プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/09/30 (Fri) 23:56
春風建造日誌 上部構造物を 駆け足で

<上部構造物の作成>

次に上部構造物を作って行きます。
マストを真鍮線のはんだ付けで作りました。
春風マストの作成
縦棒を0.5mm真鍮線、横のヤードを0.3mm真鍮線で適度な長さにカットし、マスキングテープなどで仮止めした後に熱を加えます。
練り状のはんだを使用するとやりやすいですが、一度で決めないとイライラの元です。

春風艦橋部分
艦橋部分は窓になる部分をカットしカット面をやすりで削ります。
ここには汎用エッチングパーツの窓枠を取り付けます。
いつもの様にコスパの良い「テトラモデルワークス」さんの窓枠を取り付けました。

<上部構造物の塗装>

上部構造物を一通り作成し貼り付けて行きます。
接着する部分はできるだけ接着します。
手すりのエッチングパーツを付けるタイミングを結構悩みます。
いつかまとめて書き出したいのですが現在は「あらかじめ付けられる限りは塗装前につけておく」方針でいます。
塗装後で付けるとその部分の塗装をはがして付けてもどうしても接着が甘くなるからです。

春風塗装前

塗装の船体色はMrカラーの特色舞鶴工廠色で塗っています。春風は馬公を寄港地とすることが多く塗装も厳密にできていないと思われるのですが、彼女の印象から一番明るい工廠色を使用しています。
春風塗装あと

次回は上部構造物の取り付けから完成です。

つめを研いで暇になった・・・
爪を研いでひまになった

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,製作手順,春風,ピットロード,マスト,手摺,テトラモデルワークス,

2016/09/30 (Fri) 23:31
春風建造日誌 駆け足で

<春風の船体加工>

春風はタンブルホーム形状の船体でしたということで、艦の横面に膨らみを持たせます。
春風タンブルホーム作成
船体の側面に5mm幅程度でカットした0.5mm厚のプラ板を側面毎に2枚貼り、その上にエポキシパテで盛り付けます。
一日放置でパテが乾いたらやすりで滑らかに整えます。
この時、大量の粉が出るので下に紙などを敷き、マスクをした方がよいと思います。
喫水線が膨らみ上甲板に向けて隙間ができれば出来上がりです。
春風タンブルホーム確認
上甲板端は軽~く、やすり掛けしました。

<舷外電路とアンカーレセスの加工>

船体側面に伸ばしランナーで作った舷外電路を瞬間接着剤で接着します。
舷窓はパテで埋めてしまったので0.4mmのピンバイスで穴を明けます。
春風舷外電路を取り付け

ピットロードさんの峯風型もそうでしたが、同じ金型を使用していると思われる神風型もアンカーレセスの位置が少し後ろ過ぎますのでパテで埋めて少し前を削ります。
春風アンカーレセス
こんな風にアップで撮ると少し粗が目立ちますね。実際にはもう少し削り込みました。
よりリアルを目指す方はここは少し注意を要します。峯風型には峯風と澤風はベルマウスらしいです。それ以降の峯風型、神風型は錨を埋め込む形状のアンカーレセスですが、馬蹄型と錨の形状なりにくぼみを作る二通りに分かれるようです。一般的には馬蹄形状が多いようです。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,製作,春風,アンカーレセス,マスト,タンブルホーム,舷外電路,

2016/09/30 (Fri) 12:00
夕凪から春風への改造ポイント6点

「駆逐艦夕凪」から「駆逐艦春風」の改造ポイントピックアップ

春風の特徴ピックアップ3点

最初に完成した春風です。まず作成する前に私が考える春風の特徴を3つほどピックアップしました。
(ピックアップポイントは個人によって異なると思います。)
①備砲や魚雷発射管を取っ払い対空兵装と対潜兵装を高めているところ。
②タンブルホーム型船体。タンブルホームというのは喫水線から上甲板に行くに従って内側に湾曲する船体です。あまり詳しく書いたネット情報がないのですが睦月型までこの形状だと聞いた覚えがあります。
③前部マストの13号電探。
前部マストに13号電探を付けた駆逐艦は峯風型、神風型、二等駆逐艦の樅(もみ)、若竹型までの睦月以前の駆逐艦で以後の駆逐艦は二等駆逐艦改松型でも後部マストについています。

