プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2017/07/30 (Sun) 12:00
艦娘で綴る潜水母艦の系譜・生没年などまとめ

艦娘で綴る潜水母艦の系譜・生没年などまとめ


今、なぜ潜水母艦なのか?

それは単に、昨日 艦これプラモデルNo.36 「潜水母艦大鯨」の新発売で家に届いたからです!
最初に見て驚いたのは箱がでかっ!ってこと!

大鯨ちゃん水着

戦艦長門屈曲煙突の箱と同じサイズでした。
まあ、この艦これプラモデルNo.36 潜水母艦大鯨については明日でも述べるとしましょう。

今回は潜水母艦の系譜をまとめました。

潜水母艦系譜

<潜水母艦とは>

潜水戦隊の旗艦として、そして
潜水艦の居住環境は、今もそうですが、狭い艦内ということもあって非常に過酷なものでした。
その潜水艦乗組員の疲労回復、補給任務に当たったのが潜水母艦です。


<潜水母艦黎明期>


上記の目的に潜水母艦がつくられたされた訳ですが、当初は改造艦でした。

韓崎(元々はロシア貨物船 エカテリノラフ)は排水量10000くらいの比較的大きな船になりますが、豊橋は常備排水量4000t足らずの小さな船で、駒橋に至っては日本最初の潜水戦隊旗艦(第四潜水戦隊)になるものの、基準排水量1125tという非常に小さい船でした。なので、実際には測量船などの任務に当たった様です。

<潜水母艦迅鯨・長鯨>

大正時代に作られたこの2艦は最初から潜水母艦として建造されました。

迅鯨写真

基準排水量 5160トン
公試排水量 7678トン
全長      125.4m
全幅      16.2m
速度      16ノット
主砲      14cm連装砲×2基
魚雷 40本、重油1900t 貯蔵

迅鯨見取り図

大正時代に作られたこの2艦は呂号潜水艦を基準に作られたので、その後の伊号潜水艦といった大型の潜水艦が主流になると能力不足になって行きました。

<潜水母艦 大鯨>

潜水母艦大鯨、剣崎、高崎は潜水母艦として申し分ない能力でしたが、そもそもが空母に改造することを念頭に入れて建造されています。

大鯨や剣崎はまだ潜水母艦としての期間がわずかにあるものの、高崎は建造途中から軽空母瑞鳳に改造されたので潜水母艦としての期間はありません。
2016年新春艦娘g

潜水母艦大鯨

満載排水量 14400トン
全長      215.65m
全幅      20m
速力      18.5ノット
兵装 12.7cm連装高角砲×2基他、呉式2号5型カタパルト、94式水上偵察機3機搭載


大鯨写真

潜水母艦大鯨はのちに軽空母龍鳳に改造されました。
マリアナ沖海戦等にも参加したのですが、その後は航空機不足から高速輸送艦になりましたが、最後は呉港において浮き砲台になり終戦を迎えました。1946年に解体されています。

空母龍鳳が呉港で浮き砲台になって、被弾した場所はここに
 ↓
歴戦の名艦の眠る場所 呉港


<潜水母艦剣崎、高崎>

基本的な形状は潜水母艦大鯨といくつかの部分を除いて同等です。
大きな違いは大鯨が艦橋とその後の格納庫が一体なのが、分離。

カタパルトが未設置。機銃が未設置だったことです。
これは早期の改造が念頭にあったからと言われています。

ちなみに剣崎⇒軽空母祥鳳は珊瑚海海戦で、高崎⇒軽空母瑞鳳は囮機動部隊としてレイテ沖海戦でエンガノ岬沖に沈みました。

詳しくは「艦娘で綴る日本空母の系譜」をご覧ください!と書こうと思って今見てみると、空母のまとめでもまだ、空母龍驤までしか書いていないことが判明!

艦娘で綴る日本空母の系譜
 ↓
艦娘で綴る日本空母の系譜

ここも続きを書かなければならないなあ。
人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

tag : 艦娘,艦これ,潜水母艦大鯨,艦これプラモデル,アオシマ,まとめ,,

2017/07/28 (Fri) 12:00
私のフェイス! しっかり頼みマスヨ~ 金剛1914 艦橋の組み立てデス!

私のフェイス! しっかり頼みマスヨ~ 金剛1914 艦橋の組み立てデス!


