FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2019/02/20 (Wed) 12:00
重巡アシガラの塗装と艦上構造物の設置(霧の艦隊)

重巡アシガラの塗装(霧の艦隊)


もうすぐ、2月27日に「蒼き鋼のアルペジオ」17巻とスピンオフの「シーグラス」2巻、ようこそトリビュートコミック「ようこそ蒼き鋼へ!」の3作一挙発売!
待ち遠しいですね~。


蒼き鋼のアルペジオ 「重巡アシガラ」は少しずつ進んでいます。

やっぱり駆逐艦時雨と交互に作っていると進まないなぁ。

他にも色々と手を出している為に模型に時間を使えていないのもあるし。

でも少しずつ暖かくなってきたのはいいですね。

これからは模型もはかどるはず・・・


これまでの重巡アシガラ(霧の生徒会)の建造日誌はこちら
 ↓
重巡アシガラ(霧の生徒会)建造日誌

今回は塗装に入ります!

アシガラ設定図2


キットには細かい塗装指示が付いています。


アシガラ色指定


それに、映画の設定資料も並行して見ながら塗装の色を決めていきます。

塗装設定資料

六面図などを見ているとキットの色指定は設定資料を用いています。(当たり前か)

ただ、付属の色指定に書いている色では大きく映画のアシガラとは異なる色合いになります。

ピントが悪くて申し訳ありませんが、色指定では青とかピンクとか基本色でしか書いていませんよね。

実際にはアシガラの艦底色は青と言うよりは少し赤みがある紫といった方が正解ですし、一口にピンクって言っても艦橋はやや濃いめで船体のピンクはかなり白が入った薄めのピンクになります。

甲板等に使われている茶系の色はウッドブラウンっていうより、マホガニーが近い色に見えます。

箱の横に書かれている色指定の方が近くなってます。
ワタシはキャラクターものの色は詳しくないのですが、ガイアックスとか目を広げると混色しなくても近い色はあるのかも知れません。

多彩な色合い

なので混色をして大体の色を調整していきます。

・船体色のピンク⇒一番右の薄いピンク
・艦橋のピンク⇒右から2番目のやや濃いめのピンク、少しウッドブラウンを混ぜた
・紫⇒船体色の喫水線より下の部分。 コバルトブルーとシャインレッドの混色
・黄色⇒煙突部分の塗装。 レドームと黄色の混色
・マホガニー⇒船体色
・グレー⇒軍艦色(2)

塗装済

船体は、色の薄いピンクなどを先に塗装し、柄に合わせマスキングシートでカバーし、徐々に濃い色に塗装していきます。

以前バルチックスキームの塗装した時よりは手間が少ないかな。

重巡プリンツオイゲン建造日誌はこちら
 ↓
ドイツ重巡プリンツオイゲン建造日誌


塗装済+艦上構造物の接着

アシガラ斜め上

とまあ、煙突の上部、艦橋の窓枠、手すりはエッチングパーツを採用しつつ塗装済の艦上構造物を接着していきます。

船体の手すりまで接着するとまあまあ、様になるかと思います。

カタパルトのLEDへの配線が少し課題になりそう。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,重巡アシガラ,アオシマ,蒼き鋼のアルペジオ,電飾,

2019/02/16 (Sat) 12:00
まさに保存版‼ 艦スぺNo.71 戦艦大和:天一号作戦(沖縄海上特攻)特集

まさに保存版‼ 艦スぺNo.71 戦艦大和:天一号作戦(沖縄海上特攻)特集


今日はあったかくなるって聞いたんだけどな~。
朝は寒い・・・・

ところで、今週MODEL Art社 「艦船模型スペシャルNo.71 戦艦大和:天一号作戦」が大増ページとして発売がありましたのでちょっとした紹介記事です。


19年2月大和
表紙からかっこいいでしょ!

