FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ

2018/11/14 (Wed) 12:00
護衛艦あきづき(初代)建造日誌

護衛艦あきづき(初代)建造日誌


駆逐艦秋月、護衛艦あきづきと来たので、その流れで護衛艦あきづき(初代)の建造も開始しました!

ご存知、駆逐艦秋月は防空駆逐艦として設計され、乙型駆逐艦と甲型(陽炎型、夕雲型)や丙型(島風型)と違うコンセプトで建造されました。

一方、護衛艦あきづき(2代)も汎用護衛艦ではありますが、僚艦防空駆逐艦とBMD対応中のイージス艦を防空する目的で建造されています。

このように引き継がれていたあきづきですので、護衛艦あきづき(初代)も名鑑に違いありません。

さて、ピットロードのシリーズに「栄光の護衛艦シリーズ」なるものがあります。

その一つに「護衛艦あきづき(初代)」もあります!

あきづき初代箱

ということで護衛艦あきづき(初代)を建造開始しました。
(まあ、マニアックであるのは確かでしょうが・・・)

護衛艦あきづき(初代)の何が特別か・・・

1.それは護衛艦として初めて排水量2000トンを超えた護衛艦であること。(アメリカさんの予算で作ったので)
2.護衛艦隊の旗艦として建造された指揮護衛艦(教導護衛艦)であるということ
3.当時まだ不足気味であった対潜兵器の充実
4.オランダ坂を有する長船首楼型の最期を飾る艦級

この4点でしょうか?

アメリカさんの予算というのは「OPSという日本とアメリカ間の相互防衛援助協定に基づいたもの」で米国予算で建造された駆逐艦を日本に供与という形で護衛艦隊に配属になりました。

通常このケースはアメリカ予算でアメリカで建造され同盟国に貸与や供与されるのですが、日本は建造技術が十分あるということで三菱重工長崎造船所で建造されました。

そして、形式的には一旦米国海軍籍DD-960として就役の後、横須賀地方隊に編入の形になりました。

さて、模型についてです。

<箱の中身>

あきづき中身

こんな感じです!

組み立て始めたらこんなところを発見しました!

あきづき艦尾欠損

艦尾が凹んでいるのがわかると思います。

欠損ですので、普通はメーカーに連絡して交換していただけばよいと思います。


私はどの道、艦尾を修正するつもりだったのでこのままエポキシ樹脂を盛ります!

艦尾修正


護衛艦あきづき(初代)の艦尾は喫水線に向けて広がっているのでそれをパテで再現しました。

必要部分にエポキシ樹脂を盛り、やすり掛けをして表面をならします。


最初は素組み+手摺りを付けるだけのつもりでしたが、マストをやはりエッチングに置き換えました。

しかし、護衛艦あきづき(初代)のEPがなかったので、護衛艦むらさめ(初代)のEPのマストを借用し、足の長さを継ぎ足して作成しました。

後部マストも護衛艦むらさめ(初代)のものを利用しています。

初代むらさめEP


てなわけでサクサク建造します。

とまあ、ここまでできました。

あきづき建造途中1


とは言え、反省点も多いです。
今回は特に行き当たりばったりで建造しているのでだめですね。


●戦闘用通路

 デカールを使うつもりでしたが、戦闘用通路が凸にしているのが邪魔で上手く張れません。

 デカールを使うなら⇒凸モールドを削るべし(面倒だし汚くなるかも)
 使わないのなら⇒先に白か何かで塗装し細めのマスキングテープでカバーした後、甲板色を塗装。又は削り取る。

これは他のピットロード商品(主に護衛艦)に言えることなので再び作るときには注意したいと思います。
(前の護衛艦しまかぜでもあったことなのに、反省を生かせない・・・・・)

デカールを張るつもりだったので先に甲板色を塗ってしまいました。
凸部分を油性色鉛筆で書いたもののきれいにできていないのが実情です。

●凸モールド

上記の他に、接着部分に凸モールドを多く採用しています。
今回は最終時を再現する方向で建造中ですが、そうなるとヘッジホッグの設置場所の凸モールドは削るべきだったりします。
後で気づいたのでそのままにしてますが・・・・・

まあ、そんな後悔を持ちつつ作っていきます。
しかし、読者の方でこれから作られる方は参考にしていただければ・・・

人気ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

※出張中にメールを確認し、報告など処理をした後に執筆中・・・
 日付がよくわからなくなってます

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,ピットロード,護衛艦あきづき(初代),1/700,

2018/10/31 (Wed) 12:00
護衛艦あきづき、ほぼ完成へのディテールアップ!

