FC2ブログ

プロフィール

GAKUTEN

Author:GAKUTEN
●艦これをきっかけに艦船プラモデルに戻ってきたいわゆる出戻り提督モデラーです。
 ・・プラモを始めたのは15年の年末ごろ。艦これは2か月程先行。
 ・・小中学の頃はウオーターラインシリーズを集めきっていたくらいガチの艦船好き。
 ・・当時は戦車、飛行機、ガンプラと幅広く手掛けていたらしい記憶がわずかに。
●現用艦もいけますが、太平洋戦争の船が特に好き!
●プラモデルの他に動物(主に猫)、読書、テニスが好きです。
●プラモデルの作成方針は、それぞれの船の特徴をピックアップし、自分なりのこだわりを持ちながらもスピードを意識した組み立てです。
⇒最近は資料片手に細かくなっていく傾向。おかげで作る時間ばかり延びていく。
●基本、週末の建造ですが、週一ペースは最低守りたい。
●提督モデラーの方々や最近始めた方の参考に少しでもなれば幸いです。
●艦船に歴史あり、感動的な話もあります。歴史的な話も含めて主観に基づいて書いていきます。
●コメント大歓迎。気軽にお願いします。


最新記事


最新コメント


アクセスカウンター


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Lc.ツリーカテゴリー


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アマゾンお勧めショップ


DATE: CATEGORY:水上表現あれこれ
高速戦艦金剛改二丙 水上表現 備忘録的な


金剛改二丙艦娘b

今回完成した高速戦艦金剛改二丙ですが、ご覧の様に水上表現まで作っております。

この水上表現ってそれなりに手間がかかっており試行錯誤なんかもしているのでその備忘録的に記録しておきたいと思います。


フジミ 戦艦金剛1944 を用いた「高速戦艦金剛改二丙」の建造日誌はこちら
 ↓↓
高速戦艦金剛改二丙建造日誌


高速戦艦金剛改二丙b

この金剛さん、アクリル板の土台にねじで止めています。
最近はブログでも省略しちゃってますが、ほぼ全ての船に艦底に穴を開けて2㎜のビスを固定しています。

金剛改二丙ほぼ完成

今回はアクリル板の上に、大波小波を塗りまくって海の土台を作りました。

模型雑誌をご覧になったことのある方はご存知だと思いますが、このアクリル板の上に載せて(波は作らずに)展示されていることも多々ありますし、アクリル板の上に波板くんを乗せて簡易的に表現されている方も多々います。

下記の素材を全て集めるとそこそこの金額になるので必要に応じて徐々に試しながらでもいいと思います。
容器は小さいものが用意されているものもありますのでそこから始めるのもいいかと。


今回のは少々贅沢な作り方かも知れません。アクリル板を用いるのならその上に波を塗りまくるのはもったいない気もします。



尚、アクリル板は「はざい屋」さんで自由なサイズにカットできますし、穴をあけるのも自由です。
 ↓↓はざい屋のHPをリンクしておきました。
はざい屋HP

 ☟
乾燥後、水底カラーのネイビーブルーやモスグリーンを適当に塗ったり、水性カラーを塗り海っぽく表現します。
あまり軽い水色みたいな色だと少し嘘っぽくなる気がしています。


 ☟
さざ波などで細かい波を表現します。
 

船の走行波はリキテックスのジェルメディウムなどを使用します。
今回はボディを作るのに0.5㎜ガラスビーズを混ぜたりもしました。



 ☟
波の先端はリキテックスのスーパーヘビーメディウムを使用しています。
艦首の波はボディは市販のお弁当の蓋をカットしてそこにメディウムを塗っています。


 ☟
波の先端は水性カラーのホワイトを3種類ぐらい塗ります。
先端に成る程白っぽく、根元は少しグレーが入った白を使っています。

 ☟
水滴の表現として先ほど使用したスーパーヘビージェルメディウムを爪楊枝の先などでちょんちょんつけました。

高速戦艦金剛改二丙2b

艦尾の水しぶきは綿も少し使っています。

一日30分から1時間かけて1週間程で完成です!