先週から今週にかけてあんまり進んでいないのですが、それでも一応一週間に一度は進捗をブログに書かないと!
(半ば義務感)

ちょっと、盆途中までは時間が色々取れない状況です!
でも進んだところは書いていく予定です。


kongouface.png

前回までは、木甲板の塗装まで行いました。

これまでの金剛1914建造日誌はこちら
 ↓
金剛1914建造日誌はこちら

通常ここまで進むと、この後の上部構造物は一気なのですが、思うように進んでいません。( ノД`)シクシク…

仮組みをするとこんな感じ。

金剛1914仮組み
※上部構造物を乗せただけ


で、今後の予定なのですが、こうなります。


① 艦橋の組み立て
② 艦首の鎖、旗竿
③ 搭載艇まわり
④ マストの組み立て
⑤ ウェザリング
⑥ 空中線の設置

①、③、⑥あたりが少し時間がかかるかなって感じです。

今週末も時間があまり取れないので、盆前の完成は間に合わないカナ?

艦橋の土台、搭載艇デッキ、煙突周りの接着

煙突付近接着

地味に艦上構造物の細かいパーツを接着しています。
煙突横には主砲の上にも設置されていた8cm単装砲をキットのものそのままに設置しています。

この8cm単装砲はアオシマ製「戦艦長門 屈曲煙突」作成時にはピットロードの新艦船装備セットⅢに置き換えました。

アオシマさんの8cm高角砲の大きさはラージスケール過ぎたので交換したのですが、カジカさんのは造形はやや劣るものの大きさはあまり変わりませんのでこのまま使用しています。

8cm高角砲比較k

長門屈曲煙突の詳細はこちら
 ↓
戦艦長門屈曲煙突建造日誌


そして、艦橋を組み立てて行きます。

生まれて3年程度の金剛の艦橋はずいぶん小顔でシンプルなのですが元々のカジカの造形が良いので決してシンプルな風にも見えません。

金剛艦橋付近

こんなに小さい艦橋ですが、いくつか手を加えています。

① 手摺の設置
   0.3mmピンバイスで穴を掘り、0.2mm真鍮線で手摺の支柱を設置しました。
② 双眼鏡の設置
  艦橋に立つ4つの棒は双眼鏡だろうと判断して、フジミの「水平双眼望遠鏡・探照灯セット」から双眼鏡を4基設置しました。
③ 梯子の手摺

通常はしごは、汎用のラッタルのエッチングパーツを用いるのですが、この艦橋の細さに合うものを私は手持ちにありませんでした。なので、キットのプラパーツをそのまま用いています。

このままだと手摺がないので、同様に0.2mmの真鍮線で手摺っぽく付ける予定。(まだ全部は実行しておらず)

今週はここまでです。
人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,1/700,艦娘,カジカ,戦艦金剛,艦船模型,

2017/07/25 (Tue) 12:00
水上機母艦秋津洲のゆっくりとした一日(係船桁の追加)

水上機母艦秋津洲のゆっくりとした一日(係船桁の追加)


水上機母艦秋津洲は1941年7月25日に進水式を迎えました。

なので誕生日の今日に向けて以前の製作に少しプラスアルファを行いました!
最近このネタが多いですね。
(実際私の持っている艦船模型は7月と8月生まれが多い)

これを書いている今日7月24日は駆逐艦山雲の誕生日!すいません!なにもできずに、建造日誌のリンクだけ貼っときます。
 ↓
駆逐艦山雲建造日誌

以前秋津洲を作った時は、黛艦長の行った「秋津洲流戦闘航海術」の再現に明け暮れて、動的な部分が多かったので、
今回はエッチングパーツに付属していながら未使用の係船桁を使用して停船状態の水上機母艦秋津洲を再現しました。

秋津洲流戦闘術を含めた建造日誌はこちら
 ↓
水上機母艦秋津洲建造日誌
この秋津洲流戦闘航海術を好きと言ってくれる方もいるんですよ。
感謝!