護衛艦あきづき、ほぼ完成へのディテールアップ!


少し寒くなって来ましたね。
ちょっと風邪気味で喉がいがらっぽいです。
季節の変わり目ですので皆様も風邪には気を付けて下さい。

ところで、アオシマ製あきづき型護衛艦あきづきの建造順調に進んでいます。

これまでのアオシマ製 護衛艦あきづきの建造日誌はこちら
 ↓
護衛艦あきづき建造日誌


前回は、塗装まで進めたので、
デカール張り
→細々としたディテールアップ及び偽装(特に通路の上にかぶさるのはデカールの後で)
→手すり類等EP→張線→アンテナ、旗竿と進めて完成となります。

デカール張りは割と好きですが、失敗するとやり直しも効かないので慎重に行います。

私はMrマークセッターを利用して少し柔らかくしつつ位置決め、麺棒で水分を取って乾燥まで待ちます。

まあ、下の写真の通り大方うまく行きました。


<追加箇所のディテールアップ>

基本的なディテールアップは純正エッチングパーツを使用したものになるのですが、このEPは手すりやアンテナが中心なのでそれ以外の追加部分を中心に話をしていきたいと思います。


艦前半部ディテールアップ

ディテールアップ1


①艦橋頂上部分の手すり
 エッチングパーツの説明書は実際の艦と違いが多いので注意の必要があります。
 艦橋上の手すりは大きな違いです。
 艦橋前方は少々スペースがありますが、説明書通りだと前方にスペースが空きすぎています。
 護衛艦用汎用の手すりが全く長さ、高さがこのEPと同じだったので汎用手すりで補正しています。
②VLSラッタル
 VLSの後ろには小さなラッタルがあるので汎用パーツを用いて設置しました。
③艦橋下部受信アンテナ
 艦橋下部に〇〇用受信アンテナがあります。
 あきづきのアンテナの予備を用いて設置しました。
〇機銃設置個所の防弾板
  ソマリア沖に派遣時にはここには防弾板が設置されていました。
 (現状は手すりに戻っている)
 ここには手すりを付けずにプラバンで作成した防弾板を設置しています。
 サイドは切れ込んでいるところと、ラッタル部分は防弾板がないのがポイントです。
④ボートダビットの支柱
 ボートダビットの支柱を0.3㎜真鍮棒を用いて設置。
 弦縄もつける予定です。
⑤ボートコンテナ
 支柱部分を0.2㎜真鍮線で自作。ボートコンテナ部分はプラパーツをそのまま足の部分をカットして使用しています。


<艦尾から見たディテールアップ>

あきづき艦尾

①ボートコンテナー(自動膨張式筏ってのが正式名称ポイ)
 上と同じ個所ですが、上の写真だと鮮明ではないので。
 右舷舷側の手すりの外側にボートコンテナの支柱が出ているのがポイントです。
②発着艦指揮所(へり発着甲板の右側上部にある箱状の場所)
 透明パーツになっているので端の支柱部分にだけグレーを塗装しました。
③プロペラガード
 0.2㎜真鍮線で自作です。


<護衛艦あきづき 側面>


あきづき側面

ボートデッキから降りる梯子は壁に沿ってあります。
専用エッチングパーツの手すりは中央部に設置しており、位置が違うので汎用手すりで補正しました。

補足事項
ボートの下あたりの艦側面部分の開口部は艦首側の少し大きめの方が、三連装の短魚雷発射管用の開口部です。
ナノドレッドを使用しているのにほとんど見えません。

その後方のやや小さめの開口部が自走式デコイ(MOD)の為の開口部です。
右舷のみに4連装のものが1基装備されています。

アオシマさんのこの模型では左舷にも開口部がありますが、そもそも開口部が右舷しかありません。
下の写真の様に左舷はきっちり埋めるのが吉です。
(短魚雷の開口部は左舷にもある)


<護衛艦あきづき 完成近し!>

あきづきもう一息

上部構造物と船体のつなぎ目は大体シャープにできている気がします。

あと一息ですね。


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,護衛艦あきづき,ディテールアップ,1/700,

2018/07/14 (Sat) 12:00
天竜型改二実装記念回

天竜型改二実装記念回


ここのところ毎日、うだる様な暑さですね。
(うだる=茹だる なんですね。茹でられる様な暑さということか)
ベランダに出るのが好きなうちの猫ちゃんも出てはすぐ戻ってきます。

