プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2018/07/14 (Sat) 12:00
天竜型改二実装記念回

天竜型改二実装記念回


ここのところ毎日、うだる様な暑さですね。
(うだる=茹だる なんですね。茹でられる様な暑さということか)
ベランダに出るのが好きなうちの猫ちゃんも出てはすぐ戻ってきます。

さて、艦これでも遂に天竜型で龍田改二に続いて天竜さんも改二が実装されました。

暫く間があくのかなって思ってたんですけど。

天竜改二

うちの鎮守府ではまだ、二人とも改二にできてません。
天竜さんLv84、龍田さんLv80ですのでなかなか。

最近、遠征の引率をしていますが、もともと他の艦に任せてたし。
でも改装設計図がいらないので他の艦娘と並行でLvアップにいそしむことにします。


<天竜型>


軽巡天竜

天竜型は1915年八八艦隊計画の前身である八四艦隊計画のもとで計画されました。
その設計の元は江風型駆逐艦の拡大型で嚮導駆逐艦(水雷戦隊の親玉になるべく設計された駆逐艦)の拡大型という役割だった様です。

要目 (計画)
基準排水量:3,230トン、常備排水量:3,495トン、公表値 3,500トン
全長:142.65 m、最大幅、12.42 m
常備平均13 ft 0 in (3.96 m)[8]
ボイラー:ロ号艦本式重油専焼水管缶大6基、小2基、同石炭・重油混焼水管缶2基
主機:ブラウン・カーチス式オール・ギヤード・タービン(高低圧)3基
出力:51,000 SHP、速力:33.0ノット、航続距離:5,000カイリ / 14ノット
燃料、重油:920トン、石炭:150トン
乗員:1919年公表値 332名
兵装
50口径三年式14cm砲4基4門、40口径8cm高角砲1門、三年式機砲2門
六年式(53cm)3連装発射管2基6門、四四式二号魚雷12本
八一式爆雷投射機2基、投下台4個載2基、手動1個載2基
中型防雷具2基、機雷投下軌道2条
九三式機雷56個、須式90cm探照燈 2基

龍田改二


<防空巡洋艦改造案>


さて、今回天竜型改二になるにあたって、対潜値と対空値が上がった防空軽巡洋艦の仕様になっている訳ですけども史実的にはどうだったのでしょう。
まあ、今回の改二に当たって調べようと思ったきっかけです。

<防空巡洋艦改造私案>

イギリス海軍では1936年からC級軽巡洋艦の備砲を全て高角砲にした防空巡洋艦への改造を行っていた。
日本海軍でも防空巡洋艦に着目し1935年(昭和10年)頃から検討が行われた。天龍型も防空巡洋艦への改造計画が検討され、数種の案があった。
改装検討案において、兵装は12.7cm連装高角砲4基、25mm3連装機銃4基、九四式高射装置2基、九三式爆雷投射機1基、九四式爆雷投射機1基、爆雷投下台4基、爆雷36個、薬煙幕発生装置の装備を検討した。
(Wikpedia 天竜型軽巡洋艦抜粋;毎年寄付してますし(ちょっとだけ)、いいですよね

防空艦というのは、対潜装備と遂になっていることが多いというかほぼ必須のようです。
この当時もすでに航空機と潜水艦は両方とも大きな脅威になりつつあったということと、対潜兵器と防空兵器の充実は両立したという元でしょうね。

私案というとこですけど、大元帥であった昭和天皇まで検討していることを報告している様なのでそれなりに本気だったようです。


「オレの装備が気になるか?世界水準軽く超えてるからなぁ~!…何?古いって!?…バカなっ」

天竜型は竣工当時は世界水準を超えていた軽巡洋艦だったのですが、最高速度は33ノットと当時の日本の駆逐艦の35ノット前後の速度についていけない。
アメリカの巡洋戦艦(33ノットを想定)では逃げ切れない。

などから2隻で終わり、当時として世界最高水準の5500トン型軽巡洋艦に移行する訳です。
(7月12-13日はコロンバンガラ島沖夜戦でしたね。軽巡神通の沈んだ日です。)

5500トン型軽巡は拡張性はあるし、いい軽巡です。全て大正年代の船なのに特に大戦前期では切った張ったの大太刀周りで水雷戦隊旗艦として大活躍していますね。

艦娘で綴る日本軽巡洋艦の系譜まとめはこちら
   ↓
艦娘で綴る日本軽巡洋艦の系譜まとめ

日本水雷戦隊まとめはこちら
 ↓
日本水雷戦隊まとめ


でもそんな天竜型って結構好きなんですよね。

コンパクトな軽巡って感じで可愛いんです!