春風左舷前

側面から見た写真
春風右前1注意書き
A:タンブルホーム・・・峯風型や神風型はこの形状の船体でした。この改造は少々手間がかかるのですが、やっぱ抑えて置く特徴だろうということで、船体を見ているとつい改造をしたくなりました。
B:前部マストへ13号電探を装着・・・これは別のキットから持って来ればいいだけです。

兵装の改造

次に上から見たところです。さてピットロード 「日本帝国海軍神風型駆逐艦夕凪1/700」から春風の1944年時に改造するポイントは下記の様になります。
春風ほぼ真上注意書き
兵装はモデルアート社の「日本海軍駆逐艦総ざらい」の1944年時の春風の兵装を参考にしました。
しかし、厳密に見ると本では4番備砲はそのまま残していたりして、ほんまかな?と思う部分もあります。
完全な考証派という訳ではないので出来上がりの様な形で行きました。
私が春風に大事だと考えている点はあくまで”護衛任務に就く駆逐艦として余分な兵装を外し、対空能力と対潜能力を高めた改造を行った”という事実だからです。

①上記資料だと春風は13mm連装機銃×2基らしいです。他のキットの余りなど探したのですが見つからなかったので、キットのままを使いました。ピットさんは良くあまりのパーツを付けてくれるのでどこかで出てきたら換装します。
②キットでの指定は25mm単装機銃×3基です。資料だと25mm連装機銃×2基です。
③本来の夕凪だとここは予備魚雷格納庫その横に魚雷移送軌条があるはずです。私は神風を持っていないのですが、恐らくこの船体は神風と共有していて移送軌条についてはモールドを省略している様です。今回は神風前期型の春風なのでここは移送軌条のないままで良いと思われます。夕凪では右側に予備格納庫を接着する指示がありますが、ここは春風なので付けません。
④3番魚雷発射管は撤去されていたものと思われます。夕凪も撤去されていたのですが前述した通り、神風と共通なのでここに砲台基部のモールドがあります。説明書ではしれっと削ってくださいと書いています。結構きれいに削るのは難しいですけど・・・

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,ピットロード,製作手順,春風,タンブルホーム,艦船模型,改造ポイント,

2016/09/29 (Thu) 12:00
春風をお呼びで御座いますか? 駆逐艦春風建造日誌

春風建造

春風小
春風をお呼びで御座いますか?
(なんか癒されますねえ。)

駆逐艦春風は神風型駆逐艦の3番艦で開戦時は第五駆逐隊所属、第5水雷戦隊に配属されていました。開戦時には峯風型や神風型はすでに老朽艦の部類でしたが、1942年3月にはバタミヤ沖海戦で第三水雷戦隊や西方支援隊の僚艦とともに連合軍の重巡ヒューストンや軽巡パース撃沈に一役買いました。その後は主に海上護衛任務にいそしみ第一海上護衛隊の一員として米軍の潜水艦パースを沈める戦果を挙げています。地味ながら海上護衛という重要任務を全うし、大破状態ながら終戦まで生き延びた功労艦として初の国産海上自衛隊の護衛艦の名前に「はるかぜ」として引き継がれました。(2番艦はゆきかぜ)

駆逐艦春風建造

夕凪箱

さてこの春風を作るに当たり、現在、神風型はピットロードさんの「日本海軍駆逐艦神風」と「日本海軍駆逐艦夕凪(対空兵装強化時)」の2種類しかありません。今回は春風の最終時を再現したいと思っているので最も形状の近い「日本海軍夕凪(対空兵装強化時)」をベースに春風を作ることに決めました。