さて、艦これでも遂に天竜型で龍田改二に続いて天竜さんも改二が実装されました。

暫く間があくのかなって思ってたんですけど。

天竜改二

うちの鎮守府ではまだ、二人とも改二にできてません。
天竜さんLv84、龍田さんLv80ですのでなかなか。

最近、遠征の引率をしていますが、もともと他の艦に任せてたし。
でも改装設計図がいらないので他の艦娘と並行でLvアップにいそしむことにします。


<天竜型>


軽巡天竜

天竜型は1915年八八艦隊計画の前身である八四艦隊計画のもとで計画されました。
その設計の元は江風型駆逐艦の拡大型で嚮導駆逐艦(水雷戦隊の親玉になるべく設計された駆逐艦)の拡大型という役割だった様です。

要目 (計画)
基準排水量:3,230トン、常備排水量:3,495トン、公表値 3,500トン
全長:142.65 m、最大幅、12.42 m
常備平均13 ft 0 in (3.96 m)[8]
ボイラー:ロ号艦本式重油専焼水管缶大6基、小2基、同石炭・重油混焼水管缶2基
主機:ブラウン・カーチス式オール・ギヤード・タービン(高低圧)3基
出力:51,000 SHP、速力:33.0ノット、航続距離:5,000カイリ / 14ノット
燃料、重油:920トン、石炭:150トン
乗員:1919年公表値 332名
兵装
50口径三年式14cm砲4基4門、40口径8cm高角砲1門、三年式機砲2門
六年式(53cm)3連装発射管2基6門、四四式二号魚雷12本
八一式爆雷投射機2基、投下台4個載2基、手動1個載2基
中型防雷具2基、機雷投下軌道2条
九三式機雷56個、須式90cm探照燈 2基

龍田改二


<防空巡洋艦改造案>


さて、今回天竜型改二になるにあたって、対潜値と対空値が上がった防空軽巡洋艦の仕様になっている訳ですけども史実的にはどうだったのでしょう。
まあ、今回の改二に当たって調べようと思ったきっかけです。

<防空巡洋艦改造私案>

イギリス海軍では1936年からC級軽巡洋艦の備砲を全て高角砲にした防空巡洋艦への改造を行っていた。
日本海軍でも防空巡洋艦に着目し1935年(昭和10年)頃から検討が行われた。天龍型も防空巡洋艦への改造計画が検討され、数種の案があった。
改装検討案において、兵装は12.7cm連装高角砲4基、25mm3連装機銃4基、九四式高射装置2基、九三式爆雷投射機1基、九四式爆雷投射機1基、爆雷投下台4基、爆雷36個、薬煙幕発生装置の装備を検討した。
(Wikpedia 天竜型軽巡洋艦抜粋;毎年寄付してますし(ちょっとだけ)、いいですよね

防空艦というのは、対潜装備と遂になっていることが多いというかほぼ必須のようです。
この当時もすでに航空機と潜水艦は両方とも大きな脅威になりつつあったということと、対潜兵器と防空兵器の充実は両立したという元でしょうね。

私案というとこですけど、大元帥であった昭和天皇まで検討していることを報告している様なのでそれなりに本気だったようです。


「オレの装備が気になるか?世界水準軽く超えてるからなぁ~!…何?古いって!?…バカなっ」

天竜型は竣工当時は世界水準を超えていた軽巡洋艦だったのですが、最高速度は33ノットと当時の日本の駆逐艦の35ノット前後の速度についていけない。
アメリカの巡洋戦艦(33ノットを想定)では逃げ切れない。

などから2隻で終わり、当時として世界最高水準の5500トン型軽巡洋艦に移行する訳です。
(7月12-13日はコロンバンガラ島沖夜戦でしたね。軽巡神通の沈んだ日です。)

5500トン型軽巡は拡張性はあるし、いい軽巡です。全て大正年代の船なのに特に大戦前期では切った張ったの大太刀周りで水雷戦隊旗艦として大活躍していますね。

艦娘で綴る日本軽巡洋艦の系譜まとめはこちら
   ↓
艦娘で綴る日本軽巡洋艦の系譜まとめ

日本水雷戦隊まとめはこちら
 ↓
日本水雷戦隊まとめ


でもそんな天竜型って結構好きなんですよね。

コンパクトな軽巡って感じで可愛いんです!