軽巡天竜艦尾

冒頭からちらちら載せているこの模型の写真は私が艦船模型を初めて1年目くらいに作ったものです。

今改めて見ても作りやすいしディテールは細かいし満足のいく良いキットでした。

ハセガワ製 軽巡洋艦天竜 スーパーディテール建造日誌はこちら
 ↓
ハセガワ製 日本軽巡洋艦天竜 スーパーディテール建造日誌



今、アマゾンを見るとこのスーパーディテールセット、天竜さんは売り切れだったのですが、龍田さんはまだ在庫がある様です。
天竜型が好きな方はいいかも知れませんね。


ただ、エッチングパーツ付きだと少々難しいという方でも、ハセガワさんが新金型使用した2015年にリニューアルしたキットです。


非常に出来が良くお勧めのキットです。

暑さはこれからが本番だと思いますが、体調に気を付けて過ごしてください!

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,ハセガワ,軽巡洋艦天竜,軽巡洋艦龍田,1/700,

2018/07/12 (Thu) 12:00
フジミ駆逐艦秋月に色々手を加えますよ~(手作り部分)

フジミ駆逐艦秋月に色々手を加えますよ~(手作り部分)


駆逐艦秋月ですが、模型は竣工時ですが、今回「エンガノ岬沖海戦時」を想定して作っています。

秋月g


これまでの建造日誌はこちら

フジミ製駆逐艦秋月&照月建造日誌

駆逐艦秋月もその優秀さから様々な海戦に参加しているだけに、損傷を受けることも多かった様です。

そしてその修理時に様々な改造が加えられていきました。

秋月改造必要箇所
※モデルアート社 帝国海軍駆逐艦総ざらい

更に、エンガノ岬沖海戦時には25mm単装機銃がわんさかついていたと推測されますが、正式な数は不明だったと思います。


上の図にはありませんが、後部マストには13号電探を付け加えます。

フジミの何かのEPの残りから拝借しました。

元々、測距儀(カバーだけで中身なし)の部分は撤去されて、機銃台が設置されました。
これはプラ板で作成します。

秋月後部マスト作成

機銃台はちょっとブルワークのプラ板の厚みだけ大きめになったかなって感じもしますが、作り直す気力が湧かないのでこれで良いと自分に言い聞かせます。

後部マストは最初FH社の付属のEPを使用するつもりでしたが、今一つ形状が気に食わなかったのと前部マストと整合性を合わせるうえでも結局、真鍮線で組みなおしました。
メインの支柱になる部分は0.3mm真鍮線、サイドになる部分は0.2mm真鍮線をカットし、瞬間接着剤で付けて組み立てます。


魚雷発射管前の機銃座はそのままフライホーク社のエッチングパーツのままです。

機銃座

しかし、下の支柱に付けている三角版がほとんど見えないのが寂しい!

煙突横の機銃座はプラ板で作成!

煙突横の機銃台

こちらは竣工時にはないので、プラ板で手作りです。
なぜか撮った写真が裏返ししかないので裏の三角板を接着した様子を載せました。

他のパーツに合わせて、三角版を汎用EPを用いて接着します。


そして、手作り体験の山場は前部マストです!

前部艦橋

どうにか楽はできないものかと思案しましたが、結局、0.3mmと0.2mmの真鍮線を組み合わせてマストを組みなおすしかありません。
頂にある避雷針は0.1mm程度のエナメル線です。

上の図やら、初月の写真などから推測して、こんなもんかって感じでくみ上げていきます。

尚、艦橋の後ろのデッキ部分は竣工時より拡大されているようなのでプラ板でカットして延長しております。

一本、一本くみ上げて接着していきます。

結構手間がかかりますし、集中力が必要です。

まあまあ、結構きれいに組み上げられましたか?

