FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/04/26 (Thu) 12:00
ついに!バルチックスキーム開帳!!プリンツ・オイゲン

ついにバルチックスキーム開帳!!ドイツ重巡洋艦プリンツ・オイゲン


いい季節になってきましたね~。

さて、2週間くらいずっと、塗装⇒マスキング⇒塗装⇒マスキングと塗装とマスキングに明け暮れた日々でしたが、ついにそのベールを取り去る日が来ました。

本当のところ、エッチングパーツもくみ上げて軍艦色に定めたカラーを一緒に塗装したかったのですが、

①そんなことやってたらいつまでも「バルチックスキーム」がうまく行っているか確認できない。
②時間の経過とともにマスキングテープが起伏のある部分で剥がれてしまう。
という理由でともかく船体の塗装「バルチックスキーム」の塗装にケリをつけることにしました!

因みに迷彩塗装についてはこちらを参照に!
 ↓
艦娘で綴る迷彩塗装とは!


これまでの重巡洋艦プリンツ・オイゲンの建造日誌はこちら
 ↓
ドイツ重巡洋艦プリンツ・オイゲン建造日誌


プリンg改


さて!マスキングをはがすとこのイラストの様になっているでしょうか!



バルチックスキーム塗装


早速ですがこんな感じで出来上がりました!

バルチックスキーム塗装後右斜め上

概ねよさそうですよ!

真横から見ても大丈夫でしょうか?

バルチックスキーム塗装終わり概ね良好

まあ、何とかOKかな?
(;^_^A

これ、まだ仮組で接着していません。

普段は木甲板は別として船体はくみ上げて(下手したらできるだけエッチングパーツも付けて一気に塗装する私ですが、今回はそうも行きません。

もう少し拡大してみます。

バル前半分

これ、ばらしてしまうと一か所だけ白と黒のラインに隙間がある箇所がありました。

(小声)

これは後で補正しないと!
得てしてこの補正で汚くしてしまうことがあるので注意です!

バル後ろ半分

まあ、100点とはいきませんが、初めてにしてはまあ及第点としましょう!
(自分に甘い・・・・)

さて、今回使用したカラーは全てクレオスのMr.カラーです。
参考までに

①白のストライプ
 325番「グレーFS26440」(限りなくライトなグレー)と62番「つや消しホワイト」=7:3


②黒のストライプ
 33番「つや消しブラック」

③艦首、艦尾、2番砲塔、3番砲塔辺りの濃いグレーとして使用
 331番 「ダークシーグレーBS381C/638」


④基本となる船体色として使用
 335番 「ミディアムシーグレーBS381C/637」



私的には少しブルーの入ったグレーの感じがこの時期のプリンツ・オイゲンのイメージに合っているように思うのですが如何でしょうか?
艦と時期によっては異なる色の方があっているとも思います。
まあ、あくまでも参考程度に。


甲板も塗装をすでにしていますが、甲板の色については次回ということで。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |

 ホーム