軽巡天竜艦尾

冒頭からちらちら載せているこの模型の写真は私が艦船模型を初めて1年目くらいに作ったものです。

今改めて見ても作りやすいしディテールは細かいし満足のいく良いキットでした。

ハセガワ製 軽巡洋艦天竜 スーパーディテール建造日誌はこちら
 ↓
ハセガワ製 日本軽巡洋艦天竜 スーパーディテール建造日誌



今、アマゾンを見るとこのスーパーディテールセット、天竜さんは売り切れだったのですが、龍田さんはまだ在庫がある様です。
天竜型が好きな方はいいかも知れませんね。


ただ、エッチングパーツ付きだと少々難しいという方でも、ハセガワさんが新金型使用した2015年にリニューアルしたキットです。


非常に出来が良くお勧めのキットです。

暑さはこれからが本番だと思いますが、体調に気を付けて過ごしてください!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,ハセガワ,軽巡洋艦天竜,軽巡洋艦龍田,1/700,

2018/01/31 (Wed) 12:00
伊19号と伊26号潜水艦がだいたい完成したのだけど、寒すぎる!

伊19号と伊26号潜水艦がだいたい完成したのだけど、寒すぎる!

先週、東京は雪が降りました。
積雪20cmくらいだそうです。

家の周りでもそのくらいの雪が降ったかと思います。
会社も早く切り上げ、翌日も電車の遅延があるので少しゆっくり目で出社しました。
しかし、その通勤途中で悲劇が起きました。

やや緩やかなスロープになっている上に、昨日の雪が完全に氷状になり、不覚にも気付かずに歩いてしまい完全に転げてしまいました。

背中を打ち付け息が止まったものの、数秒ほどで復帰して起き上がりました。
この程度では東京の方々は立ち止まりません。

その無関心さがかえってありがたかったです。
体より心が痛かった日でした。

大体、この2週間ほど、東京は寒すぎます。
こんなに最低気温の氷点下が続いた日はあんまり記憶にありません。

アオシマ製 伊号第19潜水艦の建造日誌はこちら
 ↓
伊号第19号潜水艦 商品紹介と建造日誌


そんな中、先週の週末、伊19号と伊26号潜水艦の塗装を行いました。
(ロ号500潜水艦の塗装もしたのですが、別の機会に)

<伊号第19潜水艦>

伊19塗装済

艦橋付近のアップです!

伊19塗装艦橋

イ19の文字を手書きで入れたのですが、アップにすると下手なのがばれる・・・・・・
日の丸の下地はフリーハンドで面相筆を用いて長方形を書き、その上にWLシリーズによくついている水上機用の日の丸デカールを貼り付けました。



<伊号第26潜水艦>

伊26塗装済

艦橋付近です!

伊26艦橋付近

それなりに手書きで書いても行けるのではないかと思って面相筆で艦名を書いたのはいいけどやっぱり手書き感がにじみ出ておりますな。

それに極細面相筆も少し毛先が傷んできておりました。
素直にデカールを使うべきだったかも知れません。

もちろん、アオシマのこのキットにも伊19号のデカールが付いているのですが、黒字にイ19と書かれたもので大戦後期にはこの様な書かれ方をすることもあったようですが、第二次ソロモン海戦の頃には直に白文字で書かれたものが一般的だったようです。

そんな訳で手書きで書いたのですが、後になって(今ブログを書いているまさにこの時)私の数ある積みプラからピットロードの潜水艦キット(伊13号、伊14号のセット 未着手)があるのを思い出しました。

しかし、時すでに遅し!(遅いのか?)


<潜水艦デカール比較 上 アオシマ  下 ピットロード潜水艦>

潜水艦デカール

この様にピットロードさんのキットは、デカールだったり、駆逐艦のパーツだったり質のいい汎用性の効く共通パーツがたくさんあります。時々、ピットロードさんのキットを見てみるのもいいもんです!


このピットさんの白デカールを使えばいい訳です! もっと早く気が付いていれば!震える手で書き込まなくても良かったのに・・・・・・・

これ、手が震えるのは細かい作業をしているだけではなくて、模型を作っている部屋はエアコンがなくて、電気ストーブしか備え付けていません。

昨今の東京の寒さは半端なく、夕方からは電気ストーブ如きでは温まりません。
なので本当に寒いのです!

あまりの寒さに震え、実際手もかじかんで来ました。
限界に達したので今週はここまでで暖かい部屋に逃げ込み、すぐにお風呂にドボーンしました!