まあ、そんな手間をかけているのですが、伝わるかどうかなんですよね。
でも割と波を作るのは私は好きです。
やっていて楽しいというか。


波の作り方は人それぞれだし、結構試行錯誤が必要です。
土台に板を使ったり、スタイロフォームを使ったこともあります。


色々な方法があるので試してみては如何でしょうか?
私が試したのもこちらの載せています。
 ↓↓

海の表現あれこれ


人気ブログランキングに参加しています!
宜しければクリックお願いします!

↓↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船(模型・プラモデル)ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

DATE: CATEGORY:水上表現あれこれ
伊400号、401号、伊14号で考えているジオラマ風景作成開始!



提督諸兄、諸姉におかれましては、艦これ初秋イベントの進み方は如何でしょうか?

私はいまだにE-4甲 戦力ゲージラスダンで少なくとも今日4度くらい弾かれています。
はやく、E-5まで行ってプリン掘りをしたいのですが・・・・・・
いつになることやら
(;´д`)トホホ


ところで、伊400潜水艦、伊401潜水艦、伊14潜水艦はウェザリングも終わり完成しました。
(しかし潜水艦にどれだけ時間をかけてるんでしょうねぇ)

伊号第400潜水艦、伊401潜水艦、伊14号潜水艦の建造日誌はこちら
 ↓
伊400、伊401、伊14号潜水艦建造日誌

完成写真はきちんと写真に撮ったもので次回お披露目したいと思っているのですが、この完成した伊号潜水艦を用いて
ジオラマを作成したいと思っております。

完成の参考にしているのはこの写真!


潜水空母3娘


この写真は、終戦後この3娘が拿捕されて東京湾で停泊している時の写真です。

ところで、伊400潜水艦の写真にはこの手前にわずかだけ写っている船の淵の写真がちょい見えします。

この船って何なんでしょうか?


この質問に普通に返事できる方は研究家か?好事家か?相当なマニアな方に違いありません。
少なくともワタシは今まで考えた事もありませんでした。



応えに行く前にジオラマの水底を作ってみました。
このブログを以前から読まれている方はご存知の通り私は(模型もですが)ジオラマも素人なので暗中模索中であることを
お見知りおきください。
最終的にうまくできたら”まあ、良くやったな”ぐらいに見ていただければ・・・・・・


水面底


11cm×22cmの木の板の上に木工用ボンドを塗り、その上に
㈱津川洋行 シーナリーパウダーシリーズのCP-7 黄土色とCP-4 灰色のパウダーを溶かした木工用ボンドの上に振りかけました。

まわりの囲いは工作用紙を用いましたが、きちんとしている方はアクリル板を使っているのをネットでは見ました。
(安いし簡単だしで私は工作用紙です。漏れなきゃいいんです)

そして、この上に水表現ができるものを流し込む訳ですが

鉄道模型の世界は結構様々なジオラマセットが販売されていますよね。
KATOも鉄道ジオラマの様々なパーツを販売しています。

私は鉄道オタではないのですが、ヨドバシなんかに行くと沢山並んでいるのは知っていました。

水の表現にも様々なものが販売されていますね。


今回はこれを用いてみようと思っています。




少々、値が張るのですがものは試しです。

このディープウォーターシステムってのは、米国のウッドランド・シーニックス社が発売したものでKATOが日本で販売しているんですかね。

下のホームページリンクをクリックして、「Woodland×KATO」 の「〇〇の使い方」をクリックすると今回の使い方も動画で説明されています。

でもこの動画をみると使ってみたくなるので注意です!
KATOのHPはこちら
 ↓
KATOディープウォーターシステムの説明HP


箱を空けるとこんな感じです。

DW中身

セットの中身はこの通り

DWセット

説明書に従ってこわごわ進めていきます。


50度くらいのお湯に10分以上付けて温めた1液と2液を規定量入てゆっくりと混ぜます。
混ぜ用の容器(メモリシール付き)があるのでそれに従って必要量を入れていくのですが

注意点としては規定量で止めようとすると多く入ってしまうということです。


これは説明書にも書いているのですが、手前で一旦止めて様子を見ます。
1cmくらい下で止めるつもりでいいかも知れません!