思い起こすとこのフジミ製駆逐艦秋月のキットはプラモデルを再開した初期に買ったんですよね。

約2年間積みプラになっていたのですが、2年前にこのマストをくみ上げようとしたら恐らく挫折していたでしょう!

そう思うと意味のある積みプラ期間だったと言えるかな?


人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,フジミ,1/700,駆逐艦秋月,,

2018/06/30 (Sat) 12:00
空母艦娘の離陸方法分類 その2(式鬼神タイプとかからくり箱タイプ)

空母艦娘の離陸方法分類 その2(「式鬼神タイプ」と「からくり箱タイプ」)


公開は土曜日30日ですが、金曜日も土曜日の午前中も用事があるので、木曜日にサッカーを見ながら書いています。

なので進まない!
引き分け以上で決勝トナーメント出場!頑張ってほしい!ひやひやしっぱなし!

⇒結果はご存知の通り!決勝トーナメントがんば!


さて、先週の土曜日に引き続いて、空母艦娘の飛行機の離陸方法です。

艦これに興味のない方には全く興味がないかもな記事ですし、艦これをしている人にも興味がないかも知れませんが宜しければお付き合いを。

前回の空母艦娘の離陸方法その1 弓矢タイプ及びその亜流と分類するクロスボウタイプでした。

 前回の記事はこちら
 ↓
空母艦娘の離陸方法分類その1(弓矢タイプ、亜流としてのクロスボウ)


今回は弓矢タイプに次ぐ勢力を持つ、タイプです。

<式鬼神タイプ>



このタイプには何人かの艦娘がいます。

その代表は軽空母龍驤ちゃん。

龍驤改二g

軽空母龍驤は艦娘の離陸特集記事を始めたきっかけです。

艦これプラモデルNo.26では艦これタイプの龍驤もつくれる遊びこころをもったキットです。

その離陸方法は一言で言うと、式鬼神がふわふわっと飛行甲板を模した巻紙上で航空機に変換、立体化して飛び立つというものです。

このタイプの離陸過程は模型で再現したのでこちらを参照に。
 ↓
艦これプラモデル No.26 軽空母龍驤建造日誌

多少時間軸は違えど、この軽空母龍驤と商船改造空母の軽空母飛鷹、軽空母隼鷹は第四航空戦隊の主力空母になります。

四航戦そろい踏みg


空母飛鷹も模型を作ったことがあるので興味がある方はぜひ!
 ↓
空母飛鷹建造日誌

これら四航戦は全て「式鬼神タイプ」です。


では、その他の「式鬼神タイプ」はと言うと


雲龍三姉妹g
※すいません。葛城さんだけまだ改にできてないです。(慢性的な設計図不足、最近2枚必要とか多くて)

雲龍改、天城改は士鬼神が格納された札入れから次々と繰り出されるようです。

そして、天城改の飛行甲板には鳥居が・・・
天城さんがずっと呉湾にいた事を表しているのかな?


この3姉妹、ご存知、帝国海軍が最後に建造した正規空母姉妹です。

竣工した時には時すでに遅く、載せる飛行機も飛ばせるパイロットもいない時代でした。

雲龍さんは、某航空兵器を載せる輸送船替わりとして航行中に米潜水艦に沈められ、空母天城と空母葛城は浮き砲台替わり。

空母葛城さんは大きな被害もなく、復員船として多いに活躍したそうです。

復員船葛城gg


しかし、どういった空母艦娘が「弓矢タイプ」、どういったタイプが「式鬼神タイプ」なのか?艦娘のもとになる艦の歴史的、造艦的背景などから散々考えたのですが、思いつきませんでした。

残る理由としては結局一つ


次に行きます。




<からくり箱タイプ>

からくり箱と言うのは箱を開けるのにギミックがある箱のことで、艦娘のもつこれはからくり箱?


からくり箱画像

むしろ、人形を糸繰りで操るマリオネットの様な様に漫画雑誌サンデーに掲載されていた「からくりサーカス」を思い出したりでした。
(ふっ 古い・・・)

ながらく謎だったこのからくり箱タイプの離陸方法ですが、艦これアーケードに17年7月の「千歳、千代田航改」の実装、9月の「千歳、千代田航改二」の実装によって明らかになりました。

その千歳と千代田航改二の動きはきれっっきれ!

