プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・しかし、以前はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらい艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●船だけが今復活したのは、その後も船はなぜか好きだったから。フォローはしていた。
 ・・現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
●基本、週末の建造ですが忙しい時期には遅れがちなことも・・・
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Lc.ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

願いを叶えるドラゴンレーダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

アマゾンお勧めショップ

2016/03/03 (Thu) 13:25
艦船プラモデル久しぶりの再会

島風アップ縮小

「護衛艦いずも」を見かけたこと艦これブーム、弟にプラモデル(ガンプラ)をもらったことなどがきっかけで
昔、大好きではまっていた艦船プラモデルを再開しました。
いやーずいぶん久しぶりにプラモデルキットを見ましたがずいぶん進化しましたねえ。
どのキットもモールドが非常にしっかりしている。むかしはこの様なしっかりしたキットはなかったと思います。
当時はとにかくウォーターラインシリーズの船ばかり集めていました。
作成は素組+指定色のみの塗装。ディテールアップなし。
(そもそもその頃にディテールアップの概念はなかったですね。せいぜい知っていたのは塗装で戦車プラモの汚しくらいでしょうか)
実はこの「マックスファクトリー 1/350 島風」は私が再開して4作目です。
No1~No3はおいおい載せるかも知れません。結構出来が悪いもので改修工事の必要があります。
プラモ作成を再会するにあたって、リハビリの必要性を感じました。
そこで私の最初の製作キットの条件としては
「好きな船」+「作りやすい駆逐艦の1/350」+「昔 私の中で評価の高かったタミヤ製」+(ちょっとエッチングパーツ)がついている---ということで雪風から始めました。
そこから3作目までの順番です。
製作No1 「駆逐艦 雪風(1/350)タミヤ製」・・・手始めに
製作No2「護衛艦ちょうかい (1/700) ハセガワ製」・・・手始めその2 なんか護衛艦もかっこいいし作りやすそう
製作No3「戦艦金剛(1/700) フジミ製」 ・・・いよいよ本格的に始めるか!なんやこの複雑さとモールドの細かさは!
雪風は手を加えなかったのでまあ、想定していた出来でした。
2、3作目は自分ではきちんと作っているつもりでしたが色々と不慣れ、未熟さ、知識不足、テクニックのなさ、道具不足で今一つの出来になってしまいました。
まあ、細かい事はおいといてまあ、そこそこできたなということで「駆逐艦島風」から掲載したいと思います。
写真は塗装済み完成品の写真です。
この後に空中線などをはったり島風ちゃんを作ったりしているので後程掲載します。
この時に自戒の念を込めてと自身まとめる上で製作過程を掲載したいと思います。
そしてこの後、「1/700 島風」、「島風(初代)」、「護衛艦しまかぜ」と同名艦をテーマに作っているので
トライしたものをディテールアップ内容も含めて掲載したいと思います。

2016/03/01 (Tue) 14:40
テーマは同名艦です

最近、護衛艦の記事がたまにyahoo!ニュースとかで出てますよね。私も「護衛艦かが」の記事を見てびっくりしました。
あのミッドウェー海戦でアメリカ空母ホーネット、ヨークタウンにより最初に沈められた大日本帝国が誇る巨大空母「加賀」
とても好きな船だったので良く覚えていました。その「加賀」が現代によみがえるとは!護衛艦事情にも最近全く疎かった私はヘリ空母型護衛艦の存在自体知りませんでした。
いずも縮小
(写真は横須賀で撮った「護衛艦いずも」)
軽く興奮を覚えました。ちょっと関連記事を見ると「いせ」や「ひゅうが」が既に活躍していたんですね。
もうちょっと調べたら今の護衛艦DE、DDは「はつゆき」型6隻、「たかなみ」型「さざなみ」を除いて基本的に太平洋戦争当時の名前を引き継いでいるではないですか!私は子供の頃はかなりの軍艦マニアでウォーターラインシリーズは戦艦、空母、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦までほぼ当時の製品をコレクションしていました。(残念ながらその全てはもう存在していませんが)。名前にはそこに込められている意味があると思います。今回プラモデルを作成していくに当たって以前は全く興味のなかった護衛艦にもかなりスポットを当て同名艦にテーマを決めて初代と2代目を比較しながら作成していくのも面白いなと思いました。大戦時の艦船と現用船を平行して作って行くことができます。
(その代わり、ずっと作れない船もあるのですが)
始めの掲載は、好きな駆逐艦で再びプラモに興味を持つきっかけになった「島風」から。最終目標は「空母加賀1/350」ですかね。そうこうしている内に10隻以上のプラモを大人買いしちゃいました。その中に加賀はありません。
「かがと加賀」にたどり着くのは一体いつになることやら。

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |

 ホーム