あと1液と2液を混合前(後でも)に振ると気泡が入りますので注意です!

※私は両方やっちまいました!

DW攪拌後

色は同社の「波音カラー」ネイビーブルーとモスグリーンを混ぜています。

ここでもゆっくり攪拌しないと気泡が入ります。

流し込んで1晩経過後がこちら 

流し込む時には漏れないようにMr.シリコンバリアーで防いでいます。

ほこりが被らないよう、それと急速に固めるとひび割れ?のもとなどになるのでアルミを被せてゆっくりと冷却します。

水面かたまる

汚い沼みたいになりましたねぇ

そう言えば、先の写真の横に移っている船の名前は

米海軍 フルトン級潜水母艦7番艦 
「潜水母艦プローテウス」(Submarine Tender Proteus)AS-19 です。

海の神様と同じ名前ですけどそれが由来なのでしょうか?人の名前かも知れません。(しらない)

英語版Wikには結構鮮明な写真が載っています。

USS_Proteus_AS-19_1980g.jpg

拿捕された潜水艦に横付けしていたのがアメリカの潜水母艦だったんですね。

部分的には再現したいと思っています。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
👇(´・Д・)」

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

DATE: CATEGORY:水上表現あれこれ
え~、私で練習するの?まあ、いいけどね(重雷装巡洋艦北上で水上表現)

最近、艦これもリニューアルの準備なのでしょうね。
イベントなどがないので、とうとう今日、ボーキもMAXになってしまい、資材が全てカンストになってしまいました。

勿体ないのでまるゆ狙いの大型艦建造をかれこれ4回ほどしましたが、戦艦が出るばかり。

イベントがないと新艦娘に会えないしやっぱり海防艦娘だけだとつまらないのですの。


それにしても暑いです。

群馬など40度をすでに超えているとか。
え!東京もですか?
(;^_^A
たまりませんな。
水分はしっかりと補充ですね。


閑話休題



前回、水上表現に手を出す決意を述べましたが、早速余った板を使って実行に移りました!

水上表現を始めるにあたっての考察はこちら

 ↓
水上表現始めるにあたってあれこれ考察


用いるのはこちらの北上さん!

北上さん

え~、私で練習するの?
まあ、いいけどね


何て少々やる気にかける声が聞こえそうですが、適当に許してもらえそうです。


アオシマ製 艦これプラモデル 重雷装巡洋艦北上の建造日誌はこちら
 ↓
アオシマ 艦これプラモデルNo.32 「重雷装巡洋艦北上」建造日誌


尚、今回が私の海上ジオラマ、ファーストトライなので、BESTの方法でもなんでもないのですが、まずは試行錯誤の最初ということでよろしくお願いします。


<まずは台座というか土台>


板と北上さん

こちらの長さ30cm弱の板を使います。
厚さは5.5mm。いい感じの重量感。

こちらの板は表面を少しすべすべさせた「ラワンベニヤ板」で、ホームセンターで買ったものを切った端材です。

最初は先月作ったプリンちゃんを載せるつもりだったのですが、サイズ的にぎりぎりで海面表現にならないので、重雷装巡洋艦北上さまに起こし願うことにしました。


大きさ的には横幅が少々狭いもののまあ大丈夫そうです。
(端材なので文句は言えません)