<天一号作戦>

天一号作戦は大本営立案による沖縄方面を対象とした陸軍・海軍共同の作戦名です。

海軍に限定すると菊水作戦。
今回の記事は戦艦大和を旗艦とした10隻の艦隊、第一遊撃部隊(第二艦隊)の昭和20年4月7日での沖縄海上特攻そしてその過程で起きた棒の岬沖海戦の参加艦 艦船特集です。

<目次>

目次

表紙からも掲載艦船が分かりますし、目次にもある様にその内容は

・坊の岬沖海戦の経緯記事

・各艦船(戦艦大和、軽巡矢矧、駆逐艦冬月、涼月、磯風、浜風、雪風、朝霜、霞、初霜)の1/700キットを中心に
 1/350大和、矢矧、冬月、雪風の掲載もされています。


記事とは無関係ですが、ワタシも以前、艦NEXT 戦艦大和を作ったことがあるので紹介!
 ↓
艦NEXT 戦艦大和建造日誌


しかし、この時にも最終的に大和が受けた魚雷数などを掲載していますが、資料によって異なるんですよね。
数回にわたる潜水調査を行っているのでいずれ明らかになるのかも?


<坊の岬沖海戦>

坊の岬沖海戦の経緯はよくご存じの通り、最終的に参加した10隻のうち、駆逐艦冬月、涼月、雪風、初霜の4隻を除いて沈みました。

第二艦隊の被害状況

矢矧って魚雷7本、直撃弾11発ととても軽巡の被害ではない攻撃を受けて沈んだんですよね。

沖縄特攻を軽微な被害で切り抜けた初霜は触雷により終戦まで生き残れませんでした。

駆逐艦冬月、涼月、雪風は終戦まで生き残り、冬月と涼月は堤防として埋められ、雪風は中華民国(台湾)海軍旗艦 丹陽として勤務し最終的に除籍解体されました。


軍艦堤防の訪問レポートはこちら
 ↓
軍艦防波堤訪問日記(福岡)

沖縄特攻に参加した艦船って歴戦の名鑑なんですよね。
なので私にとっても所謂好きな艦特集になってるのです!


中でも駆逐艦雪風って、特に好きな艦だったりします。
艦これの私の鎮守府でも一番最初の嫁艦。


駆逐艦雪風建造日誌はこちら
 ↓
駆逐艦雪風(沖縄特攻時)、天津風建造日誌



<第二艦隊精密図面集>

精密図面

結構お気に入りなのがこの精密図面。

沖縄特攻時の戦艦大和を初め、全ての艦艇についての精密図面があります。
(大和は1/980 サイズ、その他の艦艇は1/700)(1/980サイズって1.4倍すれば1/700です。)


沖縄特攻時の再現に参考になること請け合い!

控えめに言いましたが、この精密図面! かなり嬉しい‼
この記事だけで、保存版の価値ありです!


モデルアートisokaze

冒頭に述べた様に坊の岬沖海戦に参加した全ての艦について秀逸な作例が載っています!

「人気ブログランキング」でもおなじみのHI-GEARED 渡辺真郎さんのタミヤ 1/350大和作成やツイッターでもFFをさせていただいている犬上祐一さん(ゆーいち)の磯風の作例など豪華な作例がふんだんに載っており楽しい特集です。

興味がある方は是非!おすすめです!




人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦船模型,戦艦大和,軽巡矢矧,駆逐艦雪風,,

2019/02/14 (Thu) 12:00
時雨、船体と艦橋。やっぱり顔は大切だよね(^_-)

時雨、船体と艦橋。やっぱり顔は大切だよね(^_-)


今週は休みやら出張やらで木曜日に更新してます。
要するに出張前に更新の準備を忘れた感じです。

時雨バレンタインm

現在艦これではバレンタイン差分に変更中ですが、時雨はやっぱ可愛いですよね。



駆逐艦時雨は、私なりにエッチングをそれなりに盛って、建造中な訳ですが、船体舷側の舷窓に蓋を取り付けました。

これまでの駆逐艦時雨 建造日誌はこちら
  ↓
駆逐艦時雨(フジミ)建造日誌



<駆逐艦時雨 舷側 窓枠と窓蓋>

時雨窓枠を入れました。

以前にも述べたことはありますが、大戦末期の日本軍艦は窓から海水が侵入することを防ぐ為にかなりの舷窓を多く塞いでます。

今回の時雨はスリガオ海峡海戦時を再現しているのですが、正確な箇所は不明な為、大体の感じで行ってます。

また、開いている舷窓には窓枠を取り付けました。


<駆逐艦時雨 甲板ディテールアップ>

時雨船体上から

船体甲板上は前述したレインボーモデルのエッチングに加え、通気口はアドラーズネストのきのこ型通気口を取り付けました。


キノコ型通風筒はサイズバリエーションがあるので大事な艦には適時採用してみるのもいいかもです。


甲板に貼っているのはハセガワの「リノリウムフィニッシュ700」です。

リノリウム抑えの部分が綺麗に比較的手軽にできるので重宝しているのですが、突起部分をカットするのにアップにすると綺麗にできてなくて残念な腕前の私です。
(あんまり売っていないのですが、たまに出回った時に買ってます)