とてもかっこいいものでした!
(私はアーケード版はしませんけど、ツイッターのTLに実装報告がありますよね)

この方式で離陸するのは現状「軽空母千歳」と「軽空母千代田」の二人のみです。


ではSEGAの紹介ビデオをベースに流れを見ていきましょう。

艦これアーケード版軽空母千歳です!

千歳型軽空母千歳紹介g

千代田と千歳 航改二になって、飛行甲板は迷彩塗装がされています。
この迷彩塗装はエンガノ岬沖海戦時です。



艦これアーケード版 軽空母千代田航改


千代田航改g

改の時点では、迷彩塗装はされていません。マリアナ沖海戦時をモチーフにしていると思われます。

この千代田のイラストから航空機をマリオネットの様に糸で操っている様子が分かります。


さて、離陸の様子です。


航空機発艦の合図とともにからくり箱が開きます。

千歳航改の時には縦に開くだけでただの箱じゃん!って感じでしたが、航改二になるとギミックめいた開き方になります。
成る程、これはからくり箱っぽい!

開いた箇所はエレベーターがある箇所。千歳型航空母艦はエレベーターは前後二基です。

千歳航改二箱OPEgN

操り糸で航空機を箱から繰り出す

千歳操り糸を繰り出し引き出すg

そして、体を回転しながら大きなモーションで多数の飛行機を一気に引き出します


千歳お姉一気に飛行機を繰り出すg

そして、飛行機群はそのまま飛び立っていく。
この糸は霊糸とでも言うのでしょうか?飛び立った後は見えなくなります。

龍驤さんの式鬼神タイプでは使っていない車輪が格納されない状態での離陸でしたが、千歳さんの方はもとから車輪が格納されているようです。

千歳そのまま引き出すg

この艦これアーケードによって、ちとちよの発艦方式があきらかになりました。
スッキリ!


この動画はこちらのサイトでご覧になれます。
 ↓
艦これアーケード 9月度着任艦娘紹介動画


さて、今回紹介した式鬼神タイプ及びからくり箱タイプの空母艦娘の共通点分かりますか?

そう、艦これに詳しい方はお分かりだと思いますが、全てイラストレーターが「くーろくろ」先生なのです。

くーろくろ先生は艦これ以外にも様々な擬人化兵器娘を描かれていますが、いろいろと細かい背景まで描かれていて好きです。

空母艦娘の分類ですが、次回も続くようです。

ところで、商品紹介もまだしてませんが、「艦これプラモデルNo.18 軽空母千歳」ですが、その純正エッチングパーツとともに積みぷら中です。

早いとこ建造に入りたいとこです。

艦これプラモデル千歳

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング


テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,艦これ,くーろくろ,軽空母千歳,軽空母千代田,軽空母龍驤,軽空母飛鷹,軽空母隼鷹,,

2018/06/03 (Sun) 12:00
ドイツ重巡洋艦 プリンツ・オイゲン ライン演習作戦発動!

ドイツ重巡洋艦 プリンツ・オイゲン ライン演習作戦発動!


ながらく建造していたドイツ海軍 プリンツ・オイゲンがついに完成しました。

ドイツ重巡洋艦 プリンツ・オイゲン建造日誌はこちら
 ↓
ドイツ重巡洋艦プリンツ・オイゲン建造日誌

ドイツの船は日本の船に比べて資料が少ないので、あーでもないこーでもないと結構調べるのに時間がかかりました。

私の様に模型好きだけでなく、歴史好き、背景好きにとってはその分楽しかったところもありましたよ。

重巡洋艦プリンツ・オイゲンは、ゴーテンハーフェンからノルウェーに立ち寄るまでの塗装で再現しました。


<ドイツ海軍 重巡洋艦プリンツ・オイゲン>


重巡洋艦プリンツ・オイゲン

重巡洋艦プリンツ・オイゲンに限らず、ドイツ軍艦の砲塔のトップを赤に塗装しているものが多い印象ですが、今回参考にさせていただいた「カモフラージュ」によるとゴーテンハーフェン滞在中に副砲の迷彩と主砲のトップの色を赤からライトグレーに塗り替えたとのことで、その上に黄色のキャンパスで覆っていた様です。