青空秋津洲

係船桁と言うのは、船を横付けさせるための物干し竿みたいなものでここの小型艦艇を付けて乗り降りするのに使用した訳です。

秋津洲アップ

ざっとこんな感じですかね。

秋津洲二式大艇夕日


この様な風景も味があっていいですね。


秋津洲夕日

今日は秋津洲にとっても何事もなく、いい日でした・・・

秋津洲横須賀鎮守府


人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,アオシマ,水上機母艦秋津洲,艦これプラモデル,二式大艇,,

2017/07/23 (Sun) 12:00
日本工作艦のまとめっていってもほとんど一択!でも意外な艦も工作艦に・・・

日本工作艦のまとめっていってもほとんど一択!でも意外な艦も工作艦に・・・


戦闘をしていなくても、故障なんてよくあったと思われますし、ましてや戦時中の損傷は非常にざらだったと思います。
そんな時に活躍したのが工作艦です。

艦これでも、建造や工作、改修で大忙し、大量のねじを消費して改修しても「失敗しちゃいました!」と返されるあっさりしたとこのある艦娘です。

明石改修

今回、その戦時中も大忙しだった工作艦についてまとめました。


工作艦の系譜

といっても純粋に工作艦として建造されたのは、「工作艦明石」だけです!

工作艦の最初は、ロシア客船「マンチェリア」を拿捕して改造したものです。

長らく、工作艦として活躍していたのですが、座礁の上、沈没。
非常に不便になったので、日露戦争で活躍した敷島型戦艦朝日を改造して工作艦にしました。

工作艦朝日


工作艦になった朝日

工作艦朝日図

常備排水量 15200トン(戦艦時)
全長      129.6m
全幅      22.9m
速力      18ノット




本格的な工作艦の登場が期待されていましたが、なかなか予算の都合上できず、
しかし、待望の生まれながらの工作艦がついに登場!

それが 工作艦明石です!

工作艦明石写真

目指したのはアメリカの工作艦メデューサ(すごい名前ですね)

工作艦明石図

公試排水量 10500t
全長      158.5m
全幅       20.56m
速力       19.2ノット

乗員299名、工作員433名 工場床面積3099平方メートル

驚くべきはその工作能力!

艦内には17の工場と114(?)台のドイツ製最新工作機械を装備しており、

なんと
平時、連合艦隊修理工数35万の内の40%を処理できる能力をもっていました!

表中に水上機母艦秋津洲や重雷装巡洋艦北上さんを入れたのはこれらも工作艦としての経験があるからです。

工作艦明石はその能力の高さから最優先攻撃対象になっていました。

1944年3月30日パラオ環礁の空爆の際、大破炎上、着底しました。
この時に同時に多くの特設工作艦も沈んだようです。
(特設工作艦 主に商船を改造しまもの「香久丸、松榮丸、山産丸、浦上丸、八海丸、山霜丸)

その後、特設工作艦として、白沙や一時期秋津洲も工作艦として艦種変更されました。

水上機母艦秋津洲の建造日誌はこちら、秋津洲流航海術も再現してます!
 ↓
水上機母艦秋津洲建造日誌

尚、北上さんは戦後の復員補助の為に工作艦をやったのち解体されました。

重雷装巡洋艦北上の建造日誌はこちら
 ↓
重雷装巡洋艦北上建造日誌

余談ですが、アオシマさんの「艦これプラモデルNo.35 工作艦明石」ですが


当初の発売予定

明石新発売m


そして今(2017年7月23日時点)

明石の発売予定

月さえ書いていません!
ウォーターラインシリーズで8月31日発売になっているけど、それより遅いってこと?!


どうも金型の作成が思ったように言っていない様ですが、それが原因ならウォーターラインシリーズの8月31日と同時ということになるのでは?

Amazonでは8月31日になっています。

ちなみにエッチングパーツも8月31日予定になっています。




人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ



テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,新製品,工作艦明石,アオシマ,艦これプラモデル,工作艦の系譜,1/700,

2017/07/20 (Thu) 12:00
提督ゥ~!ピッチピチのワタシを作って下さいネ~! (但し、一部失敗したのは金剛には秘密)

提督ゥ~!ピッチピチのワタシを作って下さいネ~! (但し、一部失敗したのは金剛には秘密)



前回までの建造日誌はこちら
 ↓
戦艦金剛1914建造日誌

前回は艦艇搭載甲板や主砲、煙突、マストなどの構造物の建造でした。

一気にキメマースg

今回は木甲板の塗装へ移ります!