<艦底をコピーして、位置を決めサフ掛けします>



艦底と位置決め


この板の上に木工パテを塗るつもりですので直接塗るとなんだか馴染みが悪そうなのでサフをスプレーします。

サフが乾いたら波の感じをイメージして鉛筆で書いたりして。


<木工パテ塗り>

木工パテ塗り

水の表現の土台にする為に木工パテを塗ります。
プラ板を切ったヘラでペタペタ。

ここで大まかな波の感じも出せます。
この辺りはセンスなんでしょうね。
木工パテは普通にセメダイン社の木工パテです。
色の薄いタイプの方がこれから塗る色塗りに干渉しないと思います。

ベースに使う部分は量を多めに使うので安い木工パテはいいですね。


水性ニスが塗れるとか書いているので、海底表現としての水底カラーやアクリル絵の具などをそのまま塗装できます。

私は外出し、乾くまで9時間ほど放置しました。

乾いたらとがり過ぎたとこをやすり掛けしました。

ちょっと荒々しいですかね。もう少し起伏は抑えた方が良かったかもです。


<海底色を塗ります>

色塗り

色は、KATO 水底カラーのネイビーブルーとダークグリーンを塗ります。





色は混ぜずに抑える様に塗るのが良いとのこと。
100円均一で買ったビニテで押さえる様にぺたぺた塗りました。

そのまま翌日まで放置。

<大波小波で波表現>

大波小波を塗っていく

これまたKATOの大波小波を使って波の表現を作っていきます。


他にもリキテックスのジェルメディウムや超ハードジェルメディウムを使って波の表現を作っていきます。

艦首から出てくる波は弁当の蓋を加熱しすぎて曲がったところを使っています。

塗って、24時間放置を3回くらい繰り返しました。

ここまでくれば、一回の作業は5~10分程度なので平日の仕事帰りでも、少々飲んで帰った時でもできる手軽さ。

ここでも船は取り外しができる様にマスキングテープで覆っています。

波の感じをどんな感じにするかは、写真を見たり、仕事で横浜に行ったので橋の上から船を眺めてイメージトレーニングをしたりしました。


<重雷装巡洋艦北上さん完成>

北上さん完成

最期は、水性アクリル絵の具の白を塗って波の表現を作っていきます。

イメージとしては4連装魚雷、5基20問の一斉発射シーンなのですが、手持ち完成魚雷が3本しかなかったので、この3本のみしか見えていません。

内1本はジェルメディウムに完全に埋もれて見えておりません。

大体、波ジオラマの完成に1週間程度かかりました。
後半は大波小波やジェルメディウムを用いてちょっと波を加えて乾燥の繰り返し。


北上さん艦首からアップ


この重雷装巡洋艦北上さんの実艦の方は実戦で魚雷を発射する機会に恵まれませんでしたが、実際にはどのように発射したんでしょうか?
当然、発射練習など相当したと思われます。

魚雷の発射は三角法で計算して、敵の未来位置を予想して発射します。

距離が遠くなるほど回避行動などの進路変更や速度の変化などを考慮して扇型に発射するのですが、一斉に20門を発射するよりは僅かずつ時間をずらしてシュポンシュポン発射するのかなというのは想像です。

それも艦首側から発射すると次の魚雷と衝突する可能性もあるので艦尾側から発射するのかなと推察してそんなイメージで作りました。(実際にどうやって魚雷を発射しているのか結局判明せず)

北上さん水上艦尾から


波の表現や海の大きなうねり具合とかまだまだ改善の余地はありそうですが、ファーストトライとしてはまずまずかなっと思っています。

ツイッターではいいね!200超えありがとうございました!