春風の兵装

夕凪箱裏

神風型は神風から旗風までの前期建造艦5隻と追風(おいて)から夕凪までの後期建造艦4隻で若干仕様が異なります。

神風型は海上護衛任務に就くことが多かったのですが、次第にまあ役に立たない主砲の12cm単装砲や53cm連装魚雷発射管が撤去され、爆雷装填台や25mm機銃といった対空兵装、対潜兵装に置き換えられていきます。
海上護衛任務にはこの方が都合がいい訳ですね。春風も大体において兵装は分かっているので後期型の夕凪との違いを念頭に置きながら作って行きます。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,艦船模型,製作手順,春風,艦娘,艦むす,ピットロード,

2016/09/28 (Wed) 07:10
雪風と天津風 トラック泊地での休息、そしてその後

トラック泊地での雪風天津風の束の間の休息と銘打ちました。

「第十六駆逐隊」

大戦開始時から雪風は姉妹の陽炎型四隻で第十六駆逐隊に所属しました。
第十六駆逐隊第一小隊が雪風と二つ下の妹の時津風、第二小隊が天津風と初風という構成です。
開戦時より緒戦を戦い抜いた「第十六駆逐隊」は南太平洋海戦で第3艦隊に所属しました。この海戦で帝国海軍は空母ホーネットと駆逐艦ポーターを撃沈し、空母エンタープライズ、戦艦サウスダコタ、軽巡サンジュアンの3隻を中破するという大戦果を挙げ、一時的に活動できる米空母が太平洋にいないという状況を作り出しましたが、帝国海軍は空母翔鶴、重巡筑摩が大破、軽空母瑞鳳が中破し、貴重なベテランパイロットを多く失う事態になりました。
第十六駆逐隊の雪風天津風の他の姉妹たちは損傷艦の内地への帰還に伴い護衛任務に立ったためトラック泊地にはこの両艦だけが残りました。という風景です。
雪風天津風並走

「第三次ソロモン海戦」

その後、この2艦は第三次ソロモン海戦に出撃します。その第一夜戦は大変な乱戦でした。
雪風天津風手前並走
第三次ソロモン海戦で戦艦比叡は沈み、天津風も大破しました。
天津風も修理の為に内地に引き返します。

「そして天津風さえも・・・」

ソロモン海戦後、雪風はしばらく姉妹と離れて任務に就き、再び天津風に合うときには、妹の時津風をビスマルク海海戦(ダンピールの悲劇)で失い、ブーゲンビル島沖海戦で姉の初風を失っていたのでした。2隻だけになった第十六駆逐隊は空母千歳と海上護衛総隊に臨時編入され海上護衛任務に就きます。
そしてヒ31船団護衛中に米潜水艦レッドフィンによる雷撃で天津風は船体断裂という悲劇にあいます。天津風は1週間ほど漂流した後、味方機に発見され曳航の上、サイゴンにたどり着きました。天津風は船体断裂後も艦首応急修理を行い、ほぼ半分の船体のまま護衛任務に就きます。何とか日本へ帰りたいと。しかし、たどり着くことはできず、空襲で損傷、座礁し自沈します。

「雪風ハ沈マズ」

その後、この両姉妹は再び会うことなく第十六駆逐隊も解隊、雪風は他の陽炎型姉妹艦で構成する第十七駆逐隊に編入し、その後も戦い抜き沖縄特攻では磯風、浜風、雪風の三隻になった第十七駆逐隊で参加し、この駆逐隊でいや陽炎型19隻の姉妹艦の中で唯一、雪風のみが生き残ります。雪風の強運は終戦まで尽きず、終戦後は復員船として活躍、そして中華民国艦隊旗艦として活躍し、天寿をまっとうしました。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,天津風,雪風,作例,,戦いの記録,