普段の平日、まとまった時間が取れないので休日に何とか塗装をしたいと考えています。

まず、少し手間のかかる木甲板の塗装です。

この塗装は最初は空母飛鷹で行いました。
 ↓
空母飛鷹建造日誌

建造日誌の途中くらいに飛行甲板の塗装があります。

そして、戦艦長門屈曲煙突です。
 ↓
戦艦長門屈曲煙突建造日誌

基本的なやり方は最初からあんまり変わってません。
(進歩がないとも言う・・・・)

今回も基本の5色で塗装して最後に薄い黄色で仕上げていきます。


塗装色5色

段階的に「ウッドブラウン」「タン」「イエロー(ほんの少量)」を適当に段階で分けて行きます。

私の場合、木甲板は明るく仕上げたいので、最初はウッドブラウンから塗装し最後はタンを多めにしたもので段階的に仕上げていきます。

塗装5色目

1mm幅にカットしているマスキングテープを8mmくらいの長さにカットして使用しています。
これは、前回長門でも感じたのですが、色の差が激しすぎるとやや不自然です。

ウッドブラウンの勾配はもっと少なめの方がいいと前回も後悔したのを今頃思い出しました。

最期にかなり希釈した黄色を全体に吹きかけます。
これによってややウッドブラウンの濃い部分の不自然さが解消されていると思います。

木甲板のみ塗装済

これは木甲板のみ塗装した後軽く組み上げたものです。

実はこの後 悲劇が Σ(゚Д゚)

うっかり、せっかく6色塗装した木甲板の上に接着剤(流し込みタイプ)をこぼしてしまいました!

接着剤をこぼす

「アホや~」

メチャメチャ後悔!
模型の直ぐ近くに満タンに入った接着剤、薄め液などを置かない!

ここで触ると余計手直し不可能になると思い乾くまで我慢!

この後、手塗りで修正に1時間かかりました!


<煙突の雨水カバー>


煙突の雨止め

0.2mm真鍮線で作ってみたのですが、作った後に煙突のキャップの根元の部分だけはプラキットを使用しておくのだったと感じています。
ただ、あまりに真鍮線の作業に手間がかかったのでもう一度崩してまで作り直す気力がないことは金剛には内緒です。

それと、後の煙突の中には整流板が入っているのですが、この頃の煙突にはないらしいです。

<艦首部分のモールドと魚雷防御網展開用支柱>

金剛艦首のモールド

まずは、見ていただきたいのは「カジカ 戦艦金剛」のモールドです。

普段は船体側面の窓は0.4mmピンバイスなどで開口するのですが、カジカのこのモデルは最初から開口する必要がないくらい
深いモールドになっています。

ここは感動部分でした!

そして、この時代の戦艦の側面についていた魚雷防御網展開用支柱、この時代の戦艦(まあ艦艇ほとんど全てですが)停泊中の急な発進などは出来ません!

停泊中に水雷艇などの雑兵に大事な戦艦が魚雷でもくらわされたら大変!ということで付いていたのがこの設備です。

戦艦長門の初期の頃まであった様ですね。

この時代の特徴的なとこで好きです。

手摺りは汎用パーツを付けました。また、船体側面のラッタルも汎用パーツで少し目立つようにしています。


<全体塗装>


金剛大体の塗装終了

で、全体を塗装しました。

塗装色は「呉海軍工廠色」。
恐らく、戦艦金剛は横須賀鎮守府所属でしたので、Mrカラーで言えば、軍艦色(2)で塗装するのが近いのでしょうか。

これは、私の完全な好みでの色の選択なので、参考にされる方は各自好きな塗装色で良いかと思います。
て言うか普通は素直に軍艦色(2)で良いかと。


※私が戦艦金剛が好きなのは、中学生くらいの時に軍艦を好きになった時からです。
その時に持っていた、たぶん学研の図鑑を良く見ていました。

私の記憶の中にある金剛は少し明るめのグレーで、海上を颯爽と航海する姿でして、その記憶の色を再現したくて少し明るめの呉海軍工廠色を塗った訳です。
(尚、舞鶴海軍工廠色だと明るすぎて、横須賀、佐世保だと暗すぎる訳です)

ところで、接着剤の被害は修正出来ているでしょうか?

まあ、結構リカバリーできたかなと思っています。

人気ブログランキングに参加しています!
宜しければポチットお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,1/700,カジカ,戦艦金剛,木甲板,

2017/07/18 (Tue) 12:00
今日は駆逐艦島風の誕生日です! 5連装酸素魚雷 行っちゃって!

今日は駆逐艦島風の誕生日です! 5連装酸素魚雷 行っちゃって!