プリンツオイゲン真俯瞰


<ライン演習作戦とは>


ライン演習出発プリンツオイゲン

ドイツ海軍はヴェルサイユ条約でかなり制限され、イギリス海軍と正面きって戦う戦力はありませんでした。
しかし、Uボートを初め、特設巡洋艦、装甲艦などを通商破壊戦に投入し、イギリスのシーレーンに対する締め付けにかなりの効果がありました。

そこに投入したのが、「戦艦ビスマルク」「重巡洋艦プリンツ・オイゲン」です。
当初参加予定だった「戦艦グナイゼナウ」はイギリスの空爆で損傷を受け参加できませんでした。

ライン演習作戦の辺りの詳細はこちらに記事にしたことがあります。
興味があって時間のある方はこちらも参考に
 ↓
艦娘で綴るドイツ戦艦の系譜・ライン演習作戦とは


プリンツオイゲンバルチック海を渡る


<バルチックスキーム迷彩塗装!>


ドイツ海軍の特徴的な迷彩塗装にバルチックスキームというものがあります。

迷彩塗装について簡単に調べたものがありますので参考までに
 ↓
艦娘で綴る軍艦の迷彩塗装
(と言っても主体が艦これの艦娘なのでご注意を。私自身は結構好きなページです)


今回はこのバルチックスキームに挑戦しました。


この迷彩、簡単な様で結構面倒です!

横から何度も見て、起伏部もまっすぐに見える様にマスキングを調整するのに時間がかなり取られます。

その分出来上がりには満足してますけどネ。

プリンツオイゲンサイドから


バルチックスキームもノルウェーで塗りつぶすことに・・・(´;ω;`)ウッ…


ゴーテンハーフェンを出発した「ドイツ戦艦ビスマルク」と「重巡洋艦プリンツ・オイゲン」は途中、中立国スウェーデンの航空巡洋艦「ゴトランド」と一時並走、イギリスに通報されてしまいます。

ノルウェーのグリムスタッドフィヨルドに立ち寄った際に、大西洋ではかえって目立つということで、この両艦ともにバルチックスキームを塗りつぶしてしまいます。

<この迷彩塗装の様子を参考にした本です [German Naval Camouflage]>



ドイツ艦船模型の塗装には大変参考になりますが、洋書なので英語記述です。イラストや写真を見て気になるところだけをつまみ読みしていも楽しいですけどね。


1%でも生存確率を上げる為の対応ということですが、塗装を変えた様子もイギリスに航空偵察されているのですけどね。
ノルウェーとイギリスもすぐ近くですから。

いずれ「ドイツ戦艦ビスマルク」も作ることになると思いますが、(中学生時には作ったことがあります。当時は缶スプレーか筆塗の単純塗装だったと思いますが)恐らく、ゴーテンハーフェンを出発時のプリンと合わせた時期にすると思います。

ダブルバルチックスキームをお楽しみに!
⇒と言ってもいつのことになるか分かりませんです・・・・

せっかくだし、買っとくだけ買っとくかなぁ~
でも積みプラがもっと増えるのも


ここまで読んでいただきありがとうございました!
(*^-^*)

ツイッターでフォローしていただいている方々でこの記事を読んでいただいている方も大変ありがとうございます!
<(_ _)>

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦娘,1/700,タミヤ,重巡洋艦プリンツ・オイゲン,ドイツ海軍,ライン演習作戦,バルチックスキーム,,

2018/05/16 (Wed) 12:00
ライン演習の時には間に合わなかったこの装備!重巡洋艦プリンツ・オイゲン

ライン演習の時には間に合わなかったこの装備!重巡洋艦プリンツ・オイゲン



亀の歩みで建造中のドイツ海軍 重巡洋艦プリンツ・オイゲンですが、今週はこの部分について。

プリンツオイゲン測距儀カバー付き

タミヤのキットをまま作ると艦橋ま横に目立つ球形の何かが見てとれます。

これは、ドイツの大型艦艇に特徴的に装備されている測距儀で同様の設備は「戦艦ビスマルク級」にも「シャルンホルスト級」にも見られます。

「ドイツ戦艦の系譜とライン演習作戦」についてはこちら こちらの写真にも見てとれます!