2016/09/27 (Tue) 07:12
雪風は沈みません!駆逐艦雪風完成

雪風は沈みません!
さて雪風の完成写真です。
前からの写真です。
雪風右前
そして後ろからはこんな感じです。
雪風左後方

雪風は基本的にはフジミ「日本海軍駆逐艦雪風1945」を純正エッチングを持ち込み、忠実に作っただけですが、以下の点は手を加えています。
①前部マストヤード(信号桁付与)
②空中線、揚旗索、ボートを止める紐(トレーシングペーパーを使用)
③応急用木材
①と③は前述した通りです。つまりほとんど手を加えていないキットのままで再現できる現在のキットの精密さには感動です。
洋上を進んでるがごとく、写真を撮りました。
この下面に敷いている海面の絵は「箱庭技研」さんの「DSF-002 ジオラマシート」です。
まるで洋上に浮いているように撮れるのでお気に入りです。
横からの艦影です。
雪風側面洋上
後ろからです。1944年以降の陽炎型は後部にある第二砲塔が撤去され25mm三連装機銃が2基設置されています。
機銃の砲身はガンメタで塗装しています。
雪風左後ろ洋上
そして前からです。
雪風右前洋上
沖縄特攻時の艦橋前の装甲板のモールドなんて細かくて嬉しい限り。
救命浮標もモールドです。ここを明細筆で赤と白に塗り分けるのは手が震えますがうまく行きました。
ここまで細かいキットだと応急木材が効いてきます。13号電探のエッチングは芸が細かくていいですね。
真ん中に一本通った部分は絶縁の為に木材が使われていましたのでタンで塗り分けています。
沖縄特攻時の雪風は25mmの単装機銃が艦橋周りなどずらっと並んでいました。
ゆきんこ小
頭につけている測距儀と94式方位盤、22号電探がチャームポイントです。口元にはマイクならぬ伝声管があります。

ところでこの子のセリフ「雪風は沈みません!」は光人社NF文庫の豊田穣氏著 強運駆逐艦 栄光の生涯「雪風ハ沈マズ」からとっているものと思います。雪風の生涯はそのまま大戦の最初から最後まで駆け抜けた”駆逐艦から見た太平洋戦記”になります。徐々に深刻化していく戦況の中、豪胆にも苦難に耐え抜いて勝ち続けた栄光の不沈艦の生涯を直木賞作家である豊田氏が描いています。当時の軍艦乗りの考え方ってこんなだったんだというのが改めて感じられます。一読の価値はあるかも。
次回は「雪風と天津風」のセットで撮影した紹介です。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 雪風,艦むす,プラモデル作例,

2016/09/26 (Mon) 19:36
天津風完成(所要時間 約2週間)いい風ね!

雪風と天津風を同時並行して作っているのですが、天津風の後部マストに13号電探を取り付けていました。
天津風の船体断裂後の写真を見ると解像度が悪くて分かりにくいのですが、13号電探は付いてなかったようです。
その代わりに2m測距儀を取り付けました。(ピットロード「艦船装備セットⅤ」から)
天津風測距儀取り付け
前回、前部マストのヤードの真鍮線(0.3mm)への切り替えまで記載しました。
今回ヤードにはよりこだわりを付与する上で信号桁を取り付けました。
信号桁は海魂の「WWⅡ艦船汎用信号桁HO49」を使用しています。張線も行いました。
amatukaze信号桁張線
信号桁には滑車がついていてその両端を揚旗索が通るのですがそれは細かすぎるということで滑車の後ろに揚旗索を取り付けています。この揚旗索は薄めの色のプラ端材から伸ばしライナーで作りました。この雪風、天津風までに作った艦船は張線も揚旗索も空中線のたぐいは全て金属製の釣り糸の「鮎ゲッター」0.06mmを使用してきましたが、揚旗索はよりひも状に見せたかったのと鮎ゲッターだと細すぎて今一つ目立たないということで、伸ばしライナーで作りました。
この伸ばしライナーでの揚旗索は私的に非常に気に入ったのでこれ以後の製作品は全て伸ばしライナーで作っています。
(細い伸ばしライナーを作るのが慣れてきたおかげもあります。他の空中線は従来通り鮎ゲッターです)
という訳で、張線を軽めに仕上げたら碍子(瞬間接着剤+白塗り)を付けて完成です。
説明を端折りましたが、墨入れ、ウエザリングは施しています。
天津風左後方洋上
前回に説明した応急木材はマッチから作成したものを天津風には使用しています。
救命浮標(浮き輪)はモールドしているのを面相筆で筆塗りしました。第16駆逐隊脱描よ
ごめん。何か言いたげだけど、髪飾りの速力標(赤白の円筒みたいなの)は省略しちゃいました。チャームポンイントなんだけどね。
天津風左方向洋上
横から見たところ
天津風左前洋上
製作期間は雪風との同時並行で約4週間。ほぼ土日の作業です。精密なパーツが多いだけに少々時間がかかりましたが私的には満足な出来です。実は天津風の装備を調べるのにあーでもないと試行錯誤し時間がかかったのもあります。
基本的には雪風をベースに第二砲塔の台座を取り付けて、主砲(12.7cm砲)は3基とも艦船装備セット(Ⅴ)に切り替え他少々手を加えただけです。
次は「雪風の完成」です。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル,作例,天津風,艦むす,艦娘,艦これ,フジミ,駆逐艦,