最速の駆逐艦島風は、1941年起工、1942年7月18日に進水命名式をとり行われました。

5連装酸素魚雷発射!mini

駆逐艦島風については、今までさんざん書いてきたのでここでは最近発売された タミヤのニューキット 駆逐艦島風の中身レビューを行いたいと思います。

旧キットの製作はこちら
プラモデルを再開して間もない頃なので結構未熟ですが・・・・
 ↓
旧 タミヤ島風建造日誌

これまでの駆逐艦島風の新製品情報はこちら
 ↓
タミヤ 駆逐艦島風 新着情報!(続)

<箱と中身>

タミヤリニューアル中身

これを見た時にあれっと思ったのですね。

通常、ウォーターラインシリーズに付きものの、共通パーツセットがないのですね。

<説明書>

島風説明書

結構気合入ってます。



<リノリウム甲板デカール>

リノリウムデカール

これは新しいですね。
リノリウム甲板用のデカールが付いています。

<ランナー>

島風ランナー

こちらが重要ですね。

最近のタミヤのリニューアル品(って言っても余りありませんが)や比較的新しい軽巡阿武隈などは主砲をポリキャップではめ込むようにしています。

主砲を稼働できるようにしている訳ですね。
私の様にいろいろ遊びたい人には嬉しい設計です。


島風モールド

甲板のモールドは最近ではこの位は普通と言えるでしょう。

そして、船体は艦底に左右から貼り付けるタイプです。
これ、軽巡阿武隈もこのタイプなのですが、艦首部分で組み上げる様になっているのでうまく処理をしないと艦首に変な継ぎ目が出来てしまいます。

できれば流し込みパテなどでこのつなぎ目はうまく消したいものです。

<艦底>

島風艦底

これは新しいですね。
私もつなぎとめないくせに毎回艦底にビスを装着させています。

ジオラマなどをする時に固定できるのでさり気に嬉しいのですが、ネジが限定される弱点がある気もします。
(私はいつも駆逐艦には2mm直径のビスを固定します)

<総評>

総評って言っても偉そうなんですが、一部新しい設計もありつつ、作りやすい設計の様です。

どうせ作るならエッチングもりもりで作ろうかな?
結構先になる見込み。
積みプラが多くて・・・・

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければぽちっとお願いします。
↓(´・Д・)」( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,タミヤ,1/700,ウォーターラインシリーズ,島風,,

2017/07/15 (Sat) 12:00
重雷装巡洋艦大井っちの誕生日にちなんで、魚雷発射なんぞ如何でしょうか?

重雷装巡洋艦大井っちの誕生日にちなんで、魚雷発射なんぞ如何でしょうか?

1920年7月15日は 軽巡大井の進水命名式でした。


今も昔も進水式に艦の命名を行います。なので進水命名式なのです。

因みに、北上さんは同年 1920年7月3日です。
北上さんの時にはあまり準備ができなかったので、重雷装巡洋艦大井っちの時には少し準備がしたいと身構えてました。

まあこんなやり取りがあったとか、なかったとか。

提督:「ごめん!北上さん!」 
北上さん:「まあ、別にいいけどね~。その変わり間宮で甘味おごってよ」
大井っち:「エ~ツ 北上さん・・・」


楽しみだよねg (2)_LI


この娘 大井っちはまあユリっ娘なんですが、実は一番表情の豊かな娘なんですよね。(アニメの中ですが)
まあ主に北上さんのことに絡んでなんですけど。

以前、大井っちを作った時(プラモの方)は艦首の波がないなど、まだまだ私の方の簡易ジオラマでも走り出しの頃でした。

なので今回はもう少し充実したものをお届けしたいと思っています。

ちなみにこちらも良ければ

重雷装巡洋艦大井建造日誌(エッチングパーツは汎用パーツを使用)
 ↓
重雷装巡洋艦大井建造日誌


こちらの重雷装巡洋艦北上さんと対比するのも面白いかも知れません。
(こちらは、アオシマ製純正のエッチングパーツを使用しています)
 ↓
重雷装巡洋艦北上建造日誌


<重雷装巡洋艦大井 巡行風景>

重雷装巡洋艦大井巡行


<そこに魚雷発射なんぞ!>


重雷装巡洋艦大井魚雷発射! (2)

左舷第一発射管から93式酸素魚雷が発射されているのが分かるでしょうか?

