズチケット購入>

さて、翌朝、昨晩強行軍で大阪から来てくれた趣味友とも佐世保駅で合流し、まずは予約していた「SASEBO軍港クルーズ」のチケットを構内の「佐世保観光情報センター」で購入します!



この「SASEBO軍港クルーズ」、横須賀港や呉港の様に毎日クルージングをしている訳ではないので注意です!

チケットは予約制。
一月前の1日から予約が始まります。
2015年5月から開始している様なので比較的最近始めたようです。
良かったです。初めてくれて。

SASEBO軍港クルーズについては、その紹介を後日する予定です。
Caming Soon!
一応ホームページへのリンクをしておきます。
 ↓
SASEBO軍港クルーズHP

佐世保情報観光センターの方々はとても親切で荷物も預かっていただきました!


さて、チケットを購入し一息ついた我々が向かった先はさきで紹介した「させぼ5番街」!



そこから見渡すと昨晩は全く見えなかった「イージス護衛艦こんごう」さんの雄姿が見てとれました!

佐世保港に浮かぶこんごう

今回、少々遠くの船も取れる様に83倍ズームのNIKONのカメラを用意しています。

<こんごうアップ!>

こんごうアップ

<更にアップ!>

こんごうアップの限界

「良く見えますね~」
※画質が少々粗いのはブログを軽くするために圧縮しているためでカメラの性能の為ではありません。(私の腕が悪いのはある)

因みにハセガワさん護衛艦金剛建造日誌はこちら
 ↓
ハセガワ製 護衛艦こんごう建造日誌


ここから昨晩見たあまくさの横を通り過ぎ、海上自衛隊「護衛艦はるさめ」の一般公開に向かいます!

歩いて15分程度。


向かう途中に掃海艇が停泊しています!



<掃海艇ひらしま、やくしま>

やくしまひらしま

掃海艇って機雷(海上又は海中に設置している爆弾みたいなもの)を取り除く為の艦艇です。
戦後日本って戦時中にばらまかれた機雷が沢山あったんですよね。

有事の際に機雷で罠を張って海上封鎖するのは日清日露戦争のころからの常套手段です。

湾岸戦争後、海上自衛隊はペルシャ湾に掃海艇を派遣しています。

しかし、地味ですよね!
私もそう思います。とても重要なんですけどね。

しかし、このひらしま型掃海艇を写真に収められたのは大変ラッキーでした!

日本では掃海艇は木造建造でした!
と言うのも、機雷は一般的に磁気に反応して爆発するからです。
太平洋戦争期の日本軍艦の艦側面にそって、消磁目的で舷外電路を設置していたのもそのためです。

大戦後期から朝鮮戦争のころから始まった木造の掃海艇ですが、近年は木材の高騰、木造船職人の不足で難しくなっていました。

このひらしま型掃海艇は日本最後の木造掃海艇になる見込みです!


ひらしま型掃海艇は木造ですけど、その中身はホーミング機雷でも探知できる最新鋭の装備がついているんですよ。

ひらしま型掃海艇は佐世保の母港のこの三姉妹で打ち切られた「ひらしま、やくしま、たかしま」を最後にえのしま型掃海艇に移行しました。

えのしま型はFRP(強化プラスティック)で建造されています。

横須賀港ではすでに見られない木造建造の掃海艇も見ることができてちょっとラッキーでした!

次回、海上自衛隊一般公開艦船の紹介予定です!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

tag : 佐世保港,聖地巡礼,護衛艦こんごう,掃海艇,多用途支援艦,,

| ホーム |

 ホーム