プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/09/25 (Sun) 09:55
全日本模型ホビーショー 最後はハセガワさん 隼鷹1/350新製品

最後になりましたが、ハセガワさんです。
こちらは今回の新製品として、空母隼鷹1/350が展示されているはずだということで向かいました。
始めにポスターが目に入り、人だかりもあるのでそちらに行ってみました。
隼鷹ポスター
こちらは単にポスター。キット販売のコーナーでした。
辺りを見るともっとも目立つところに隼鷹が展示されていました。
隼鷹案内
空母隼鷹は、詳しい方はご存知の通り、もとは日本郵船の橿原丸という豪華客船からの改造空母です。商船改造空母といえば、速度は遅い、艦載機は大して載せられない、護衛か輸送くらいにしか役に立たないという印象もあるかも知れませんが、隼鷹、飛鷹は蒼龍、飛龍なみの艦載機搭載能力でした。(速度は25.7ktと遅いけど・・・)
隼鷹は日本機動部隊最後の勝利になった「南太平洋海戦」で「空母瑞鶴」とともに米「空母ホーネット」を沈める戦果を挙げます。この時用いたのがいわゆるアウトレンジ戦法(飛行機の航続距離外から発進、その後猛烈に追い上げて帰投させる。ベテランパイロットの腕前と空母との連携が必須)でした。
隼鷹は上記の様な殊勲艦の上に終戦まで生き残った幸運艦でもあります。中でもマリアナ沖海戦では、紙の様な装甲にも関わらず、幸運と卓越したダメコン能力で生き延びました。(しかし、至近弾の破片が船体を突き抜けるという正規空母ではありえない損害を受けている・・・やっぱ装甲が薄いからなあ)その後の輸送任務では潜水艦の雷撃により2本の魚雷が命中して艦首艦底部が吹っ飛ぶ被害に遭いながらも日本に帰還しました。(その時松型駆逐艦槙が身を呈して魚雷1本を受け止めている。槙も生還できた)
しかし、こういった幸運艦には運もありますが、それだけの対応能力や経験の蓄積など理由があるものですね。惜しむらくは共有化に時間がかかる組織であったのではないかということです。
そんな背景を見ていくと隼鷹(飛鷹も)もっと注目に値しても良かった船だということです。
話が長くなりましたがキットの話に戻ると
隼鷹模型ハセガワ
11月15日発売予定とのこと。
隼鷹エッチングパーツABS
同時に木製甲板セット、エッチングパーツベーシックA,B及びスーパーディテールが同時発売。
tenryutatsutaスーパー
天竜龍田のスーパーディテールセット、三笠フルハルスペシャル(いずれも1/700)が展示されていました。
以上全国模型ホビーショーの艦船に関連する報告でした。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : 全国模型ホビーショー,ハセガワ,隼鷹,艦船プラモデル,天竜,龍田,新製品,

2016/09/25 (Sun) 00:27
全日本ホビーショー ピットロードはガルパン推し、新製品は護衛艦いずも、かが

ピットロードさんのブースです。
まずはもらったパンフ
PITpanf.jpg
ガルパン(ガールズ&パンツアー)は詳しくないのですが複数のメーカーからモデルが出ている様です。
艦船プラモ的に言えば、ピットさんの今回の目玉は
PIT砲弾
ではなくて
PITいずも
です。
DDH-183ヘリ「護衛艦いずも」はハセガワさんから出てますが、今回ピットさんからも出ます。11月発売予定。
PITかがとの違い
続いてDDH-184「護衛艦かが」が12月発売予定です。
既に雑誌などでは取り扱いがありますが、「かが」は基本的には「いずも」と同型ですが、いくつかの細かい違いが指摘されています。その部分を赤字で説明がありました。艦首の係留装置、舷梯、作業艇格納庫カバー、艦尾フラット、CIWS1Bなど(いずもは1A)。他、護衛艦あきづき(初代の方)改装後、
初代あきづき
新規パーツは可変深度ソナー(VDS)、ボフォース対潜ロケットランチャー、3連装短魚雷発射管など
他は「日本海軍特設運送船愛国丸」、「護衛艦しらね」etcの新規パーツ追加
「空母龍鳳 長甲板」、「イタリア戦艦リットリオ」他英米戦艦や空母など。マニアックでいいですね。
それと、輸入代行しているテトラモデルワークスや
tetraNP.jpg
インフィニモデルのエッチングパーツが新製品として展示していました。
エッチングNP
一番右は名前が切れてしまいましたが陽炎型(雪風)用エッチングパーツです。
護衛艦いずも」のハセガワさんとの違いが気になります。



テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 全国模型ホビーショー,ピットロード,艦船プラモデル,護衛艦,いずも,かが,あきづき,新製品,

| ホーム |

 ホーム