2016/09/25 (Sun) 09:55
全日本模型ホビーショー 最後はハセガワさん 隼鷹1/350新製品

最後になりましたが、ハセガワさんです。
こちらは今回の新製品として、空母隼鷹1/350が展示されているはずだということで向かいました。
始めにポスターが目に入り、人だかりもあるのでそちらに行ってみました。
隼鷹ポスター
こちらは単にポスター。キット販売のコーナーでした。
辺りを見るともっとも目立つところに隼鷹が展示されていました。
隼鷹案内
空母隼鷹は、詳しい方はご存知の通り、もとは日本郵船の橿原丸という豪華客船からの改造空母です。商船改造空母といえば、速度は遅い、艦載機は大して載せられない、護衛か輸送くらいにしか役に立たないという印象もあるかも知れませんが、隼鷹、飛鷹は蒼龍、飛龍なみの艦載機搭載能力でした。(速度は25.7ktと遅いけど・・・)
隼鷹は日本機動部隊最後の勝利になった「南太平洋海戦」で「空母瑞鶴」とともに米「空母ホーネット」を沈める戦果を挙げます。この時用いたのがいわゆるアウトレンジ戦法(飛行機の航続距離外から発進、その後猛烈に追い上げて帰投させる。ベテランパイロットの腕前と空母との連携が必須)でした。
隼鷹は上記の様な殊勲艦の上に終戦まで生き残った幸運艦でもあります。中でもマリアナ沖海戦では、紙の様な装甲にも関わらず、幸運と卓越したダメコン能力で生き延びました。(しかし、至近弾の破片が船体を突き抜けるという正規空母ではありえない損害を受けている・・・やっぱ装甲が薄いからなあ)その後の輸送任務では潜水艦の雷撃により2本の魚雷が命中して艦首艦底部が吹っ飛ぶ被害に遭いながらも日本に帰還しました。(その時松型駆逐艦槙が身を呈して魚雷1本を受け止めている。槙も生還できた)
しかし、こういった幸運艦には運もありますが、それだけの対応能力や経験の蓄積など理由があるものですね。惜しむらくは共有化に時間がかかる組織であったのではないかということです。
そんな背景を見ていくと隼鷹(飛鷹も)もっと注目に値しても良かった船だということです。
話が長くなりましたがキットの話に戻ると
隼鷹模型ハセガワ
11月15日発売予定とのこと。
隼鷹エッチングパーツABS
同時に木製甲板セット、エッチングパーツベーシックA,B及びスーパーディテールが同時発売。
tenryutatsutaスーパー
天竜龍田のスーパーディテールセット、三笠フルハルスペシャル(いずれも1/700)が展示されていました。
以上全国模型ホビーショーの艦船に関連する報告でした。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