 ↓
ドイツ戦艦の系譜

同様に「重巡洋艦アドミラル・ヒッパー級」にも見られます。

ただ、ポケット戦艦 ドイッチュラント級には見られません。

「ドイツ重巡洋艦の系譜」はこちら
 ↓
ドイツ重巡洋艦の系譜

この測距儀、当時のナチスドイツらしく、艦がどのような状態でも水平を保つという優れものだったらしいです。

まあ、精密に作るがゆえに故障も多かったらしいです。

下の写真はライン演習に出撃した「重巡洋艦プリンツ・オイゲン」の1941年5月22日以降の写真です。

プリンツ測距儀付近の写真

後部マスト横の球形の測距儀カバーは存在するように見えますが、艦橋横の丸く囲った部分にはカバーはありません。

特注の部品だったからか、「ライン演習作戦時」の「重巡洋艦プリンツ・オイゲン」にこのカバーは間に合わなかったということです!

そんな訳で、カバーを取り外し、測距儀を取り付けました!
赤丸部分 (測距儀はピットロードの日本海軍装備セットから拝借)。

写真と見比べるとどうしてもオーバースケールに見えるのですが、サイズ的には6mm程度で4000/700=5.7mmなので、さほどオーバースケールという訳ではありません。
しかし、主に中心部分の形状の違いがより大きく見せているように思います。
(手持ちの測距儀がもうこれしか残ってなくて・・・・・・)

測距儀の土台はランナーの残った部分を軽く引き伸ばし適度な太さに調整して作りました。
今見ると、ちょっと細いかも・・・・・・

プリンツオイゲン艦橋付近g

同時に4m測距儀の下の方にある測距儀もこの時はむき出しなのでこちらも艦船装備セットから拝借しています。

ところで、この測距儀のカバーですが、重巡洋艦プリンツ・オイゲンはライン演習作戦後、6月1日にフランスのブレスト港に帰投する訳ですがこのフランス滞在時に鉄道で運んで無事設置したそうです。

ですから、ツェルベルス作戦(チャネルダッシュ)時には装着されています。
(フランスからドーバー海峡を抜けてドイツに帰投した作戦)

その他のディテールアップです。

黄色く囲った張り出し部分は艦橋後ろはエッチングパーツ、前の方は自作です。

青く囲った部分はウイング、キール運河などの幅の狭い場所を通る際に艦の舷側と運河の端までの距離を測るためのもので帝政ドイツ艦隊からあったものです。

これも、ドイツの大型艦を見るとほとんど全ての艦艇についているのを見てとれます。

ホーサリールはドイツ艦用のものを使用。独特の形状ですよね。

ところで!上の5月22日の重巡洋艦プリンツ・オイゲンの写真で気が付いた方もいらっしゃると思います!

バルチックスキーム迷彩がない!


プリンツそのバルチックスキームを塗りつぶされる

ライン演習作戦については、この記事の最初の方のリンクを参照にしていただければと思います。

概要的には現ポーランドのゴーテンハーフェンを出発時はバルチックスキーム迷彩塗装をしていました。

22日にノルウェイのベルゲン、グリムスタッドフィヨルドに立ち寄りここで燃料補給と塗装を塗りなおしています。
この時にバルチックスキームを塗りつぶしているのです(´;ω;`)ウッ…
(ビスマルクも同様に塗りなおしている模様)

paint over=塗りつぶす

しかし、イギリスの海軍基地スカパ・フローとノルウェイのベルゲンは目と鼻の先。
日課の様に訪れる英軍偵察機に塗りつぶした塗装の様子もはっきりと確認されています。

そんな訳でライン演習作戦でイギリス戦艦部隊と接触した時にはすでにバルチックスキーム迷彩塗装ではありませんが、もっともかっこいいと思う5月18日の作戦にゴーテンハーフェン出航時の塗装を参考にしています。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,タミヤ,ドイツ海軍,重巡洋艦プリンツ・オイゲン,,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