一応4本発射しているのですが2本目以降は見えにくくてすいません。

最初、魚雷を4本一緒に並べていたんですが普通、4本同時に発射しないよなって考えて、少々調べてみたら(場合に寄りますが)数秒ずつずらして少し角度とタイミングをずらしながら発射する様でした。

なので少々ずらして撮り直しを行いました。

魚雷は発射され、海面にぶつかったあとは一旦水中にもぐります。
それではよく見えないので少々見えるようにしております。

そんなにうまくも行ってないのですが( ^ω^)・・・

重雷装巡洋艦大井よこから魚雷発射

前にも書いたことがありますが、艦これでの戦闘手順である。

制空権の確保
 ↓
開幕雷撃
 ↓
砲撃戦
 ↓
魚雷戦

というのは、旧日本軍が理想としていた戦い方だったのです。

そこでは、重雷装巡洋艦 1隻から片舷40門もの魚雷が発射されるというものすごい光景があったはずです。

(一度もなかったのですが・・・(´;ω;`)ウッ…)

そして、相手は混乱! 水上砲撃戦を有利に展開することができるというものでした。

そして、とどめは水雷戦による雷撃という訳です。
実際には航空戦主体になった訳ですが。

最期は重雷装巡洋艦大井と重雷装巡洋艦北上さんの2ショットで

北上さんと大井さん魚雷発射!

最後はこの方のこの言葉が一番うれしいんでしょうね

誕生日おめでとう大井っち!


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ
この娘からもおめでとうの言葉を!

人気ブログランキング
「大井さん!誕生日おめでとうございます! もーっ! 北上さん!前髪触るのはやめて下さい!」

今回は少し暴走気味でした・・・

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,アオシマ,重雷装巡洋艦大井,重雷装巡洋艦北上,1/700,艦これプラモデル,

2017/07/14 (Fri) 12:00
提督ゥ~!最近、構ってくれてナイデス~!(甲板・煙突・主砲・マスト)

提督ゥ~!最近、構ってくれてナイデス~!(甲板・煙突・主砲・マスト)




提督~最近構ってクレテナイデス~

これまでの建造日誌
 ↓
カジカ 巡洋戦艦金剛建造日誌


今回も亀の歩みですけど、少しずつは進みました!

<艦艇甲板>

煙突周辺です。支柱はけっこう細かい作りになっていました。

艦艇デッキ裏側

説明書の通り、足を接着し、クロスの支柱を伸ばしランナーで作りました。

支柱を伸ばしランナーで

この上には探照灯台があるんですよね。

煙突と甲板

支柱の間を黒で塗装したとしてもやや目立つ感じなので、ここは四本の支柱部分を残して切り取り、クロス部分は伸ばしランナーで作りました。

探照灯台支柱

どうもこの時は今一つ調子がで出ず、うまく出来ませんでした。
そんな時があるんですよね。集中力が持たないって言うか・・・

後から考えれば、クロスさせるので真ん中でうまく交差するように前後で少し勾配を付けてクロスさせれば良かったと感じてます。

煙突には汎用パーツでラダーを取り付けています。

<主砲>

金剛の36cm主砲には第二砲塔と第三砲塔に測距儀が付いています。

金剛主砲

しかし、その取り付けの穴はどうも中心からずれています。
実際の船で測距儀の真ん中が中心からずれることもないだろうということで、この穴は無視することにして中心を取り接着しました。

因みに8cm単装砲を置く位置も少し中心からずれています。

主砲ラッタル取り付け

そしてラッタルのモールドがある部分を削り、汎用パーツを取り付けました。

<マスト>

この時代の戦艦には特徴的に高いマストがありました。
戦艦金剛1914もそうなのです。

マストにもラッタル

前部マストは組み上げてしまうと手を引っ掛けて折ってしまいそうなので、まだ分割したままです。

前部マストには見事なラッタルのモールドがあるのでこのままでいいかなっと思ったのですが、後部マストにはそのモールドがない。

ラッタルがないとは考えられないので、実艦の写真にありそうな箇所に同様に汎用パーツを取り付けました。
前部マストにも後部と整合性を取るために同じものを接着しました。

進みは遅いかも知れませんが少しずつ進めています!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,カジカ,戦艦金剛,製作手順,1/700,

2017/07/11 (Tue) 12:00
第一水雷戦隊阿武隈 キスカ島撤退作戦 抜描!

第一水雷戦隊阿武隈 キスカ島撤退作戦 抜描!