次に作るときはベースにスチレンボードを使って大きなうねりみたいな表現も加えたいと思っています。
波の表現も改善したい部分がありますし。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

人気ブログランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

tag : 艦船プラモデル 艦娘 艦これ アオシマ 艦これプラモデル 水上ジオラマ 重雷装巡洋艦北上

DATE: CATEGORY:水上表現あれこれ
水上ジオラマ 挑戦への道。


とんでもなく暑い日が続きますね。
そんな中、昨日は会社の歓送迎会で3次会?まで。
帰ったのは夜の2時くらいだったかな。

何時に寝ようと6時くらいに目が覚めてしまうのですが、粘って7時くらいまで横になってました。

今日はテニスなので寝不足はこたえるんですよね。
まあ、水分補給をしっかりとしなきゃですね。

皆様もお気をつけください。

ところで、今回はふと水上ジオラマを作ってみる気になりました。

水上表現

今までも興味があったのですが、避けて来たんですよね。

理由は
①建造時間が長引く
②スペースが取られて更に置き場所がなくなる
③船を固定したくない。

主にこんなところです。
では、上記の問題が解決したかと言うとそんなことはありません。

ではなぜやる気になったかと言うと、

私の所有しているアオシマさんの「艦これプラモデルシリーズ」でフルハルの彼女がいるからなのです。



グラーフ七夕g

ドイツ航空母艦 グラーフ・ツェッペリンです。

私は基本的に水上キットが好きです。

水上キットの方が生き生きとしている様に感じるからなのです。

その為、 フジミさんの艦NEXT 「戦艦大和」はフルハルをわざわざ底を作って水上キットにしたくらいです。

フジミ 艦NEXT 日本戦艦大和の艦底加工はこちら
 ↓

戦艦大和建造日誌はこちら

彼女は船体の左右を張り合わせるタイプでウォーターラインキットにするには少々強引にしなくてはなりませんし、失敗したら目も当てられません。

ならば!っと喫水線から下を埋めて水上キットにしようと考えた訳です。


しかし、いきなりだと失敗しそうです。

情報の収集も必要だし、練習も必要!


まずは手軽なネットサーチ

いくつかヒットしました。

会社帰りにヨドバシカメラ新宿西本店 ゲーム・ホビー館にも足を運びました。
よく行く東館にはないんですよね。


ちょうど3階に水上ジオラマのコーナーがあります。
冒頭の水表現はそこに展示しているものです。

先週あたりだとプロの方が来て、ジオラマの実演などもやっていた様ですが、人が多いのは嫌なのでパス。

でも参考になります。

雑誌からも情報収集。なんか絶妙なタイミングで「月刊アーマーモデリング2018年8月号」で水再現特集!




アーマーモデリング8月号

艦船模型を再開して一度も戦車、AFVは触っていないのですが他のジャンルで水上表現特集があるとは・・・・

当面AFVには手を出す予定はありませんが、ガルパン好きから講じて偶にチェックしているんですよね。

なんかこれ一冊で十分ことが足りそうです。



この様に情報を収集した結果、水上表現ジオラマには千差万別があることが分かりました。

台座:木製、プラ板、スタイロフォーム

下地処理:ジェッソ白色地塗りを塗って水漏れを防ぐ。ORなし

ベース:(大まかな起伏作り):木工用パテ、モデリングペースト

海底に色を付ける:海底カラー、アクリル塗料、ラッカー系塗料(ベースとの相性で変える)

水深のある水表現:透明レジン、ディープウォーター(KATO)

波を作る:グロスポリマーメディウム、ジェルメディウム、大波小波

仕上げ:ハードジェルメディウムなど

細かな水表現:タミヤ透明エポキシ樹脂、透明シリコーン、モデリングウォーター、等々

飛び散った波作り:グロスポリマーメディウム等

波に色を付ける:水性アクリル塗料など

これまた非常に多彩でバリエーションに富みます。

このままだと混乱しそうです。

まずは、練習をすることにしました。

次回はFirst トライの様子です。

人気ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓( ̄^ ̄)ゞ

艦船ランキング

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用


copyright © 2019 現むす 艦船プラモデル 現代に生まれ変わった軍艦達 all rights reserved.Powered by FC2ブログ