次回に更新された時にはデカールに変わっているかも知れません。
たぶんそうなります。

明日から2月、早く暖かくなって欲しいものです・・・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,アオシマ,潜水艦,伊19,伊26,1/700,

2017/10/14 (Sat) 12:00
大和ミュージアム 訪問レポート2017 1/10大和(その1)

大和ミュージアム 訪問レポート2017 1/10大和(その1)

2か月前になりますが、護衛艦かがの乗船レポートのあとは呉市の大和ミュージアムを見学したのでそのレポートになります。

ヘリコプター護衛艦かが乗船レポート
 ↓
護衛艦かが乗船レポート2017

大和ミュージアムには2016年もこの時期に行っていますので、大体はそちらのレポートに記載しています。

大和ミュージアムレポート2016年
 ↓
大和ミュージアムぐるりとレポート

今回は以前のレポートの追加の形になります。

①1/10大和の模型写真を多めに、拡大して撮りました。
②2016年との展示の違い

今回は①の1/10大和拡大写真です!

左舷大和艦橋周辺

最初はもっとも重要な艦橋周辺です。

以前、艦NEXT戦艦大和を作ったのですが、射角制限枠がどのように配置されていたのか等、良く分からなかった部分があるんですよね。色々参考にしながら目立つ部分は入れて行きましたが、写真を撮っていれば良かったなと思っておりました。

1/700 艦NEXT 戦艦大和建造日誌はこちら
 ↓
艦NEXT戦艦大和建造日誌

1/10大和に比べると私の作成した1/700戦艦大和は射角制限枠が太いのが見て取れます。

もっとも当時の私は、特徴的な部分は実際のスケールより少し拡大しても強調した方が良いと思っていましたし(そもそも小さくなるほど作業性は悪くなってくるし、変わっているかも拡大しないと分からないし)今もその考え自体は大きく変わっていないのですが、以前よりリアルに近づけた方が満足いくようになっているのも確かです。

こういった模型に対する考え方も作って行くうちに少しずつ変わっていくものですね。

これは、艦船プラモデルを再開して1年半強になり、それなりに模型作りに慣れてきたので細かい部分もそれ程苦もなく出来るようになったことも起因しているかも知れません。

<1/10戦艦大和 艦橋左舷>

大和艦橋左舷

真横から見た方が分かりやすいですね。

でも、1/10大和を見ていて、私が作った1/700大和で一番気になる箇所はマストの太さなのですよね。
プラ材だと折れたりする関係などもあるのでしょうが、マストが実艦のスケールより結構太いです。
これは、艦NEXTに限らず、タミヤさんの大和などもそうですし、ほとんどの艦船模型のマストが太いのですよ。


当時作成中もマストを作り替えるかどうか迷ったのですが、手間がかかりすぎるのと腕に自信がなかったので止めました。
作りたい船がたくさんあり、一隻作るのに大体1カ月を目安にしているのですが、大和を1カ月で作るのは結構ピッチ良くやって行かないとだめなので妥協したというのもあるんですよね。
でも、本当のところ前者の理由が大きいです。

真鍮線などで組み直すのが正解なのでしょうけど・・・・
今なら挑戦くらいはしたかな?

記事の下の方でリンクを貼っていますが、全国模型ホビーショーでハセガワが展示していたニューキット 駆逐艦朝潮はマストが細いのに驚きました。
その分、折れには気を付けなければならなくなるのでしょうが( ^ω^)・・・

ここからは、1/10大和をぐるりと1周しましょう!

<戦艦大和艦首>

大和艦首
逆光になっていてすいません(≧◇≦)

<戦艦大和1番主砲周辺>

一番主砲周辺

<戦艦大和艦橋右舷>

大和艦橋右舷周辺

<戦艦大和煙突周辺>

大和煙突周辺アップ

<戦艦大和艦尾から>


大和後方

全国模型ホビーショー2017のレポートでも書きましたが、今年は「戦艦大和」のニューキットが各社次々と発売されます。

アオシマさんしかり、ピットロードさんしかり!

特にピットロードさんは「真実の大和」と銘打って昨年の呉市も協力して行った第四回戦艦大和調査結果も踏まえ詳細部分を変更してのキット発売になっています。

全国模型ホビーショーレポート
 ↓
全国模型ホビーショー2017レポート

8月の時点での1/10大和は修正されているか、この時には思い至らなかったのでその部分の写真を撮ってはいないのですが、来年行くことがあれば注目してみたいと思っております。

何となくですが、新規に判明したところは修正している様な気がしてます。
(艦尾の機銃座のブルワークが角ばっていたりとか、その前の写真もないので変わったかどうかは分からないのですが)

今回の写真はあまり細かい部分をたくさん入れ込むと余りにも重くなるのでぐるりと載せましたが、他の部分もあるのでご要望等あれば載せるかも知れません。

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/10大和,大和ミュージアム,1/700,艦船模型,戦艦大和,ピットロード,アオシマ,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