尚、リノリウムが覆っていた範囲はフジミさんのキットのままではなく、
モデルアート社の「駆逐艦総ざらい」 白露型を参考にして貼っています。



私このシリーズは大変気に入って重宝してます。
特に駆逐艦はかなり擦り切れるまで活用してます。



<駆逐艦時雨 艦首甲板>

艦首上面


アップにするとこんな感じです。

伸ばしランナーで作った箇所と金属部分が混在していますが、塗装すればいい感じになるはず!


<駆逐艦時雨 後部甲板>

時雨後部甲板

白露型駆逐艦は比較的爆雷投下装備を多く持っている駆逐艦ですね。


艦これでもおなじみですが、2基の爆雷投下軌条の他に九四式爆雷投射機 2基を持っており、九五式爆雷を18個(所説ある様ですが)装備していました。

艦尾の爆雷投下軌条には直径1㎜のプラ棒で作った爆雷を装備させました。
まだ装備させていませんが爆雷投射機前の爆雷装填台にもプラ棒の爆雷を装備させる予定です。


<駆逐艦時雨 艦橋>

時雨艦橋

艦橋はほぼ、単純にエッチングを付けた感じです。

時雨の艦橋はほぼ、竣工時のそのままです。

白露型前期建造艦は艦橋が比較的角ばっているのが特徴です。

これが、改白露型(海風型)となるとエッジが取れて丸くなっているので後期建造艦に改造する時は注意です。

まあ、素直にフジミさんかピットロードの海風を造ればいいんですけどね。
また、春雨は雷撃で艦橋の大部分を失い大規模な改造をしているので夕雲の様な艦橋になるのです。

春雨ちゃんの後期の姿を作る際には少々艦橋に凝ってみるのもいいですね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,1/700,駆逐艦時雨,,

2019/02/06 (Wed) 12:00
重巡洋艦 アシガラ(霧の艦隊) 電気配線と舷側攻撃ユニット

重巡洋艦 アシガラ(霧の艦隊) 電気配線と舷側攻撃ユニット

少しずつ暖かくなってきました。
でも北日本には最強寒波が来るらしいので、温度の変化には注意ですね。
体調にお気を付けください!

駆逐艦時雨の傍ら、蒼き鋼のアルペジオ 霧の艦隊 重巡アシガラを建造中です。


アシガラ顔アップ


今回は、電飾の計画について。
(こんな風に光らせたい計画)


光らせるポイント

霧の艦隊 重巡アシガラを作るにあたって、電飾で光らせたいポイントは

A)カタパルトの先端(近接用武器)
B)攻撃ユニット(レーザー砲)

光らせるポイント後方

それと
C)後部推進部
になります。

バイラルパターンは

アシガラバイラルパターン

こんな感じでボーっと光る感じなんで付属の蛍光デカールで再現します。


配線アシガラ

艦側面の攻撃ユニットは赤色のLEDから以前のU-2501で使用した0.5㎜光ファイバーを接続します。


緋色の艦隊 U-2501の建造日誌はこちら
 ↓
緋色の艦隊 U-2501 建造日誌

専門知識がろくにないのですが、一応配線はこんな感じです。
1.5Vの電池2個で3V電圧の電源からCRDを接続し15mAの一定の電流に調節します。
3Vの電源に対して3個のLEDを並列につなげます。
(直列に接続したら電圧が不足ですよね)

配線図と呼べない配線図


赤色のLEDを点灯させるのに必要な電圧は2Vなので3Vだと少々負荷が大きいです。
9V電池に繋げたら1回で壊れてしまいました。
CRDを接続することで電源がどのような電圧でもLEDに負荷がなく一定の電流にすることができるそうです。
(「電飾しましょっ!」の受け売り)




舷側攻撃ユニット

舷側の攻撃ユニット基部はパーツにないので、自作しました。

作り方は簡単に言うと

エポパテで1個作成し、おゆまるで型取り、光硬化パテで複製なんですが、長くなるので次回で解説します。

舷側の解放部分

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,蒼き鋼のアルペジオ,霧の艦隊,重巡アシガラ,,

2019/01/16 (Wed) 12:12
お前の相手はワタシだ~! 重巡洋艦アシガラ(霧の艦隊)建造開始!