キスカ島撤退作戦の実施は昭和18年7月29日です。
日にち的にはあと2週間ほど後なのですが・・・

軽巡阿武隈がほぼ完成したので、キスカ島撤退作戦を再現してみました。

キッカ島阿武隈2

軽巡阿武隈のこれまでの建造日誌はこちら
 ↓
第一水雷戦隊阿武隈建造日誌


キスカ島撤退作戦のいきさつは、ここでは詳しく述べませんが、宝島社から発売されている「日本海軍 「艦これ」公式作戦記録」
より抜粋しましょう。

すごく簡単に述べると、カムチャッカ半島の奥にアッツ島、キスカ島という小さな島があります。
ここはアメリカの領土なのですが、日本軍が占領してしまいます。

しかし、だんだん敗色が濃厚になり、アッツ島は玉砕、キスカ島の5300名の日本軍陸軍兵士は取り残されます。

そこから、濃霧に紛れて軽巡阿武隈率いる第一水雷戦隊が中心となって撤退作戦を実施したというものです。

キスカ島撤退作戦作戦図

この撤退作戦を成功させるために、第一水雷戦隊木村少将は気象予測官を呼び寄せ、霧の予測をさせます。

又、最新鋭駆逐艦島風の参加を依頼します。
そのレーダー探知も当てにした訳です。


参加艦艇

作戦に参加した艦艇は次の通り

軽巡洋艦阿武隈、木曽、多摩
駆逐艦夕雲、風雲、秋雲、朝雲、薄雲、響、若葉、初霜、長波、島風、五月雨
海防艦国後、タンカー日本丸

キスカ島阿武隈編隊
※背景だけが変わり基本構図が同じなのはご勘弁を

撤退作戦を成功させるために、霧中給油訓練も実施、大発も準備します。
5300名を1時間以内で収容させるために、大発を22隻(キスカ島10隻、第一水雷戦隊が12+1隻を輸送)用意し、
大発の発艦も訓練しました!


一度目の突入は霧が晴れて失敗!
二度目の突入も近くまで行ったところで、霧が晴れ始めました。
このままでは、米軍に見つかってしまう公算が高い!

木村少将は「よし帰ろう!帰れば又来ることができるからな!」と撤退を決意します。

私はいつもここが素晴らしいと思います。蛮勇で突入をする方が楽かも知れません。
しかし、島に取り残されている兵士を救うには万全を期して成功させなければなりません。

実際、流石の第一水雷戦隊も臆病風を吹かしたな!と後ろ指を指すものもいた様です。

そして、米軍はいつ攻めてくるかも分かりません。
好機を待って玉砕させてしまっては元も子もありません!

最終的には好機を得、霧の中キスカ島の撤退を敢行します!

キッカ島撤退阿武隈1
(この霧は冷凍食品を買った時についてくるドライアイスです。2コインもらいました。 協力 西友)


米軍は撤退したことに完全に気づかず、占領の際に同士討ちをしてしまいます。

8月1日、艦隊は米艦軍に遭遇せずに幌筵(ぱらむしる)島に到着します!



ここにおいて、奇跡の撤退作戦と呼ばれる「キスカ島撤収作戦」は完全に成功しました!

阿武隈帰投後




最期に私が所有しているプラモデルで初期に作った為、海上の撮影をしていなかったキスカ島撤収作戦参加艦をご紹介します!

駆逐艦夕雲

夕雲g

駆逐艦夕雲は、先ほどハセガワさんから45年ぶりのリニューアルがされました。
既に所有しているのですが、積みプラがある程度片付いてからです。

この夕雲を作る時に結構苦労したので逆に愛着があるので、ニューキットは同じ夕雲型の他の艦にする予定です。
舷外電路を伸ばしランナーでやって見たり、この時は伸ばしランナーが太く出来ちゃうんですよね。

逆に今は太く作るのが難しい・・・

駆逐艦夕雲建造日誌はこちら
 ↓
駆逐艦夕雲建造日誌


駆逐艦朝雲

駆逐艦朝雲g

空中線を張ってませんし、マストもキットのままです。

最近私の鎮守府にも遠征を通じて育成を少し始めました・・・
結構いいやつ!

駆逐艦朝雲(山雲)及び秋雲建造日誌
 ↓
駆逐艦朝雲(山雲)及び秋雲建造日誌

駆逐艦秋雲

秋雲g

駆逐艦秋雲は、私がプラモ再開して唯一の素組みプラモデルです。

秋雲は泥するのに苦労したなぁ・・・
建造したらあっさりでしたけどね。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング
今回島風の紹介がなかったのでここで載せました!