tag : 全国模型ホビーショー,ハセガワ,隼鷹,艦船プラモデル,天竜,龍田,新製品,

2016/09/25 (Sun) 00:27
全日本ホビーショー ピットロードはガルパン推し、新製品は護衛艦いずも、かが

ピットロードさんのブースです。
まずはもらったパンフ
PITpanf.jpg
ガルパン(ガールズ&パンツアー)は詳しくないのですが複数のメーカーからモデルが出ている様です。
艦船プラモ的に言えば、ピットさんの今回の目玉は
PIT砲弾
ではなくて
PITいずも
です。
DDH-183ヘリ「護衛艦いずも」はハセガワさんから出てますが、今回ピットさんからも出ます。11月発売予定。
PITかがとの違い
続いてDDH-184「護衛艦かが」が12月発売予定です。
既に雑誌などでは取り扱いがありますが、「かが」は基本的には「いずも」と同型ですが、いくつかの細かい違いが指摘されています。その部分を赤字で説明がありました。艦首の係留装置、舷梯、作業艇格納庫カバー、艦尾フラット、CIWS1Bなど(いずもは1A)。他、護衛艦あきづき(初代の方)改装後、
初代あきづき
新規パーツは可変深度ソナー(VDS)、ボフォース対潜ロケットランチャー、3連装短魚雷発射管など
他は「日本海軍特設運送船愛国丸」、「護衛艦しらね」etcの新規パーツ追加
「空母龍鳳 長甲板」、「イタリア戦艦リットリオ」他英米戦艦や空母など。マニアックでいいですね。
それと、輸入代行しているテトラモデルワークスや
tetraNP.jpg
インフィニモデルのエッチングパーツが新製品として展示していました。
エッチングNP
一番右は名前が切れてしまいましたが陽炎型(雪風)用エッチングパーツです。
護衛艦いずも」のハセガワさんとの違いが気になります。



テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 全国模型ホビーショー,ピットロード,艦船プラモデル,護衛艦,いずも,かが,あきづき,新製品,

2016/09/24 (Sat) 22:00
全日本模型ホビーショー アオシマは艦これ推し!(続き)既存艦むす

昨日も飲み会があって遅くなったし。今日も朝からビッグサイトまで行った後、午後テニスの練習をして、帰って記事を3連荘書いてると、いい加減疲れて来ました。(遊んでるだけでしょという説がある)
ここは一気に書かないと伸ばし伸ばしになるので、ここまでは頑張ります。(ピットさんとハセガワさんはどうする)
ここは何も言わず兎に角、艦むすのフィギュアで展示していたのと、艦これキットの写真と行きましょう。
kongokai2san.jpg
まずは金剛(改2)ちゃん
kagasama.jpg
そして加賀さん
akagisann.jpg
加賀さんといえば、赤城さん
amatsukazechan.jpg
あっ天津風ちゃんも新製品だったんだ。12月発売とのことです。
・・・よく見ると2014年じゃん。”予定”を消しといて下さい。
akidukichan.jpg
防空駆逐艦秋月ちゃんも新製品だったんですね。この子たち駆逐艦2娘もよろしく。
って秋月ちゃんも今年の1月発売でした。
あぶねえなあ。みんな分かってるってことですか。
次いで艦これキット既存艦
nagatosan.jpg
まずはビッグ7長門さん。この屈曲煙突の時代をキットにしているのがいいですよね。
あれっ!よく見ると第一砲塔が後ろを向いていますね。わざとか?
Bismarksan.jpg
ビッグ7ではないですが、ドイツの誇る超ド級戦艦ビスマルク
以上このコーナーにあった艦これ関係はすべて紹介できたと思います。
あー疲れました。

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 全日本模型ホビーショー,艦むす,艦娘,金剛,加賀,天津風,長門,秋月,艦これ,

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