お前の相手はワタシだ~! 重巡洋艦アシガラ(霧の艦隊)建造開始!

お前の相手はワタシだ~!


ついに本命である「霧の艦隊 重巡洋艦アシガラ」の建造開始です!


昨年作成した「緋色の艦隊 U-2501」はアシガラさんを作るにあたって電飾系の練習の為という意味合いが大きいものでした!


U2501 backsidem

緋色の艦隊 U-2501の建造日誌はこちら(蛍光塗料、電飾)
 ↓

緋色の艦隊 U-2501(Uボート XXI型)建造日誌





以前にも述べたことがあるのですが「蒼き鋼のアルペジオ」シリーズにおいて、ワタシはこの重巡アシガラのメンタルモデルが一番好きなんですよね!

もちろん、タカオやイオナ、ハルナの人気は知ってます。

コミック10巻の投票では上位三位は劇場版の人気に呼応するように一位 タカオ、二位 イオナ、三位 ハルナ、でしたが、四位 ズイカク、五位 アシガラとアシガラさんもベスト5に入っているんですよね。

コミック11巻で捕虜になっても互角の勝負で勝ちたい!と言ってイ401のクルーであるいおりを助けたり小説版での硫黄島での自らがコアだけになって溶岩に飲み込まれようと島の人たちを救おうとする当たり武士の様にきっぱりとした、とことんさっぱりとした性格のいいやつなんです!


さて、前口上はこの辺りにして使用するのはこちら

アシガラ箱


アオシマさんから出ている「蒼き鋼のアルペジオ」シリーズ No.20 重巡洋艦アシガラです!


箱の中身はこちらです!

アシガラ中身

フルハルの上以上はハセガワさんの重巡洋艦妙高型を使用しています!
このハセガワの妙高型は旧モデルから2000年にリニューアルされています。

妙高型は各主砲の砲塔放熱板の形状が異なるのですが、ハセガワさんはその違いを再現しています。

船体の下部はアオシマさんが霧の艦隊様にオリジナルで作ったものです!


蛍光デカール他

付属にはペーパークラフト、エッチングシール、塗装パターンと、この頃のキットになるとデカールは蛍光デカールなんですよね!

「緋色の艦隊 U-2501」の時には普通のデカールだったんで淡く光らせる為にデカールの模様から写し取り、蛍光塗料でバイラルパターン(霧の艦隊特有のパターン)を描かなければならなかったのに比べるとずいぶん楽ちんです!
(ちゃんとブラックライトで確認しましたが光りました)


さて建造方針ですが、このまま普通にフルハルにつくるのだとちょっと面白くありません!

そこで劇場版のこの形態で造りたいと思います!


霧の重巡アシガラ


「霧の艦隊 重巡洋艦アシガラ 展開形態です!」

①船体側面を開きレーザー兵器搭載(片側6基、両面12基)を展開
 ⇒船体のカット、レーザー砲の作成+電飾
②カタパルトのムチ状の兵器
 ⇒カタパルト+ビームサーベルっぽい部分作成+電飾
③高角砲がなんか飛びだしている。
 ⇒高角砲を飛び出させるアームの作成

その為にかなりの数のオリジナルパーツを作る必要があって大変そうです!
さて思ったものができるかどうか?

実は①はすでに作ってます!


アシガラ両腕


それに加えて、一応艦船模型好きとしては、艦船部分の多少のディテールアップもするつもりです!

具体的には
①手すり
②窓枠
③ホーサーリール
④旗竿
⑤チェーン
⑥ラッタル
⑦航空機移送軌条とターンテーブル
⑧マスト
⑨張り線



こんなところでしょうか!

かなりてんこ盛りで大変そうです。

ワタシもうまくできることを祈っています!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ


艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,霧の艦隊,重巡洋艦アシガラ,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