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

2017/07/08 (Sat) 12:00
戦艦金剛ちゃんを更に掘り下げたいと思います!英国に親戚はいるの・・・!?

戦艦金剛ちゃんを更に掘り下げたいと思います!英国に親戚はいるの・・・!?



艦これアンソロジー佐世保1
※艦これアンソロジー1巻の表紙です。これ反則ですよね~。買う気なくても買っちゃいます!


こちらでも高速戦艦金剛の生まれの地を紹介しましたが、
 ↓
日本の戦艦の系譜、生誕の地、眠る場所と金剛級の解説


ご存知の通り、戦艦金剛はイギリス ヴィッカース社で建造された戦艦です。

当時の英国は戦艦輸出国だった訳で戦艦金剛の前進になる戦艦があったはずです。



同じ時代に生まれたイギリスの戦艦はこの辺です!


<戦艦エリン>

戦艦エリン

エリンとはアイルランドを示す文語体とのことです。

外国向けの設計の為か、イギリス戦艦の形状と少々違う形状になっています。
特に煙突は2本が異常に接近しています。
(オイオイ!ちょっと近すぎ・・・)

常備排水量 2万2780トン
満載排水量 2万5168トン
全長      170.5m
全幅       27.9m
速力       21ノット
武装(主砲)  34.3cm(45口径)連装砲×5基
   (副砲)  15.2cm(50口径)単装砲×16基

なんか、エリンちゃんと呼びたくなる可愛い名前の戦艦ですが、少々数奇な運命をたどっています。

本来、この戦艦はオスマン帝国(今はオスマントルコ帝国とは言わない様ですね)
から受注されて建造されていた「戦艦レシャディエ」です。

まあ、第一次世界大戦という戦争が始まったんでイギリスに接収されて「戦艦エリン」となりました。

ジュトランド沖海戦には戦艦部隊の先頭付近を航行してましたが、なぜか会敵機会に恵まれず主砲を発射していません。

1922年に解体されています。


<巡洋戦艦ライオン>



巡洋戦艦ライオン

ライオン級巡洋戦艦は装甲の見直しと主砲でる34.3cm主砲の首尾線上集中配置に力を入れた設計になっています。


常備排水量 2万6270トン
満載排水量 2万9680トン
全長      213.4m
全幅       27.0m
速力       27ノット
武装(主砲)  34.3cm(45口径)連装砲×4基
   (副砲)  10.2cm(50口径)単装砲×16基

このライオン級は第一次世界大戦では活躍し「華麗なる猫属(Splendid Cats)」と呼ばれました。

第一次世界大戦後はワシントン条約の削減対象になり1924年スクラップとして売却されました。

ちなみに、この後のクラスが、第一次世界大戦から第二次世界大戦を通じて活躍したクイーンエリザベス級です。



<巡洋戦艦金剛>


金剛1913図解

竣工時

常備排水量 2万6330トン
満載排水量 3万2306トン(榛名)
全長      214.6m
全幅       28.0m
速力       27.5ノット
武装(主砲)  35.6cm(45口径)連装砲×4基
   (副砲)  15.2cm(50口径)単装砲×16基

ご存知、日本帝国海軍でもっとも活躍したのが戦艦金剛級です!
その1番艦戦艦金剛だけはイギリスで建造されました。

原型になった戦艦は「イギリス戦艦エリン」。
(以前はライオン級巡洋戦艦がベースという説が一般的だったらしい)

「戦艦エリン」をベースに船体を延長。防御設計もエリンに準じました。

すなわちエリンちゃんは叔母様ぐらいの関係でしょうか?

主砲は当初30.5cm砲という考えもありましたが、当時の世界の最先端である35.6cm砲の搭載が決定。

その結果、ライオン級より強力な火力!
同等の速力!
(やや薄い装甲防御!)
となりました!


当時で言う最大の主砲である35.6cmという巨砲。
27.5ノットでの高速性!

戦艦好きならこちらの本に世界の戦艦が詳しく載っています。


この金剛級4隻「金剛」「比叡」「榛名」「霧島」で編成された第三戦隊は世界最強の巡洋戦艦戦隊だったのです!



人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします!
↓( ̄^ ̄)ゞ

tag : 艦娘,戦艦の系譜,戦艦金剛,戦艦エリン,巡洋戦艦ライオン,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